菅政権、途上国に3年間で「1万8000台のタブレット端末」を贈呈する方針!コロナ禍での子どもたちの勉強用などに!→ネット「まずは日本の子どもに配れよ!」「何のために税金払ってるんだよ」

Pocket

どんなにゅーす?

・世界中でコロナ危機に伴う「デジタル化」が進んでいる中、菅政権が、アフリカのルワンダに「子どもたちの勉強用」などとしてタブレット端末4000台を贈呈。さらに、今後途上国に対して3年間で1万8000台のタブレット端末を配布する方針であることが明らかになった。

・このニュースに対し、日本国民から怒りの声が噴出自国民を徹底的に疲弊・貧困化させつつ、海の向こうの途上国支援ばかりに腐心している菅政権に対し、批判が殺到している。

途上国にタブレット1万8000台 総務省が贈呈へ

総務省はコロナ禍で世界的にデジタル化が進むなか、アフリカのルワンダにタブレット端末4000台を贈呈しました。

総務省は途上国に対し、3年間で1万8000台のタブレット端末を配布する予定です。ルワンダへの贈呈式でルワキョム大使は、「コロナで外出制限が続くなか、デジタル化を進められるタイムリーな贈り物だ」と感謝の意を示しました。配布された4000台は小学生が家で勉強したり、将来の技術者育成などに役立てられるということです。これまでにパプアニューギニアにも4000台を贈呈していますが、来年4月からはミャンマーやネパールなどアジア諸国などに対しても配布していく予定です。

【テレ朝news 2020.11.27.】

貧困・疲弊が進む日本国民を尻目に、菅政権が(日本国民の税金で)どんどん海外の人々を支援!「俺たち何のために税金払ってんだよ」

自国民のことはとことんいじめまくってる一方で、諸外国の国民のことは(日本国民のお金で)どんどん支援…って、安倍政権に続いて菅政権も全く同じ「売国体質」みたいねっ!!
ていうか、日本の子どもたちのコロナ禍での授業体制もまったく整っていないっていうのに、一体何を考えてるのよっ!!

さすが、竹中氏やアトキンソン氏をブレーンに置いている、菅政権だけのことはあるね。
(本当であれば、小さい子どもについては、電磁波などの悪影響を避けるために、出来るだけタブレットやスマホなどは常用させない方がいいんだけど)とにかく、これだけ日本国民が深刻な疲弊や貧困に見舞われているにもかかわらず、国民の税金から「タブレット1万8000台」を購入し、多くの国々に気前よくプレゼントしている時点で論外だろう。

ネット上では「何のために税金払ってんだよ」との声があがっているけど、「自分たちがどんどん貧しくなるために税金を払っている」という現状なのだから、これほど最悪なことはない。
そもそも、日本において真に愛国的な政治家が誕生しないように、(明治維新→敗戦のプロセスを経て)グローバリストによって強固な「売国システム」が構築されてきたこと自体が「諸悪の根源」だといえるし、多くの国民が問題の根源や本質をよく理解した上で、この「売国システム」を取り払うための合理的な思考を持ち、行動を起こしていくことが必要なんじゃないかな。

ほんと、安倍前総理はもちろん、菅総理も竹中氏も「日本国民に強い恨みを持っている」としか思えないような政策ばかり推し進めているのが現状だし、「国民の健康や命を守る」当たり前の政治が実現されるように、私たち自身が引き続き大きな声を上げ続けていかないといけないんじゃないかしら?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事