■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

菅官房長官が”夜の街”に対して「風営法適用」で強行的な対応を示唆!菅「(感染の)根源を一つ一つ潰していきたい」→ホストクラブやキャバクラ、性風俗が近い未来に壊滅・消滅か!?

菅官房長官が”夜の街”に対して「風営法適用」で強行的な対応を示唆!菅「(感染の)根源を一つ一つ潰していきたい」→ホストクラブやキャバクラ、性風俗が近い未来に壊滅・消滅か!?
Pocket

どんなにゅーす?

・2020年7月19日、フジテレビの報道番組に菅官房長官が出演。ホストやキャバクラなどのいわゆる”夜の街”について、「(感染の)根源を一つ一つ潰していきたい」などと語り、風営法を適用させた警察の立ち入り調査などを含めた、より強行的な感染拡大防止策を行なっていく方針を示唆した。

・政府による警察をも動員させた強行的な対策防止策を進めていった場合、ホストやキャバクラ、性風俗などの業種は、営業そのものが成り立たなくなる恐れもあり、いずれ、これらの業種が社会から消滅する可能性も出てきている。

夜の街「風営法適用で感染の根源をつぶしたい」 菅長官

新型コロナウイルスの感染拡大防止策に関連し、菅義偉官房長官は19日のフジテレビの報道番組で、キャバクラやホストクラブについて「風営法(風俗営業法)で立ち入りができる。そういうことを思い切ってやっていく必要がある」と述べ、警察官による立ち入り調査に合わせて感染症対策を徹底するよう店側に促していく考えを示した。

菅氏は「『夜の街』と一緒くたに言われるが、まったく心配のない所もある」と説明する一方、キャバクラやホストクラブなどでクラスター(感染者集団)が発生していることに触れ、「警察官が足を踏み入れることも厳しくやりながら、(感染の)根源をひとつひとつ潰していきたい」と語った。

政府関係者によると、風営法に基づく警察官による営業実態の調査を強化。その際、感染症対策の徹底も呼びかけることを想定しているという。菅氏の発言は、風営法を根拠にした警察の立ち入りとコロナ対応を関連づけることで、業界を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

~省略~

【朝日新聞 2020.7.19.】

安倍政権による「夜の街叩き」がますます激化!安倍政権が強権対応をエスカレートさせれば、日本から風営法関連店舗が完全に消滅する可能性も!

菅官房長官がフジテレビの報道番組に出演し、ホストクラブやキャバクラなどのいわゆる”夜の街”に対して、警察も動員した強権的な対応を行なっていく方針を示唆しました。
みたところ、(私たちが心配していた通り)ますますおかしな方向に進んでいきそうな気配が出てきましたね。

ああ。俯瞰して見ていても、安倍政権は、新型コロナの感染をどんどん意図的に拡大させつつ、PCR検査を極力絞っていくことで、人々の不安や疑心暗鬼の感情をより一層増大させ、その上で、”夜の街”を「最大の悪」としてしきりに叩いては、最後はこれらのお店を社会から全て消滅させようとしているようにも見えるね。

世の中では、夜の娯楽や風俗などに対して、一方的に悪い感情を抱いては、これを社会から一掃することに賛同している人々もいるけど…これらの風俗業界というのは、社会的に貧しい人々の働き口の受け皿になっている面があり、また、現代社会において生身の人とのコミュニケーションが極端に減っている中で、ある程度の癒しや安らぎ、ストレス発散などをもたらしている部分もある。
ボク自身は、こうした昔ながらの繁華街や、人とのコミュニケーションを生み出すお店や娯楽が程よく存在し、人間の様々な欲求を満たすお店やエンターテインメントが共存している社会こそ、健全で平和な社会であると考えているし、安易にこれらを社会から滅ぼすのは、非常に危うい動きである上に、「大きな負の側面」を生み出すものと考える。

全体の流れをウォッチしていると、1%のグローバリストが推し進めている「スマートシティ(スーパーシティ)構想」に含まれている、AIによる人類支配や5Gを中心とした「ニューノーマル(デジタル監視奴隷社会)」構築の流れとも無関係ではないように見えるし、さらに言えば、人との出会いやコミュニケーションの機会を極限まで奪うことでもたらされる、(これまでグローバリストが提唱してきた)「徹底した人口削減」の動きとも密に関係しているように見えるね。

確かに、「自分自身が感染しているかどうかも分からない」(=深刻な症状が出ない限り、PCR検査を受けさせてもらえない)状態の中で人々の間に疑心暗鬼の感情が広がれば、いずれ、人々はおのずと知り合いや友達、恋人などとも会いたがらなくなるようになり、これがますますエスカレートしていくと、より急進的な人口減少に直結し、極限的にいえば「人類存続の危機」に直面します。
安倍政権は、意図的にこのような事態を引き起こそうとしているようにも見えてきますし、この”夜の街潰し”も、グローバリストが発案したキャンペーンを安倍政権が忠実に実行している疑いがありますね。

いずれにしても、国境を持たないグローバリストは、世界的なコロナ危機を通じて「新しい生活様式(ニューノーマル)」の構築をせっせと推し進めているのは間違いないことであり、安倍政権もこうした流れに忠実に従って、”夜の街潰し”を推し進めているように見える。
今の状況がエスカレートしていけば、そう遠くない未来に、風営法の管理下にある店(ホストクラブ・キャバクラ・性風俗店など)は壊滅的な被害を受け、その大多数が廃業・消滅しては、生きるための収入と働き口を失ってしまった大量の失業者が発生する事態が見えてきている。

新型コロナ(COVID-19)は、まさに、地球上の人類社会そのものをあっという間に劇的に一変させてしまうほどの威力を持つ、「歴史上最凶のウイルス兵器」であり、ボクたち自身がこの「兵器」に打ち勝ち、従来までの人間社会を守り抜いていくためには、相当の困難や多くの知恵が必要となるのは間違いないことだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事