【ゆるねと通信】「なぜPCRを増やせないのか?」モーニングショーで岡田晴恵教授が最大級の「意味深発言」、コロナ対策分科会・無症状の人のPCR検査費用を「公費検査の対象外」にするよう提言、れいわ・大西つねき氏の除籍を決定

Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2020年7月18日号)

玉川&羽鳥氏「どうして、誰がPCRに反対してるのか?」岡田晴恵教授「それは電波に乗せることが出来ない」羽鳥氏「安倍総理よりも発言力がある(上にいる)誰か?」




出典:Twitter(@easier_a)

モーニングショーのこのやり取りは、かつてないまでに「日本の闇」に迫ったものであるように感じられます。
これまでも、同番組では、PCR検査が全く拡大しない日本の不可解な実情を考察するやり取りが多くみられましたが、ついに「核心部分」に触れかかった(でもこれ以上触れることが出来ない)のではないでしょうか。

玉川氏や岡田教授も言っているように、安倍総理すらも「増やす」と明言し、自民党も(国民からの強い要求を受けて&世界のスタンダードに倣って)検査を増やそうとしているものの、どうしてもこれを増やせない「海よりも深い事情」があるということだね。
「誰が何のために反対しているのか?」について、岡田教授は「それは電波に乗せることはできない」と言っているけど、やはり、日本において、感染実態を完全に隠ぺいしては、大多数の日本国民を”コロナ地獄”に引きずり込もうとしている(安倍総理よりも上に存在している)”勢力”が存在しているということだね。

本当に恐ろしいことです…。
しかし、(玉川さんや岡田教授も言っているように)「そう」でないと説明がつかない部分があまりにも多すぎますし、これはまさに、これまで私たちが強く疑ってきたとおりのことです。

ああ。意図的に日本を混沌や混乱に陥れ、さらには、コロナ感染の”実験場”にしたうえで、既存の日本社会や民主主義制度を徹底的に破壊しようとしている(自民党も官僚も逆らえない)「安倍総理よりも上にいる勢力」が、PCR検査の拡充を徹底的に妨害しているということだろう。
こうした、”核心部分”に迫るような内容を放送したテレビ番組は本当に久しぶりだし、これからも「モーニングショー」が打ち切りになってしまわないように、国民が全力で応援していく必要がありそうだ。

 

コロナ対策分科会・無症状の人のPCR検査費用を「公費検査の対象外」にするよう提言!この期に及んで、ますます「PCR検査数の縮小」を進めようとする日本政府!

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事