日大アメフト部の宮川泰介選手が謝罪会見!「内田監督・井上コーチの強い指示があった」「被害選手に謝罪に行くのを監督に止められた」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年5月22日、日大アメフト部の悪質タックル問題について、反則タックルを行なった日大の宮川泰介選手が顔出しで記者会見を開き、被害を受けた関西学院の選手や関係者らに対して公に謝罪の気持ちを述べた。

・その上で、問題のプレーに至った経緯を詳しく説明内田監督や井上コーチから、試合に出場するのと引き換えに「相手のQBを1プレー目でケガをさせるよう」何度も強圧的な指示があったこと、被害選手と家族に対する謝罪を監督から強く止められていたことなども明かした上で、自身はこの先アメフトを続ける意思は無いことを語った。

アメフット
「相手のQBをつぶせ」前監督らが指示

アメリカンフットボールの日本大と関西学院大の定期戦(6日、東京・アミノバイタルフィールド)で、関学大のQBへに悪質な反則タックルでけがをさせた日大3年のディフェンスライン(DL)、宮川泰介選手(20)と代理人の弁護士が22日、東京都内の日本記者クラブで記者会見した。宮川選手は負傷した選手、両親、関学大アメフット部に対して「大きな被害と多大なるご迷惑をおかけしたことを謝罪したい」と深々と頭を下げた。

代理人は18日に宮川選手と両親が負傷した選手と両親に会って直接謝罪したことを明らかにした。代理人は「被害者や家族への謝罪の意味がある」と実名と顔の公表に至った経緯を明らかにした。

宮川選手は陳述書を読み上げながら、悪質なタックルをした理由について19日付で辞任した内田正人前監督らから試合3日前から「1プレー目で相手のQBをつぶせ」「つぶしたら(試合に)使ってやる」などと言われていたことを明らかにした。上級生からも「QBがけがをしていたら秋のシーズンは楽だろう」と言われ「つぶせ」の意味は「けがをさせること」と解釈したという。また、練習などでも定位置から外されていたため「やらなければ後はないと思った」と感じたという。

試合開始前にもコーチに対して「リード(ボールを追わないで)をしないで突っ込みますよ」と確認した。試合前に整列したときにコーチからは「できないでは済まされない」と念押しをされた。試合後に涙を流したが、監督からは「責任は俺が取る」と言われたことを明らかにした。

宮川選手は最後に「真実を明らかにするのが償いの一歩」と再び頭を下げた。監督とコーチの指示に従った理由を「判断できなかった自分の弱さ」と述べて、アメフットを続けて行く意思がないことも明らかにした。

【毎日新聞 2018.5.22.】


出典:YouTube

想像以上に深刻だった日大アメフト部の実態!内田監督と井上コーチが宮川選手を精神的に追い詰め、相手選手へのケガを何度も強く指示!

ついに、日大の宮川選手が表に出てきて謝罪会見を開いたのね。
弱冠20歳の若い選手なのに、ここまで顔と名前を出して自分の言葉で会見を開くなんて、よほど大きな覚悟と真実を伝えたい気持ちがあったということね。

メディアサイドもこの対応には驚いたみたいで、「本当に大丈夫なのか?」と確認したところ、宮川選手本人と両親からの強い意向でこのような形での会見を希望したとのこと。
まずは、こうした宮川選手本人のこの強い意向に意識を向けるべきだろう。

その上で、今回の会見によって、「内田監督や井上コーチから『やる気を感じない』などと厳しく叱責され、出場メンバーから外されかかっていた」こと、そして、「『試合に出たければ、相手のQBをケガをさせてこい』と、何度も念入りに強圧的に指示を出された」こと、さらには、宮川選手が被害選手に謝罪に行こうとしたところ、「監督から謝罪に行くのを止められた」という新情報も明らかになった。

彼が退場後に泣いているのを見て、「そういうところがお前は優しすぎる」と言われていたことも語られたし、個人的には、ケガを負わされた関西学院の選手は言うまでもなく、日大の宮川選手も、内田監督からの常軌を逸した激しいパワハラの「被害者」だったことが見えてきた。
つまり、関西学院の選手は、内田監督から大怪我をさせられたも同然で、弱冠20歳の弱い立場の選手を精神的に極限まで追い込みながらこのような”実行役”を強要した時点で、内田監督がやったことは最低最悪の犯罪行為と言わざるを得まい。

本当に、とんでもないことだわ…!!
さすが、田中理事長が山口組組長と交流がある大学だけあるわねっ!

しかも、内田監督はその理事長の腹心みたいな存在らしいからね。

いやしかし、個人的には、(いわば佐川氏柳瀬元秘書官のように)内田監督らにあらかじめ懐柔(買収)された上で、「全部ボク個人の判断でやったことです」というような会見になってしまうのではと心配していたところだったんだけど、本当によくここまで堂々と自分自身の意思で真相を語ってくれたね。

日大アメフト部による反社会的な価値観に染められずに、自分自身で大きく悩み苦しみ、人としてのプライドや矜持を優先させた上で、ここまで堂々と自らの意思を表に示したことは本当に凄いことだと思うし、まったく、弱冠20歳の宮川選手の爪の垢を佐川氏や柳瀬氏に煎じて飲ませたいくらいだよ。

本当に、今回の会見を見ても、安倍総理の部下たちの酷さがますます際立ってくるわねっ!
誰が見ても分かるような、(安倍政権を守るための)見え透いた嘘を平然と次々繰り返すばかりで、国民を必死に騙そうと画策しながら真相を隠蔽しようとするばかりだし、もう公人どころか、人として終わってるわっ!!

まだまだ社会的に経験の少ない若者ですら、ここまでしっかりとやっているんだから、安倍政権の連中も内田監督筆頭の大学の職員らもいい年をした大人たちがもっと真面目にしっかりしてくれないと困る

どちらにしても、本来ならば、大きな将来と未来ある学生たちを守り、教育し、支援していかなければならない日大側が、自校の学生のみならず他校の学生にすら心身共に多大な損害を負わせている責任は極めて重大だし、内田監督はじめ、今回の事件に加担した関係者全てのしかるべき処分が必要なのは言うまでもないね。

そして、私たちも今回の事件を国民みんなが真剣に考えて、今の政治にも代表されるような、組織の末端の人たちの自由や意思がとことん潰されては、ウソと隠蔽とごまかしばかりが蔓延する、「全体主義社会の危険性」についてもっと認識していく必要がありそうだわ。

Pocket

 

 関連記事