【完全にグル】森友疑獄の追及を受ける佐川理財局長(当時)に、首相秘書官が安倍総理からの”叱咤激励”メモを手渡し!「もっと強気でいけ。PM(※総理のこと)より」

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年当時の国会において、森友疑獄に関する野党からの追及に追われていた佐川氏理財局長(当時)に、安倍総理の秘書官が総理からの”叱咤激励メモ”を手渡していたことを週刊文春が報じた。

・メモには「もっと強気でいけ。PM(※総理を表す隠語)より」と書かれており、これが佐川氏の大胆な虚偽答弁に繋がり、佐川氏の評価が官邸内でうなぎ登りになっていったのだという。

「もっと強気で行け」安倍首相は佐川氏にメモを渡していた

今から約1年前、2017年早春の国会でのことだった。

学校法人「森友学園」への国有地売却を巡り、財務省の佐川宣寿理財局長(当時)は野党の質問攻めに忙殺されていた。委員会室で10数メートル先に座る首相の安倍晋三の秘書官の一人が佐川氏に歩み寄り、1枚のメモを手渡した。

「もっと強気で行け。PMより」

「PM」は「プライムミニスター(首相)」、即ち安倍首相を指す官僚たちの略語である。

「近畿財務局と森友学園の交渉記録はございません」(2017年2月24日)

「価格設定して向こうと交渉することはございません」(同2月27日)

当時、野党の攻め口を遮断するこんな強気の答弁を連発し、国有地売却の適法性を主張して追及に一歩も引かない佐川氏への首相官邸の評価はうなぎ上りだった。「PMメモ」の含意は佐川氏個人への激励にとどまらない。

【Yahoo!ニュース(文春オンライン) 2018.4.9.】

佐川氏の虚偽答弁を安倍総理が背後で強力に後押し!「もっと強気でいけ。PMより」

出典:simatyan2のブログ

「PMの指示」なるメモ書きが国会で答弁する官僚に手渡されているとの情報は、以前にも当サイトで紹介していましたが、この問題のメモ書きが、当時に野党からの追及に追われていた佐川氏にも手渡されていたことを週刊文春が報じています!

●当サイト過去記事:【お前ら佐川を見習えby安倍】官僚の答弁中に「PM(首相)の指示」なる”ダメ出しメモ”が差し入れられるように!→皆が震え上がって虚偽答弁に拍車!

これは、安倍官邸が佐川氏と事前に打ち合わせをしていた上で、佐川氏のの虚偽答弁を安倍総理が強力にバックアップしていたことを示しているのではないでしょうか。

「PMの指示」のメモ書きに関する第一報は、今年(18年)2月20日のNEWSポストセブン(週刊ポスト)が報じたけど、この時の記事は、「お前らも佐川を見習え」との意味合いで、官僚たちにメモが差し出されているという内容だった。

それが今回の文春によって、「PMの指示」は佐川氏本人にも出されていたことが分かったことで、いよいよ(安倍総理の「例の発言」の辻褄合わせのための)佐川氏の虚偽答弁を安倍官邸が主導していた実態が色濃く浮かび上がってきたといえるだろう。

さらには、文書改ざんや籠池氏への虚偽の内容による口裏合わせの要求などと同時期にあたる17年2月22日菅官房長官が佐川氏と太田氏を官邸に呼び出していたことも分かっていますし、今回の文春の記事によりますと、この出来事(官邸呼び出し)の直後に、佐川氏が疑惑の核心に関連する重大な虚偽答弁をしていたことが分かります。

「近畿財務局と森友学園の交渉記録はございません」(2017年2月24日)

「価格設定して向こうと交渉することはございません」(同2月27日)

【Yahoo!ニュース(文春オンライン) 2018.4.9.】

なるほど。この「官邸呼び出し」の際に、官邸側と佐川&太田両氏が様々な打ち合わせを行ない、少しでも佐川氏が弱気な答弁になりかけたり、怯んだ様子を見せると、「もっと強気で行け。PMより」のメモが差し出されるようになっていった…というわけだ。

かなり細かな「点」が「線」として繋がってきた感じがするし、本来なら冷静沈着で頭が切れるはずのエリート官僚の佐川氏が、あそこまで悪質かつ大胆な虚偽答弁に走った理由も分かってきたよ。

そして、総理からの度重なる”叱咤激励”を受けながら、汚れ役をまっとうした佐川氏に、国税庁長官という「最高のポスト」がプレゼントされたというわけですね…!

ここまであらゆる外堀が埋められていてもなお、「決定的な証拠がないから安倍総理は悪くない」という人間がいるとすれば、正常な判断力や常識が完全に吹っ飛んだ、オウムさながらの「安倍教カルト信者」というほかないだろう。

どこをどう見ても、森友事件に関する安倍総理の責任はあまりにも大きすぎるし、すでに総理大臣はもちろん、議員そのものも辞職する段階に達している

そして、公文書改ざんや架空のゴミによる8億値引きを主導していた決定的な証拠が出てくれば、逮捕および刑事罰を受ける可能性も考えられます。
どちらにしても、これでも総理を続けること自体、民主主義の大原則を完全に逸脱している異常事態というほかありません

週刊ポストに続き、文春が「PMの指示」を報じた事実はかなり大きいし、今でも総理の座に醜くしがみ続けている安倍氏に一日も早くに観念させるよう、「安倍はさっさとやめろ」の声を極限まで大きくしていく必要があるね。

おススメ記事&広告

 
Pocket