【殺人タックル】日大・内田正人監督が「相手のQBにケガをさせる」との指示があったと報道!→日大側が「それは有り得ない」と全面否定!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年5月6日に行なわれたアメフトの試合で、日大の選手が関西学院の選手に背後からタックルで大怪我を負わせた事件について、日大の内田正人監督が「最初のプレーで相手のQBにけがをさせる。何か言われたら『監督の指示』と言っていい」との具体的な指示があったと一部メディアが報道。ネット上でさらなる衝撃と批判が噴出している。

・ところが、これに対して日大の担当者は「それは有り得ない」とのコメントを発表。その上で、「試合の中で残念ながら偶発的に起こってしまったアクシデントだった」との認識を示し、現在も姿を見せない内田監督や日大側の対応に怒りの声が殺到している。

監督、試合前に「QBにけが」指示か? 日大アメフト部、廃部必至 “殺人タックル”で刑事事件化も

悪質過ぎるタックルが、アメリカンフットボール名門校の歴史を破壊した。今月6日に行われた関学大と日大の定期戦で、日大の選手が、パスを投げ終え、無防備な状態の関学大のクオーターバック(QB)に後ろから激しくタックルし、けがを負わせた問題が波紋を広げている。傷害事件として刑事事件化する可能性も浮上、識者は「永久追放や廃部も当然」と指弾した。

~省略~

危険なタックルをめぐっては、日大の内田正人監督が試合前のミーティングで「最初のプレーで相手のQBにけがをさせる。何か言われたら『監督の指示』と言っていい」と話していたと報じられた。内田監督は試合後、「選手も必死。あれくらいやらないと勝てない」とコメントしており、アメフト関係者からは、タックルを選手個人の暴走と捉えることに疑問の声も出ている。

「本番の秋の試合が控えているのに、なぜこんなにメリットのないプレーをしたのか。理解できない」と戸惑いを見せるのは、日大OBでアメフト部との関わりも深い男性。「関学大選手らへのタックルは、選手個人としても、監督の指示としてもあり得ない悪質なプレー」と指摘し、「相手の悪質なプレーで選手が負傷する可能性があるのだから、試合中止を求める大学が相次ぐのも当然だ」と話した。

【Yahoo!ニュース(夕刊フジ) 2018.5.16.】

悪質タックル問題 監督指示は「あり得ない」日大が全否定

日大の広報が16日、デイリースポーツの取材に応じた。問題のプレーが内田正人監督の指示によるものであったという一部報道もあるが、担当者は「それはあり得ない」と全面的に否定した。

~省略~

日大は、関学大からの抗議文に対し、15日に回答を提出した。文書の内容については明かさなかったが、日大側は内田監督をはじめ指導者、選手に聞き取り調査をしたという。その上で、指揮官が危険なプレーを指示したとされることについて、「指導者も選手も誰もそんなことは言っていない」と断言。あらためて故意によるプレーではないとし、「試合の中で残念ながら偶発的に起こってしまったアクシデントだと認識している」との認識を示した。

内田監督は問題が起きた試合以降、対外試合を含めて公の場に姿を現していないが、担当者は「(指揮を)自粛しているわけではなく、仕事などが忙しいので現場はコーチに任せている」と説明。また、反則を犯した守備選手は現在休養しており、練習場にも合宿所にも姿を見せていないというが、同選手が退部の意向を示していることについては「そんな事実はない。現在も部員です」と否定した。

【Yahoo!ニュース(デイリー) 2018.5.16.】

想像以上に闇が深い「日大殺人タックル事件」!「内田監督からの具体的指示があった」との報道の一方で、大学側は「選手が勝手にやったこと」の一点張り!

出典:ネタブログ

↓問題のタックルの瞬間。

出典:YouTube

日大アメフト部の「殺人タックル事件」ですが、内田正人監督が「最初のプレーで相手のQBにけがをさせる。何か言われたら『監督の指示』と言っていい」との具体的な指示が出ていたとの報道が出てきている一方で、これらの報道に対して、日大側がデイリースポーツの取材に対して「それ(監督の指示)は有り得ない」と全否定するコメントを発表し、ネット上が騒然としています。

日大側の主張によると、「試合の中で残念ながら偶発的に起こってしまったアクシデントだった」との主張で、あくまでプレーの流れでたまたま選手が引き起こしたアクシデントだったとの認識をしているようだ。

しかし、VTRを観るとよく分かるけど、試合がスタートした直後から、日大の選手がボールの位置と関係なく、一直線に”標的”の相手選手に向かって走っていっては、ボールから相当に離れた場所で、相手選手が完全に後ろを向いている背後から強烈なタックルを食らわせている様子が克明に映っており、これを「偶発的なアクシデント」とごり押ししている日大側の主張は、まるで加計疑獄で失笑ものの奇妙な主張を繰り返す柳瀬元秘書官安倍総理ともソックリの状況だ。

この映像を観る限り、考えられる可能性としてあげられるのは、「本当に監督が具体的な指示を出していた」か、あるいは「(日頃から関係が悪化していた)監督を追放するために選手が(捨て身で)自主的に仕掛けた」かの2通りしか考えられず、いずれにしても偶発的なプレーというのは有り得ないだろう。

ちなみに、一部の報道では、問題の選手は「試合に出場することと引き換えに、監督から”殺人タックル”を指示されていた」との情報も出ているほか、内田監督のスパルタ的なやり方に耐えられず、20人もの部員が大量に辞めているとの情報もあり、色々と闇がありそうな感じがするよ。

日大と言えば、日本オリンピック委員会(JOC)の副会長も務める田中英寿理事長と山口組組長との2ショット写真も話題に

これは、さらなる闇と言っていいかもしれませんが、以前(2015年)に海外メディアにて、日本オリンピック委員会(JOC)の副会長も務める田中英寿理事長と山口組6代目の司忍組長との2ショット写真が報じられたことがあり、日大は、以前より反社会勢力との繋がりが指摘されてきた大学でもあります。

日大理事長兼JOC副会長と山口組組長の写真が海外メディアで報じられ、下村文科相が調査を約束

東京五輪はヤクザ・オリンピックだ!!米マスコミが報道

『日本でいま最も危険で、最も代償の高くつく写真  2014/11/19米VICE誌』

米VICE誌など海外メディアでは『東京五輪関係者』と『暴力団組長』の親しげなツーショット写真が掲載され大問題となっている。ところが肝心の日本国内では怖がって誰も報じない。
左に座っているのが日本オリンピック委員会(JOC)副会長で日本相撲連盟副会長、日本最大の10万人の在校生を抱える日本大学の田中英寿理事長。右のノーネクタイのスーツ姿が日本最大というよりも断トツで『世界最大の暴力団』である山口組6代目の司忍(本名・篠田建市)組長である。
2012年2月23日、米財務省は、シノブ・ツカサことケンイチ・シノダを、国外犯罪組織とその支持者であるとして、国際緊急経済権限法・大統領令13581号に基づいて、米国司法権の及ぶ範囲の資産凍結と、米国民との取引を禁止させる制裁の対象にした。このニュースは当時全米を騒がせ、「シノブ・ツカサ」の名は「ジャパニーズ・ゴッドファーザー」として一気に知れ渡った。
日本のマスコミが報道を自粛するなか、とうの田中英寿理事長は隠すどころか逆に日本大学内の反対派を恫喝するアイテムとして山口組6代目との親しげなツーショット写真を積極的に利用していたと言うから驚くやら呆れるやら。
見かけも中身もヤクザそのものであり教育者とかスポーツマンの矜持どころか、品性下劣で知性も教養もない無茶苦茶な話である。

【逝きし世の面影 2015.11.13.】

内田監督は、日大の常務理事も務めていることが分かっているけど、下記の記事によると、件の田中英寿理事長は内田監督にとっての「親分」であると伝えているだけでなく、内田監督は日大の学内人事を担当しているとの情報が出てきている。

【緊急取材】日大アメフト部、雲隠れの内田正人監督の悪評~非常勤講師を大量雇い止め

内田監督とはどのような人物なのか。じつは内田氏がアメフト部の監督になった経緯について、ある噂が絶えないという。

「内田監督は2003年に監督に就任した後、いったん退任しているんです。16年にそれまで助監督を務めていた高橋宏明さんが後任の監督になりましたが、いつの間にか内田さんが復帰していた。高橋さんが、内田監督の『親分』である田中英壽・日大理事長の逆鱗に触れてクビを切られたという話が、まことしやかに伝わっています。高橋さんは大学事務局の職員だったのですが、そこも左遷されました」(日大関係者)

悪評は専門のアメフトだけにとどまらない。内田監督は日大の常務理事でもあり、学内人事を担当しているが、まさにその人事をめぐって日大が揺れているのだ。

「日本大学は、これまで数年に1人程度だった非常勤講師の雇い止めを今年3月、大量に行いました。悪質タックルをした学生も所属するスポーツ科学部でも、英語講師が15人切られています。しかし、人事の責任者であるにも関わらず、内田氏が交渉の場に現れたことはありません」

そう語るのは、非常勤講師の組合である日大ユニオンの関係者。大学全体での雇い止めの数は完全に把握できていないが、同じ時期に少なくとも数十人単位で雇い止めが行われたという。

【NETIB-NEWS 2018.5.16.】

こ、これは、かなり闇が深そうな予感がします…!
つまり、内田監督は、人事も掌握するほどに日大の学内で大きな権力を持っており、多くの職員も内田監督に忖度をせざるを得ない実情があるということでしょうか?

なんだか、いよいよ”どこかの政権”とソックリな話になってきたけど、日大の幹部にちらつく黒い勢力との関わりといい、今回の「殺人タックル事件」も、日大の組織の体質や文化が引き起こしたものなのかもしれないな。

相変わらず、「俺が責任を取るから」と言いながらも、今も内田監督は姿を消したままだし、どうも、全て末端の”実行役”の選手に罪を覆い被せる気満々(今回の永久追放寸前の選手は、いわば森友事件でいう籠池氏だろうか)みたいだけど、こうした日大の闇に満ちた組織体質は、現在数々の深刻な問題を引き起こしている安倍政権とも多くの共通点があるといえそうだ。

おススメ記事&広告

 
Pocket