【不気味】神奈川・三浦半島で謎の異臭が広範囲に蔓延!→警察・消防が調査するも一切原因不明!「人為説」と「自然現象説」が飛び交い「大地震の予兆」を疑う声も!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年6月4日、神奈川・三浦半島の広範囲で「ゴムが焼けたような臭い」や「化学薬品のような臭い」「にんにくのような臭い」などの様々な表現での異臭を訴える通報が相次ぎ、三浦氏や横須賀市などの20キロ以上の広範囲にわたって500件以上の通報が寄せられる騒動に発展した。

・半島の南端の海上から陸にかけて異臭が広がったものとみられており、警察が消防が詳しく調査したものの、原因は全く分からず。人為的なものによる説と自然現象による説など様々な推測が飛び交い、「大地震の予兆なのでは?」との声も上がっている。

三浦半島で謎の異臭 騒ぎは北上…通報500件以上

三浦半島東側の沿岸部を中心とする広い範囲で4日夜、異臭がするとの通報が500件以上も相次いだ。異臭騒ぎは時間とともに北上して約2時間続き、横須賀市消防局や各警察署が対応したが、原因不明のまま調査などを打ち切った。

同市消防局に最初に通報が入ったのは午後8時10分ごろ。三浦市内で「ゴムが焼けたようなにおいがする」との内容だった。その後、同10時ごろまでの間に、「化学薬品」「シンナー」など表現はさまざまだが、同局のほか三崎、浦賀、横須賀署に同様の通報が殺到。「においを吸って気持ち悪い」と通報した横須賀市岩戸に住む40代女性が救急搬送されたが無事だった。

各署への通報時刻や内容から、異臭は三浦市南下浦町金田から、沿岸部などを北上するように約20キロ離れた横須賀市北部の追浜地区まで確認されたとみられる。横須賀海上保安部によると当時は、北向きの風が吹いていたという。

~省略~

同市消防局などによると、過去の事例から原油タンカーなどが洋上でガス抜きを行って異臭の原因になる可能性もあるというが、同局は「今回は調査の結果、ガスは出ていない。横須賀海上保安部にも海上で異臭を感じた船舶からの情報はなく、ガス抜きではないと考えられる」としている。

【神奈川新聞 2020.6.5.】

原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

~省略~

いったい、この異臭騒ぎは、何だったのか。三浦半島の異臭を“迷宮入り”で終わらせてはいけない。巨大地震の前兆の可能性があるからだ。立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏(災害リスクマネジメント)が言う。

■「地殻変動でニオイ発生」は常識

「地震や地滑りなど地殻変動に伴うにおいは、地質学の関係者では常識です。微妙なにおいの変化は地殻の変化を察知するのに重要です。大きな地震は、本震の前に小さな揺れが頻発します。この揺れで岩石が崩壊し、焦げたようなにおいが発生します。1995年の阪神・淡路大震災でも1カ月前から断続的ににおいが確認されています。三浦半島は活断層が非常に多いエリア。活断層が動いたことから、岩石の崩壊が重なって、まとまった“異臭波”がつくられ、南からの風に乗って北上した可能性があります」

~省略~

「大地震前の揺れによる岩石の崩壊は、においとともに電磁波を発生します。もし、今回の異臭の発生エリアで、電磁波の値が高くなったり、電波時計が狂うなどの現象が起きていれば、異臭が地殻変動によるものである可能性が高くなります。電磁波の変化を検証すべきです」(高橋学氏)

~省略~

【日刊ゲンダイ 2020.6.7.】

神奈川・三浦半島で謎の「大規模異臭騒動」が発生!多くの説が浮上しているものの、原因は一向に特定できず!

出典:FNN

にゃにゃあ~!?
神奈川の三浦半島で、前代未聞の異臭騒動が発生したみたいにゃあ!
いくら調べても原因が全く分からなかったみたいにゃし、こりゃ一体どうなってるんだにゃあ?

おかしいなぁ…。
ここまで激しい異臭が広範囲にわたって広がったんだから、必ず何かの大きな原因が存在しているはずなんだけど、海上を本格的に調べても、何の異常も人為的なものも発見されなかったというからね。

こうなると、普通に考えれば、何かの自然現象によって異臭が発生したか、もう一つ考えられるのは、政府当局が国民に公表できない「何か」をやっていたことで異臭が発生した…といった「2通りの可能性」が考えられるかもしれないね。

にゃにゃっ!?
にゃこたち国民に公表できない「何か」って、一体何にゃ!?

よく分からないけど、例えば、自衛隊または米軍による何らかの「秘密の作戦or訓練or作業」、ないしは「何らかのトラブルや事故」が発生したという線もあるのではないかな。
その一方で、自然現象によるものだったことも大いに考えられる
ただ、日刊ゲンダイに出ているように、「地殻変動」による異臭の発生だとしたら、大地震が発生する予兆である可能性もあるし、いずれにしても、ここまでの不快感を伴う強い刺激臭が広範囲に渡って広がったのだから、よほど高濃度&大量の臭いが「どこか」で発生したことは間違いないし、ただごとではないのは確かだろう。

にゃぁ~…どっちにしても、「何かのおかしなことがどこかで起こった」のは確かみたいだにゃ。
この先、何も起こらないといいにゃあ~。

ただでさえ、コロナ危機で日本国民みんなが悲鳴を上げている状態だからね。
このタイミングで3.11級の大地震でも起こったら、文字通り日本は壊滅してしまうし、もし米軍やグローバル勢力がまたおかしなテロや人工災害などを準備しているのだとしたら、これもこれでエライ話だ。
恐らく、異臭の謎が解明されることは難しそうだけど、念のために、これをいい機会にして、災害時の備えや日頃からの心構えを今一度見直すのもいいかもしれないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。