【あちゃぁ】学術会議・梶田会長が菅総理と「学術会議の在り方について検討していく」ことで合意!任命拒否の理由について問い質さず!→ネットでは失望と怒りの声が噴出!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年10月16日、菅政権による日本学術会議に対する任命拒否問題などを受けて、菅総理と梶田会長が官邸で会談「学術会議の在り方について検討していく」ことで双方が合意したという。

菅総理に対して、任命を拒否した理由について問い質そうとせず、菅総理のされるがままに「学術会議の見直し路線」に合意をしてしまった梶田会長に対し、ネット上では失望や怒りの声が噴出している。

首相と学術会議会長 会談も任命めぐる明確なやり取りなし

~省略~

菅総理大臣は、16日午後、総理大臣官邸で、日本学術会議の梶田会長とおよそ15分間会談しました。

この中で、梶田会長は、推薦した会員の候補者が任命されない理由の説明と任命されなかった6人の速やかな任命を求める要望書を菅総理大臣に手渡しました。

そして、会談では、今後の学術会議の在り方などをめぐり意見が交わされました。

会談のあと、梶田会長は、記者団に対し「未来志向で、学術会議が今後、学術に基づいて社会や国にどう貢献していくかについて話した」と述べました。

そのうえで、「私からは、学術会議が作られたころに比べると、学術が社会に極めて近くなり、国の政策決定にも重要になってきていて、役割がはるかに重要になっているという話をした」と説明しました。

そして、「菅総理大臣も、理解をいただいたと思う。『しっかりやってください』という旨のことばがあった」と述べました。

一方、学術会議が推薦した会員候補6人が任命されなかったことについて、記者団が「菅総理大臣から具体的な説明はあったのか」と質問したのに対し、16日は要望書の回答は求めず、明確なやり取りはなかったと明らかにしました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.10.16.】

菅首相と15分会談は何のため? 日本学術会議会長の腰砕け

~省略~

菅首相に学術会議の総会で了承された任命拒否「撤回」を求める要望書を提出し、約15分の会談を終えた梶田会長。直後の記者団の囲み取材で、菅首相から拒否の理由や経緯の説明があったのかどうかを問われると、こう答えていたから驚いた。

「今日はその点について、特にご回答を求める趣旨ではないので、そこについて明確などうこうということはない。学術会議の決議文はお渡ししたが、未来志向で、学術に基づいて社会や国にどう貢献するかについてお話した」

いやいや、これでは一体何のために会談したのか。梶田会長は「日本学術会議は政府から独立して学問をベースに発信していく組織であることを譲るべきではない」と話していたはず。そうであれば、学術会議トップとして直接、菅首相に理由を問いただす絶好の機会だったのではないか。「ご回答を求める趣旨ではない」ではないだろう。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2020.10.16.】

学術会議梶田会長が早くも菅総理に篭絡!?同会議の解体や民営化がいよいよ”既定路線”に…?

出典:YouTube

菅総理と学術会議の梶田会長が会談を行ないましたが、その学術会議側のあまりの「腰砕け的な対応」にネット上では失望と怒りの声が噴出しています。
梶田会長自身が「学術会議の在り方について検討していく」ことを合意した意味は大きいですし、このままいけば、いよいよ学術会議の存在自体の本格的な見直しや、解体ないしは民営化が現実味を帯びてくるかもしれません。

うーむ。(ノーベル賞受賞者の)梶田会長はもとより、元々学者畑を歩んできた人たちは、交渉事とかもあまり得意ではなさそうだし、学術会議の内部においても、完全に「一枚岩」ではなく、メンバー間のそれぞれの立場によってある程度の温度差が存在している可能性もある。
それに、学者の人たちにとっても、やはり政府を味方につけた方が何かと得なことが多いだろうし、よほど、日本の学者たちが強靭かつ揺るぎない信念や倫理観を持ち合わせていない限り、この流れを止めることはちょっと難しいかもしれない。

つまり、学者から国民まで、全てが一致団結してこの動きに抵抗しない限り、「戦争が出来る国作り」を何としても実現させたいグローバル資本勢力の計略(シナリオ)を止めることは難しいということだ。

やはり、私たちが疑っていた通りの内情がどんどん浮かび上がってきているとともに、心配していた通りの事態に向かいつつありますね…。
このままでは、学術会議の形骸化・無力化から現行憲法の破壊、そして、これらの歯止めを失うことによる日本の軍国化や戦争に巻き込まれる事態にまで、一気呵成に推し進められてしまう危険が高まってきますし、私たちは今まで以上に懸命に抗議の声を上げ続けていくことで、この流れをどうにかして止めなければならないでしょう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事