【全力応援】石破氏が「総裁選当選なら、加計理事長を国会招致」の考え示す!古賀茂明氏と会談し「脱原発」の方向性も!?

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年8月16日に放送されたBS日テレ「深層NEWS」に石破茂元幹事長が出演自身が総理大臣になった際には、安倍政権が抱えてきた加計疑獄の解明に取り組み、国民が強く求めてきた「加計理事長の国会招致」に応じる考えを示した。

・さらに、石破氏は元経産官僚の古賀茂明氏と会談し、将来的に原発を減らしていく方向性で一致。「脱原発」を打ち出すことが出来れば小泉親子の支援を受けやすくなり、安倍総理にとっても脅威になる可能性を秘めているという。

総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

~省略~

「全く問題がないというなら、ふさわしい対応を取るべきだ」――。

16日に放送されたBS日テレ「深層NEWS」に出演した石破氏。〈石破茂総裁選への決意 劣勢はね返す一手とは “包囲網”をどう破る〉と題した番組で、石破氏が「一手」として挙げたのが加計問題への対応だった。

どうやら石破氏は、総裁選で加計問題を正面から取り上げるつもりらしい。世論調査では、今も森友問題や加計問題について「(安倍首相が)説明責任を果たしていない」との回答が約7割に上る。そこで石破氏は、自分が総理大臣になったら、野党が求める加計理事長の国会招致にも応じる、との考えを示したのだ。

「実は野党に限らず、逃げ回っている加計理事長に説明を求める自民党議員は少なくありません。皆、地元に帰ると、支持者から『加計理事長は説明すべきだ』と突き上げられていますからね。安倍さんの批判ではなく、国民が疑念を持つ問題の真相解明をしたい、ということであれば、党内の理解も得やすい。石破サイドは、地方票(党員・党友票)を集められると計算しているのでしょう」(自民党中堅国会議員)

もう一つは「脱原発」だ。石破氏は27日発売の「週刊プレイボーイ」(集英社)で、元経産官僚の古賀茂明氏と対談し、日本のエネルギー政策や将来の原発の方向性について意見が一致したという。古賀氏自身がツイッターで、対談したことを明かしている。石破氏は出馬会見で「安心・安全を最大限に確保しながら、原発の割合を減らしていくことが必要」と話していた。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2018.8.21.】

石破氏が総裁選当選の暁に「加計疑獄追及」を示唆!一方安倍総理は、石破氏との論戦を逃げ回るために、出馬宣言をダラダラ先延ばし!

出典:テレ朝news

自民党総裁選の出馬を表明している石破さんが、自身が総理大臣になった際には、安倍総理が抱える加計疑獄の解明を進める考えを示しました。
安倍総理は、加計理事長をはじめとした森友・加計疑獄をめぐるキーマンの国会招致を徹底的に拒絶してきましたが、石破さんは加計理事長を国会招致する考えを示しており、加計疑獄を総裁選の争点にする姿勢を見せています。

当時に地方創生相を務めていた石破氏は、かねてより加計学園の認可に否定的な考えを示してきたし、安倍総理が石破氏を人一倍嫌がっているのは、彼が以前より加計学園に対して疑惑の目を向けてきたこともあるのだろう。

石破氏が総理になれば、これまで安倍総理が徹底的に闇に葬り去ろうとしてきた加計疑獄が解明される可能性があるし、これだけでも石破氏が総理になることは国民にとっては大きなメリットがある。

おまけに、安倍政権内には加計学園の利害関係者が政と官、さらには司法関係者までにも大量に入り込んでおりこれも石破さんが当選すれば一掃される可能性が高いですよね。

これだけでも一気に政治の透明化が進むことになるし、安倍政権で作り上げられてしまった「お友達同士の税金山分けシステム」を終わらせることが出来るんじゃないかな。
安倍総理が失脚すれば、森友・加計はもちろん、安倍トモ山口敬之氏も絡んでいるスパコン事件や、警視庁トップによる山口氏レイプ揉み消し事件JR東海葛西名誉会長のリニア事件など、安倍トモ疑獄の多くにメスが入る可能性もある。

まずは安倍政権によってとことん破壊されてしまった民主主義国家のシステム(法の平等や三権分立、国会の破壊など)を再構築していくためにも、改めて石破氏を全力応援しつつ、安倍総理の暴走をなんとしても止める必要性を感じているよ。

徐々に世論調査においても石破さんの支持が上がってきていますが、さらにこの動きを大きくしていき、安倍総理の3選を全力で阻止することに全力を傾けるべきですね。

Pocket

 

 関連記事