【必見】山口敬之氏レイプ&揉み消し事件、希望・柚木道義議員が本格追及!「中村格氏呼んだのに何故来ない?」→凍り付く議場!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年12月1日に開かれた衆院法務委員会において、希望の党の柚木道義議員が、山口敬之氏による伊藤詩織さんへのレイプ&逮捕揉み消し事件を追及した。

・同事件については、社民党の福島瑞穂議員も安倍総理に質問したものの、本格的に追及したのは今回が初。ネット上では権力からの脅しを恐れずに追及に踏み切った柚木議員への応援の声が殺到している。

スポンサーリンク

まもなく午前4時。
ようやく国会質問準備メドをつけ、帰宅し、
これから少し仮眠とって、明日、法務委員会にて、
通算183回目の国会質問に立ちます‼️
テーマは、伊藤詩織さんを被害者とする
準強姦罪疑惑への警察や検察の捜査や、
検察審査会の公正性について。
性犯罪厳罰化法案が成立しても、
警察や検察の捜査や処分が公正でない場合には、
意味がありません。
ブラックボックスである検察審査会法改正
の必要性も提案します!
2017/12/1法務委員会質疑要旨
衆議院議員 柚木道義

【facebook 2017.12.1.】

↓柚木議員が具体的な追及を始めた途端に議場の空気が一変。委員長がうろたえ、周りが凍り付く。(1分30秒くらい~)

↓後半。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

元民進の柚木議員が覚悟の追及!中村格氏はまたも逃亡し、与党側はうろたえて議論を停止、テレビは全員見て見ぬふり!

出典:YouTube

元民進の希望・柚木道義議員がついに、本格的に詩織さん事件の追及の火蓋を切ったわ。
上の動画を見ても分かるけど、柚木さんが本題に入った途端に議場の空気がみるみる変わって、委員長たちがうろたえながらヒソヒソ話を続けている様子を見ても、いかにこの件が今の日本の「タブー中のタブー」なのかがよく分かるわね。

いやあ、柚木議員はよくぞここまで堂々とした追及を行なうことが出来たね
改めて、希望の党にも良い議員さんがいることを感じたし、この柚木議員の頑張りは、他の超党派の追及チームの議員にとっても大きな原動力になることだろう。

それにしても、ここまで場の空気が凍る国会というのも本当に久しぶりだ。
この件はそれだけ深い闇が存在していることを再確認したし、ここまで見せ場のあった追及にもかかわらず、ほとんど全てのマスメディアが徹底的に見て見ぬふりのスルーをしているのも、何とも生々しい

改めて、日本のマスメディアには安倍政権をはじめとした清和会(つまりはネオコン軍産)の力が隅々にまで及んでいるのを感じずにはいられないし、さすが「報道の自由度」先進国最下位レベルの徹底した情報統制が敷かれた国だ

本当に、安倍政権になってからの日本のマスメディアは特に異様になってしまったわね。
そもそも、「中村格」「山口敬之」っていう固有名詞もほとんど放送禁止になっているみたいだし、よほどこのお二方はあらゆる法を超えた強大なパワーに守られているのね

是非とも、この柚木氏の頑張りを無駄にしないよう、超党派で引き続きこの件を盛り上げていかなければならない
それこそが、第二第三の詩織さんを生み出さないための唯一の道だし、この国が世界に恥ずべき最凶のレイプ大国になってしまわないためにも、追及を続けていこうとしている議員さんを全力で応援することが大事だね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket