”残業代ゼロ”強行採決時にはしゃいでいた自民・堀内のり子議員に非難殺到!悔し涙を浮かべる過労死遺族が傍聴する前で、ピョンピョン飛び跳ね起立を促す!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年5月25日、”残業代ゼロ””定額働かせ放題”などの問題点を指摘される「働き方改革法案」を自公維が強行採決した中、野党が激しく抵抗し続ける中で、議員に起立を促すパフォーマンスに勤しんだ自民・堀内のり子議員に非難が殺到している。

・傍聴席では、過労死遺族が家族の遺影を抱えて悔し涙を浮かべる中、強行採決を煽るパフォーマンスに興じ、終始はしゃぐ様子を見せていた堀内議員に対し、「許せない」「人間とは思えない」「絶対に落選させるべき」などの怒りの声が相次いでいる。

過労死遺族が遺影を手に悔し涙を浮かべる中、嬉々として彼らを足蹴に”国民殺し”を喜び合う自民党議員たち!富士急社長の妻・堀内詔子議員は強行採決を受けて加藤厚労相と固く握手!

出典:Twitter(@jam9801),Twitter(@jam9801)

出典:Twitter(@CybershotTad)

私もテレビで観た時に、強行採決時に妙に目立ちながらおかしなパフォーマンスをしている議員がいると思ったけど、自民党の堀内詔子(のりこ)っていう議員だったのね!
過労死遺族が遺影を手に議会を傍聴していた中で、その切なる思いを足蹴にした上で、遺族の感情を逆なでするような醜いパフォーマンスを見せつけちゃって、この議員はどこまで精神が歪みきっているのよっっ!!

経歴を見ても、富士急行の現社長・堀内光一郎氏の妻であり、義理の父は故・堀内光雄元通産相(元富士急会長)という、絵に描いたような上級国民で、「アベノミクスを評価・消費増税賛成」など、グローバル財界と深い関わりがある議員とみるのが良さそうだ。
オフィシャルサイトに青山繁晴氏の講演会の宣伝を載せるなど、安倍一派ともかなりの仲良しみたいだし、まったく、このパフォーマンスは何度見ても醜いことこの上ない

ちなみに、堀内議員以外にも小泉進次郎議員らも嬉々として起立しているし、自民党議員の悪魔のような本性(グローバル資本の手先)をみんな剥き出しにしているよ。

とにかく、過労死遺族の無念さを逆撫でするような醜いパフォーマンスを見せつけた堀内議員はもちろん、この法案に全力賛成、起立した議員全員を絶対に落選させないといけないわっ!!

明治維新以降、グローバリストに遠隔的に支配されてきた日本に君臨している富裕層や権力者は、その多くがグローバル資本と繋がり、国際資本家に利益誘導する「グローバリズム」を通じて一般国民の富をことごとく吸い上げてきた勢力だ。
もちろん、現在の日本の政界もグローバリストの強い支配下に置かれており、そもそも自民党というのは、グローバリストのために働く目的で戦後CIAによって作られた政党だ。

国民が自ら”国民の敵”ともいえるような「富裕層(グローバリスト)議員」に投票する限り、国民は真綿で首を絞められ続けては、いつかは命をも奪い取られるまでに疲弊していくし、ボクたちはこの「グローバリストに操られている売国議員たちが”国民殺し法案”を推進し、私腹を肥やす姿にはしゃいでいる映像」をしっかりと脳裏に焼き付け、絶対にこれらの議員を当選させないように力を尽くしていく必要があるだろう。

Pocket

 

 関連記事