【おいおい】サッカー日本代表ハリルホジッチ監督が電撃解任!W杯まで僅か2ヶ月の”大混乱”に、協会への批判の声が殺到!後任は西野朗氏!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月9日、サッカー日本代表の監督を務めてきたヴァヒド・ハリルホジッチ監督が電撃解任された。

ワールドカップまで僅か2ヶ月のタイミングでの解任劇に、各メディアもセンセーショナルに報じており、ネット上でもサッカー協会に対する疑問や怒りの声が相次いでいる。

ハリルホジッチ監督解任 大胆戦術にあつれきも
W杯まで2カ月、時機逸した感も

サッカー日本代表のハリルホジッチ監督が解任されることが9日、決まった。指揮官としての決断力が高く評価されながらも、歯に衣(きぬ)着せぬ直言や衝突も辞さぬ姿勢から、チーム運営の手腕については不安視する見方がくすぶっていた。ワールドカップ(W杯)ロシア大会本番までわずか2カ月。決断が時機を逸した感は否めない。

就任してから38試合で21勝9分け8敗。W杯アジア最終予選では2016年9月の初戦に黒星を喫してつまずいたが、最終的には出場権獲得とB組1位を確定させた。

スタイルを固定せず、対戦相手に応じて戦術やメンバー構成を鮮やかに変えた。選手起用も実績や知名度にこだわらず、必要と直感した選手を抜てきすることをためらわなかった。軸や中心選手を据えるよりは多くの選手を試し、絶えず競争を促してきた。そのスタイルは「カメレオン的」とも評され、成功を収めたのがW杯ロシア大会出場を決めた昨年8月のオーストラリア戦だった。

一方で、リスクを恐れぬ戦術選択が裏目に出た試合も少なくない。欧州基準のスピード、1対1の局面での強さを選手に要求し、厳格な体調管理を説いた。「日本は幻想を見ず現実(のレベル)を直視すべきだ」「日本の選手はおとなしい」と直言をいとわなかった。

【日経新聞 2018.4.9.】

ハリルホジッチ監督の後任に西野氏有力

ハリルホジッチ監督の解任に伴うサッカー日本代表の次期監督に、元J1G大阪などの監督を務め、現日本協会技術委員長の西野朗氏の就任が有力なことが9日、関係者への取材で分かった。

【徳島新聞 2018.4.9.】

至上命題だった「W杯出場」をもたらしてくれたものの、最後の「大本番」を迎える直前の”土壇場”でチームを去ることに…

出典:Wikipedia

はあああっ!?
すでにワールドカップの本番がすぐそこまで来てるってのに、こんな時にハリルホジッチさんをクビだなんて…これは一体どうなっているのよぉ!!

すでにW杯出場をしっかりと決めているし、今まで総合しても、とりたてて悪い成績というわけではなかったものの、直近2試合の親善試合の振るわなかった「結果」を重視したと協会側が発表している状況だ。
あるいは、表に出ていない部分で、選手または協会側と、修復不能なまでの信頼関係の破綻やいざこざがあった可能性も否定できないね。

しかし、どちらにしても、解任するならもっと早いタイミングで行なうべきだったと思うし、後任の西野氏がどこまでやって(リカバーして)くれるのかも全く未知数だ。
その一方、実際に過去のW杯で実績を残しているハリルホジッチの指揮ぶりも見てみたかったし、あくまで「本番(W杯など主要大会)での結果が全て」という世界の中で、ハリルホジッチの真の実力や評価も闇に葬られることとなってしまった

色々とモヤモヤが付きまとってしまう解任劇だけど、西野氏の新しい体制で日本代表が本番でどのような試合を見せるかは、「伸るか反るか」でまったく予測がつかない状況だね。

私たちにとっては、まるで訳がわかんない状況だけど…せっかくここまで来れたんだから、日本代表の選手は悔いの残らないようなベストの試合を見せて欲しいところだわ…。

おススメ記事&広告

 
Pocket