ゴーン氏、日本の司法について「北朝鮮や中国、旧ソ連並み」と痛烈非難!過去には、籠池氏への異常な「長期勾留」や小沢氏への「でっち上げ裁判」など、民主主義とは程遠い”インチキ”の数々!

Pocket

どんなにゅーす?

・東京地検特捜部に逮捕・起訴された後、「事実上の亡命」でレバノン国内に逃れたカルロス・ゴーン元日産会長が、日本の司法制度について「北朝鮮や中国、旧ソ連並みだ」と痛烈に非難した。

・ゴーン氏の逮捕・起訴についても、「明確に罪に問える要素があまりにも貧弱」との指摘が識者からあった上に、過去を振り返ると、森友事件における籠池夫妻に対する10か月にも及んだ異常な長期勾留、民主党政権時に総理大臣の座を目前にまで手繰り寄せていた小沢氏に対する、捏造された捜査報告による裁判など、先進国の法治国家とはかけ離れた、極めて恣意的で歪んだ捜査が繰り返されてきたのは事実であり、改めて、日本国内の腐敗した権力構造に世界から注目が集まっている。

ゴーン被告、日本の司法制度は「北朝鮮並み」

【AFP=時事】(写真追加)日産自動車(Nissan Motor)前会長で保釈中に日本からレバノンに逃亡したカルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)被告は、9日に放映されたフランスの国際ニュース専門テレビ局「フランス24(France 24)」のインタビューで、日本の司法制度を北朝鮮の司法制度になぞらえた。

ゴーン被告は、日本は容疑者や被告人の身柄を拘束しようとするとした上で、まるで「北朝鮮や中国、旧ソ連時代のロシア」にいるようだったと語った。

「同等か?」と尋ねられると、ゴーン被告は「全くその通り。正義を否定する点で同等だ」と述べた。

【livedoorNEWS(AFPBB News) 2020.1.10.】

マスコミとネット上では、日本の腐敗しきった司法システムを徹底的に隠すべく、「ゴーン叩き」がますます加速!

出典:YouTube

↓日本の特捜による、民主主義国家からかけ離れた、過去の悪徳捏造捜査や激しい人権蹂躙の数々。

検事が捜査報告書“捏造”?小沢元代表「無罪&復活」へ【PRESIDENT Online 2012.1.1.】

村木厚労省元局長を「犯罪者」に仕立て上げた前特捜部長を直撃 164日拘束も、判決は完全無罪

籠池被告は10カ月 勾留期間に制限ってないの?

レバノン政府に匿われながら、言論活動を開始したゴーンさんが、自身が逮捕&長期勾留された末に起訴された日本国内の司法システムについて「北朝鮮や中国、旧ソ連並み」って痛烈非難したわ。
日本国内のネット社会では、早速、こうしたゴーンさんに対する非難や誹謗中傷で溢れ返っているけど、残念ながら、ご覧のように、日本の司法システム(特に特捜による捜査)は、民主主義国家からかけ離れた、捏造・インチキ・激しい人権蹂躙の数々が繰り返されてきたのは事実だわ。

まあ、単純に他の国と比較が出来るものではないけど、過去の数々の事例を見ても、日本の司法システムがすさまじい腐敗に覆われているのは確かだね。
ていうか、日本の司法制度の実情を客観的に顧みることもせず、自己反省も何もなくただゴーンを感情的に叩きまくっているコメントで溢れ返っている事実こそ、この日本が、すでに知性の欠片もない「三流非民主国家」に成り下がってしまっていることの何よりの証なんだけどね…。

それにしても、大手マスコミの報道を見ても、つい少し前までは、散々ゴーン氏のことを「日産の救世主」「スゴ腕経営者」「時代の寵児」とばかりに揃って持ち上げまくっていたくせに、ひとたび安倍一派(経産省勢力)らと利害関係が対立し、重箱つつき同然の”国策捜査”でゴーン氏をつるし上げた途端に、裁判も行なわれていない(逮捕・起訴が妥当なものかも全く分かっていない)状況にもかかわらず、「日本を逃げ出した時点でクロに決まっている」との決めつけのもとに総叩きしているんだから、この大手マスコミの一貫性のなさと低レベルさには呆れて物も言えない。

ボク自身は、ゴーン氏のことは、「日産の再建役」としてやってきた当初から、「生粋のグローバリスト」としていい印象を持ってみてきたことは一度もないんだけど、それでも、この日本のマスコミによる、安倍官邸にひたすら追従するだけの「インチキ報道姿勢」には、開いた口が塞がらないよ。

しかも、つい先日の森まさこ法相による「ゴーン氏は無罪を証明すべき」なんていう、「推定無罪」の大原則すら全く理解していなかった発言が飛び出したことも、ゴーンさんが日本を亡命せざるを得なかった事情をよりはっきりと証明してしまったし、これら何もかもが、ひたすら衰退・堕落し続けている「おバカ国家」の悲惨な実情を映し出してしまっているってことね。

知性を理性を持っている人や組織というのは、常に自らを省み、客観的な視点の下で自己批判を行ない、過去の失敗や問題点を総括することで、自らを成長・発展させることが出来るけど、知性や理性が欠けた(平たく言えば「おバカな」)人や組織は、他者から何を何と言われようと、一切の自己反省も総括もせず、ただ、他者に罪や責任をなすり付けては、自らをどんどん堕落・劣化させていくことだけに終始してしまう。
今のマスコミ報道やネット上の論調というのは、まさに「後者」の方だし、少しは、過去の日本の司法の重大な欠陥や問題点などに着目し、自分たちの国家や社会がどれだけ腐敗してはどんどん劣化し続けているのか、客観的に分析していかないといけないんじゃないかな?

今回の、日産・安倍官邸(そしてトランプ一派)による「ゴーン潰し」の謀略劇を機に、私たち日本国民自身が、日本の特捜の実態に気がつかないといけないし、世界からここまで「日本国内における人権侵害の横行」に対する批判が集まっている中で、もっと謙虚にこの事実を受け止めたうえで、この腐敗した現状を改めていくための思考と行動力を持つべき段階にきているんじゃないかしら。

Pocket

 

 関連記事