森まさこ法相、ゴーン氏に対して「無罪を証明すべき」と民主主義否定の強権ツイート!→批判殺到後「”主張”と言うべきところを”証明”を言い間違えた」と大ウソ釈明!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年1月9日、特捜による逮捕・起訴後、日本を事実上亡命した元日産会長カルロス・ゴーン氏がレバノン国内で記者会見を行なったことに対して、森まさこ法相が「潔白というのならば、司法の場で正々堂々と無罪を証明すべき」と、近代の民主主義国家の大原則である「推定無罪」を完全無視した強権ツイートを展開。批判殺到後、こっそりと「堂々と無罪を”主張”すべき」と修正していたことが発覚した。

・この対応について多くの非難が集まっていた中で、森まさこ氏は「無罪の『主張』と言うところを『証明』と言い違えてしまいました」と釈明日本の法相が法治国家の大原則を全く知らなかった可能性が高まっており、日本の深刻な「反知性化」がさらに浮き彫りとなっている。

森まさこ法相、「無罪証明すべき」発言訂正「主張と証明を言い間違えた」

~省略~

森法相は1月9日未明、記者会見を開いて、カルロス・ゴーン被告人について「潔白というのならば、司法の場で正々堂々と無罪を証明すべき」と述べた。日本の刑事裁判では、検察官が有罪であることを証明しなければいけないことから、この発言に対して「ありえない」と批判があがっていた。

森法相は1月9日夕、自身のツイッター上で「無罪の『主張』と言うところを『証明』と言い違えてしまいました。謹んで訂正致します」と投稿した。

「記者の皆様に配布したコメント文面には”わが国の法廷において『主張』すればよい”と記載してましたが私が言い違えてしまいました。無罪推定の原則は当然重要な原則であり日本の司法もこの原則を遵守しております」とつづっている。

【弁護士ドットコム 2020.1.9.】

↓ツイッターだけでなく、実際に「無罪を証明すべき」と口頭で発言。

ゴーン氏が日本を脱出した理由に世界中の人々が納得!?森まさこ法相が、早速、法治国家の原則を根底から否定する「ゴーン叩き」を炸裂!

出典:Twitter(@morimasakosangi)

出典:Twitter(@SakawaH)

「事実上の亡命」をしたゴーンさんの記者会見を受けて、森まさこ法相が、彼を強く非難した上で「司法の場で正々堂々を(原文ママ)無罪を証明すべき」とツイート
その後に、批判が殺到したことを受けてこっそりと「無罪を主張すべき」と修正した後に、「無罪の『主張』と言うところを『証明』と言い違えてしまいました。謹んで訂正致します」などとツイート

まさしく、日本が民主主義国家のシステムが全く機能していないことを自ら示してしまったうえに、ゴーンさんが亡命せざるを得なかった内情をより強力に証明するような事態になってしまっているわ。

日本の法制度を司っている大臣が、「推定無罪の原則」すら全く理解していない実情が浮き彫りになってしまったし、まさしく、この日本が完全なる「おバカ国家」になってしまっている実態がまたまた露呈してしまったね。

森まさこ本人は「『主張』というべきところを『証明』と言い間違えてしまった」なんて釈明しているけど、Twitterのみならず、(上の動画を観ても分かるように)実際に口頭でもしっかりと「無罪を証明すべき」と言っているし、以前より森まさこ氏自身が「被告人は自らで無罪を証明すべきもの」といった考えを持ってきた中で、これを隠すためにその場しのぎのウソでごまかそうとしているのは歴然だろう。

つまりは、日本の司法システムは、事実関係は完全に後回しで、特権階級にとって不都合な人間をあの手この手の言いがかりをつけて潰す慣習が常態化しており、まさしく、ゴーン氏が主張しているように、ひとたび時の権力層に目をつけられてしまうと、推定無罪の原則をも無視された上で、四方八方塞がれながらすさまじい人権侵害の取り調べや不当な裁判が横行している現状があるってことだ。

ほんと、ゴーンさんがここまで厳しく指摘しているっていうのに、早速それを”証明”してしまうような発言を法務大臣がしてしまうのだから、改めてこの国は終わってるわね。
なんていうか、どうしようもないほどのおバカっぷりだわ。

その後の森法相の言い訳もあまりにも稚拙で見苦しいし、ゴーン氏から完全に排除されたマスコミは、相変わらずどうしようもないほどの低レベルなゴーン非難に終始している有様だ。
もう少し日本の人々も、ゴーンばかりを非難する前に、まずは自分たちの国の深刻な堕落ぶりと、すでに世界の先進国からすっかり転落してしまっている”惨状”について、自覚症状を持った方がいいのではと思うよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事