日本にも「変種新型コロナ」が上陸!?英国から帰国の男性に陽性反応!菅政権の「怠慢対応」によって日本国民にさらなる”コロナパニック”の危機が…!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年12月24日、東京都が、英国から帰国した男性から新型コロナの陽性反応が出たことを発表。英国などの欧州を中心に猛威を振るっている(感染力が桁違いに強い)変種の新型コロナかどうか、分析・調査を行なっているという。

・また、菅総理は、TBSの番組の中で、英国から入国した人は「一日1人か2人」と語っていたものの、実際には1日150人に上っていたことが判明。菅政権のあまりにもずさんなコロナ対応により、日本国内にもすでに感染力が大幅に強い「変種の新型コロナ」が上陸している可能性が出てきている。

新型コロナ感染者に英から帰国の男性 変異種か確認急ぐ―東京都

東京都は24日、新たに判明した新型コロナウイルス感染者の中に、英国から帰国した30代男性が含まれていたと発表した。感染力が強いとされる変異種かどうか、国と協力して調査を急ぐ。

都によると、男性は16日帰国。21日にせきや頭痛の症状が出て医療機関を受診し、PCR検査で陽性が判明した。重症ではないが入院している。到着した空港やその後の移動経路は、現時点では不明という。

【時事通信 2020.12.25.】

英から入国、1日150人 菅首相「1人か2人」と発言

新型コロナウイルスの変異種が発見されたことを受け、政府は23日、英国からの入国制限強化を発表した。24日から実施する。菅義偉首相は英国からの1日の入国者について「1人か2人」と受け取れる発言をして安全性を強調していたが、実際は約150人にのぼることも判明した。

~省略~

英国が変異種について発表したのは19日。欧州各国は飛行機の乗り入れ禁止などに乗り出し、日本政府も21日に対策強化の検討に入った。そんななか、首相は同日夜のTBSの番組で「特別の方に限りですよね、日本に入って来られるのは。日本人の方でイギリスに住んでいらっしゃる方とか。1日1人か2人だそうです」と発言した。

【朝日新聞 2020.12.23.】

(予想通り)あまりにずさん過ぎる防疫体制(菅総理もやる気ゼロ)の中、英国で猛威の「変種新型コロナ」が日本に流入!?

出典:国立感染症研究所

早速、英国などで猛威を振るっている「変種の新型コロナ」が日本にも上陸した可能性が出てきています。
そもそも、菅総理本人が、ここまで日本政府による防疫体制の実情について、全く分かっていない(おまけに適当なことを言って「やってるフリアピールをしている」)以上、いずれは日本にも(感染力が桁違いに強い)変種コロナが蔓延するのも時間の問題ではないでしょうか。

なんせ、「コロナ危機」はこれからが本番だというのに、少しだけ(一時的に)勢いが弱まっただけで、すぐに入国制限を大幅に緩和させて、海外からの渡航者をどんどん受け入れているのだから、結局のところは「菅政権も(安倍政権同様)グローバリストの意向通りに、わざと日本にどんどんウイルスを輸入している」という結論に至るしかない。

その”最終的な目的”は、何度も言ってきたように、「全ての日本国民に(グローバリストが大量生産しようとしている)コロナワクチンを接種させる」ことであり、さらには、日々次から次へと「新しいコロナウイルス」が生み出されていくことで、一生これらのワクチン接種から抜け出せない「最強の奴隷システム」を構築しようとしているってことだ。

そもそも、もし、ボク自身が、悪辣なグローバル支配層側の人間で、効率的に「人口削減政策」を行なったり、既存の国家や資本主義を破壊した先に待っている「民間資本によるデジタル奴隷社会」を作ろうとしていた場合、地球規模で多くの人々が日々激しく往来している現代社会の中で、実に簡単に人口を削減できるうえに、限りなく証拠を残すことがない「ウイルス(兵器)」ほど、「理想的かつ最高の手段」はないと考えるだろう。
さらには、ここに「ワクチン接種」を”セット”で行なっていけば、一切の武力を投じることなく、世界中の民衆を思い通りに統制・管理することが可能になる。

実際、コロナ危機が発生した当初から、「こうした展開」を予感していたし、やはり、安倍政権も菅政権も、わざと日本国内にコロナウイルスをどんどん蔓延させ、”彼ら”による「デジタル奴隷管理計画」に全面的に協力している様子だ。

世界のワクチン利権を一手に握っているビル・ゲイツ氏も、これらの疑いについて「全く馬鹿げたおとぎ話」などと否定しながらも、「まもなく次のパンデミックが人類を襲う」などと”予言”しては、「ワクチン接種によって、トンネルからの出口が見えてくる」と懸命に説いている始末ですし、マスコミや既存の支配層による洗脳にかかっていない人々であれば、これらのグローバリストによる「壮大なヤラセ」「地球規模のテロ」の実態に気がつくことでしょう。

日本政府も、「なんちゃってコロナ対策」を繰り返して国民を騙しながら、極限まで日本国民の健康や生命を危機に晒したうえで、満を持して「ワクチン漬け」にしようとしているようだし、ボクたちも、これまで以上に感性や想像力を研ぎ澄まさせたうえで、彼らによる悪辣な「ディストピア計画」に対して全力で抵抗していかないといよいよヤバい事態になっていくんじゃないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事