■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

広島地検、自民・河井案里&克行氏の秘書ら3人を逮捕!公選法違反(買収)容疑で!裁判の行方によっては案里氏は失職の可能性!

広島地検、自民・河井案里&克行氏の秘書ら3人を逮捕!公選法違反(買収)容疑で!裁判の行方によっては案里氏は失職の可能性!
Pocket

どんなにゅーす?

自民・河井案里参院議員の選挙における運動員買収疑惑について、広島地検は、案里議員と夫の河井克行前法相の秘書ら3人を公選法違反(買収)容疑で逮捕した。

・逮捕された秘書らは、19年の参院選挙の際、14人のウグイス嬢に対し、法定金額の2倍の3万円の日当を支払った疑いがもたれている。

・また、当事者らのLINEのやり取りには「河井ルール」との隠語が飛び出しており、克行氏主導により違法な報酬で常習的にウグイス嬢を買収していた疑いが強まっている中、秘書らが裁判で有罪になった場合、連座制により案里氏が失職する可能性が出てきている。

河井前法相と妻の案里議員の秘書ら逮捕 運動員買収の疑い 地検

自民党の河井案里議員の陣営による選挙違反事件で、広島地方検察庁は去年の参議院選挙でいわゆるウグイス嬢に法律の規定を超える報酬を支払ったとして、河井克行前法務大臣の政策秘書と案里議員の公設秘書ら合わせて3人を公職選挙法違反の運動員買収の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは河井克行前法務大臣の政策秘書、高谷真介容疑者(43)と案里議員の公設第二秘書、立道浩容疑者(54)、それに陣営の幹部だった脇雄吾容疑者(71)の合わせて3人です。

広島地検の調べによりますと、秘書ら3人は河井案里議員の去年7月の参議院選挙で、陣営の14人のウグイス嬢に対し法律の規定を超えるあわせて204万円の報酬を支払ったとして公職選挙法違反の運動員買収の疑いがもたれています。

ウグイス嬢の報酬の上限は1日1万5000円と規定されていますが、河井議員の陣営はその倍の3万円を支払っていた疑いが出ています。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.3.3.】

河井案里参院議員秘書3人を逮捕 決め手は「河井ルール」 本丸は克行前法相か〈週刊朝日〉

~省略~

夫の克行氏の衆院議員会館の事務所にも家宅捜索に入った。司法判断によっては案里議員の当選が無効となる「連座制」が適用される可能性も出てきた。

~省略~

「まさに、河井ルールが逮捕という事態になりましたね」

こう話すのは、広島地検で連日、事情聴取されていたAさん。案里氏の陣営では運動員として携わっていた。案里氏から直接、ウグイス嬢の手配も依頼されていた。その携帯電話には、日当3万円につながる生々しいやり取りが残っている。

~省略~

河井ルールとは、克行氏の選挙の時だけに陣営で適用される独自のもの。日当3万円もその中に含まれる。

~省略~

これまで、何度も広島地検で事情を聞かれたAさんやBさん。逮捕されたのは、河井夫妻の秘書だが、Aさんはこう言う。

「検事の口ぶり、供述調書の中身からも明らかに、克行氏を狙っているなと思いました。河井ルールはすべて克行氏の了解がないと、だめです。逮捕された3人は、必ず克行氏の了解をとっていた。脇容疑者が、6月11日まで河井ルール、日当3万円でと伝えてこなかったのは、選挙が近く克行氏とその打ち合わせができなかったからのようです。取り調べた検事は、克行氏のことを最高責任者という表現。供述調書はそう記載されました。今日、逮捕されたのは秘書、選対幹部ですが、明らかに案里氏や克行氏がターゲットだと思えるような供述調書でした」

ようやく着手となった河井夫妻の公職選挙法違反事件。自民党幹部がこう話す。

「新型コロナウイルス対応で大変なときに、河井夫妻の事件が爆発だよ。案里氏の出馬は安倍政権、首相直轄の案件。さすがに、安倍政権のヤバくなってきた、終わりじゃないかとの声が党内のあちこちから聞かれる」(今西憲之)

【Yahoo!ニュース(AERA dot.) 2020.3.3.】

新型コロナパニックに日本列島が包まれている中、ついに河井夫妻の選挙違反事件で”実行役”が逮捕!

出典:YouTube

昨年から大々的に捜査が進められてきた、河井夫妻の選挙違反事件ですが、ついに、案里氏と夫・克行氏の秘書ら3人が広島地検に逮捕されました。
夫の克行氏が主導する形で運動員への違法な報酬が常態化(河井ルール)していたことがほぼ確実となっていますが、果たして広島地検は、河井夫婦の逮捕にまで踏み込む気があるのでしょうか?

国会が終わるまでは、どっちみち河井夫妻を逮捕することが出来ない状況なので、その結末をみるまでにはまだ時間がかかりそうだけど、例の「黒川事件」によってこの捜査も収束するとの見方も多かっただけに、ちょっと意外だったね。

しかし、何と言っても、河井夫妻は安倍&菅の大のお気に入りなので、その「核心部分」までには踏み込まずに、案里氏のしっぽ切り(失職)で終わりそうな予感もしているよ。
言い方を変えれば、まともな国家であれば、その後も真面目に捜査が行なわれ、言うまでもなく、1億5千万円もの常軌を逸した選挙資金を注ぎ込んだ安倍自民党にもメスが入り「河井ルール」を常習化していた克行氏は当然逮捕
普通に考えれば、この一件だけでも安倍政権は完全終了するだろうね。(まともな国家であれば)

本当に「そのはず」なのですが…。
なんせ、すでにとっくに検察からいなくなっているはずの「官邸の守護神」黒川弘務氏がしっかりと検察全体ににらみを利かせていますし、まともな捜査を行なうには、あまりにも障害が多すぎますね…
果たして、この先どのような展開をみせていくのか、さらなる捜査の行方を見守っていこうと思います。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事