【禁断のやり口】安倍官邸、黒川弘務検事長の定年を半年延長!「前代未聞の措置」で検察トップ就任は確実か!自民からは「これで河井夫婦の捜査も終息する」「IRの捜査も終わりだ」と喜びの声!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年1月31日の閣議において、安倍政権は、2月7日に定年を迎えることになっていた「官邸の代理人」こと黒川弘務東京高検検事長の定年を半年間延長する「異例中の異例」の措置を決定。これで、黒川氏が検察トップの検事総長に就任することが実質的に確実となった。

・「官邸の代理人」の異名を持つ黒川氏は、以前より安倍総理や菅官房長官と非常に近しい関係にあり、小沢一郎氏のでっち上げ捜査に始まり、甘利氏のワイロ逮捕潰し森友捜査潰しなどに暗躍。自民党からは「これで河井夫婦の捜査も終息する」「IRの捜査も終わりだ」などと喜びの声が上がっているという。

定年の黒川東京検事長の勤務延長 次期検事総長含みか

政府は31日の閣議で、2月7日に定年を迎える黒川弘務東京高検検事長(62)の勤務を半年間延長し8月7日までとすることを決めた。極めて異例の措置。稲田伸夫検事総長の退任後、後任に充てるためとみられる。

検察庁法では、検察官の定年は検事総長は65歳とし、それ以外は63歳としている。

森雅子法相は閣議後の記者会見で「検察庁の業務遂行の必要性に基づき引き続き勤務させることを決定した」と述べた。

~省略~

(共同)

【中日新聞 2020.1.31.】

安倍政権が前代未聞の禁じ手人事 側近の検事長を定年延長

「まさか本当にやるとは」――。さすがに驚きと怒りの声が上がっている。安倍政権は1月31日、2月7日に定年退官する予定だった黒川弘務・東京高検検事長(62)の定年を8月7日まで半年間、延長することを閣議決定した。

~省略~

黒川検事長は、2月8日に63歳の誕生日を迎える。検事長が定年を超えて勤務を続けるのは戦後、初めてのことだ。

前代未聞の人事を発令してまで定年が延長されたのは、黒川検事長が安倍官邸と極めて近いからだ。安倍政権は、官邸に近い黒川検事長を検察トップである検事総長に就け、検察組織を官邸の支配下に置くつもりだ。法務省事情通がこう語る。

~省略~

本来、事務次官には、黒川さんと同期の林真琴・名古屋高検検事長(62)が就任するはずだったのに、ひっくり返した。よほど菅長官は黒川さんのことを気に入っているのでしょう。そのうえ、定年延長だから露骨です。これで検事総長の人事も大きく変わる。予定では、黒川さんが2月に定年退官したあと、林真琴さんが東京高検検事長に栄転し、8月に検事総長に就くことになっていた。でも、異例の定年延長によって、もはや黒川さんが検事総長に就くことは確実です」

逆に自民党からは、「これで河井夫婦の捜査も終息する」「IR汚職の捜査も終わりだ」と歓迎の声が上がる始末だ。立正大名誉教授の金子勝氏(憲法)がこう言う。

「これまでも安倍政権は、積み上げてきた人事のルールを破って、NHKや内閣法制局を支配下に置いてきた。とうとう検察まで支配下に収めようとしている。もはや、この国は三権分立が成り立たなくなりはじめています」

~省略~

【日刊ゲンダイ 2020.2.1.】

これで河井夫妻やIR捜査も尻すぼみか!?「中村格(警察)&黒川弘務(検察)」の「安倍忠犬コンビ」で日本は独裁恐怖社会にまっしぐら!

↓2019年1月の黒川氏の東京高検検事長に栄転した時の会見から。

出典:日テレNEWS24

こんなことってアリなのっ!?
これまで安倍一派の犯罪に関する捜査の数々を握りつぶしてきた、黒川弘務氏の定年を延長させて、検察トップの「検事総長」に就任させるための人事を閣議決定するなんて…!!
この連中は、一体どこまで「禁断の手口」を繰り返せば気が済むのよっ!?

法律の専門家からは、この安倍官邸の措置について「違法」である疑いを指摘しているし、戦後どの政権でも行なわれたことがない前代未聞の事態であることをみても、まさしく「とんでもないこと」が行なわれようとしていると考えるべきだろう。
その上で、今回の「前代未聞の人事」を通じて、いかに安倍官邸の主導のもとに黒川氏を通じて検察組織の公平性が大きく歪められてきたのかが炙り出されたし、甘利氏のワイロ逮捕が無しになったのも、森友事件において政府関係者が全員不起訴になったのも、「黒川氏のパワー」によるものだったことがよりはっきりしたということだ。

そして、ここ最近、検察が積極的に安倍政権の犯罪疑惑にメスを入れるようになってきたのも、黒川氏が近く定年を迎えることが大きく影響しているとの見方が多くを占めていた中で、早速自民党の中からも、「これで河井夫婦の捜査も終息する」「IRの捜査も終わりだ」などの喜びの声が上がり始めているらしい。

警察組織の方に目をやっても、安倍総理と秘書官のような関係を持つジャーナリスト・山口敬之氏の準強姦容疑の逮捕を直前で握り潰した中村格氏が「警察ナンバー2」にまで上り詰めており、遠くない未来に「警察トップ」の警察庁長官に就任することが確実視されている。
つまり、警察&検察の「2大国家権力」のトップに、「安倍官邸の忠犬2人組」が就任することがほぼ確実となっており、いよいよ、この日本が「劣化版ナチス」さながらの「三権分立完全崩壊」の独裁恐怖社会と化す日が着実に近づいているということだ。

せっかくここ最近になって、腐りきった安倍政権の「内部崩壊」が起こりかかっていたのに、このままでは、これまで以上に法治国家の体が完全に崩れ去って、中国や北朝鮮そっくりの「完全独裁世界」が来てしまうことが現実味を帯びてきたわっ!!
こんなインチキ、絶対に認めるわけにいかないし、マスコミももっと大きく報じて、国民にきちんと危機感を伝えないとダメなんじゃないかしら!?

まさしく、「急転直下」というような事態だし、安倍官邸は、よほど(本来就任するはずだった)林真琴氏が検事総長に就任するのを強く嫌がっているということだろう。
果たして、今回の「禁じ手」の炸裂によって、現在の河井夫妻の捜査やIR疑獄の捜査にどのような変化が生じていくのか、注意深く見ていくとしよう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事