「黒川定年延長」の法解釈変更、森まさこ法相が「口頭決裁で問題なし」と明言!→ネット「もはや文明国とは言えない」「さようなら近代国家」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年2月25日、黒川弘務東京高検検事長の定年延長が「法解釈の変更」で認められたプロセスについて、正式な決裁が行なわれた痕跡がない疑惑について、森まさこ法相が「口頭で決裁が行なわれた」として、「決裁というのは口頭も文書もあり、どちらも正式な決裁だと理解している」と明言。野党や識者から驚きと怒りの声が噴出している。

・共産党の小池書記局長は「荒唐無稽な話だ。口頭で解釈をねじ曲げることは法治国家としてあり得ない」とコメント。ネット上でも怒りの声が噴出しており、法治国家の根幹である決裁プロセスすらも根底から崩れ去る事態になっている。

検事長の定年延長「口頭決裁も正式な決裁」森法相

東京高等検察庁の検事長の定年延長をめぐり、法務省が国会に提出した、定年延長が妥当だとする文書について、森法務大臣は、口頭の決裁を経ているとして、正式な決裁の手続きが取られたという認識を示しました。

法務省が国会に提出した、東京高等検察庁の検事長の定年延長が妥当だとする文書について、森法務大臣は、今月20日の衆議院予算委員会で、「必要な決裁は取っている」と答弁しましたが、翌日の予算委員会の理事会で、法務省の担当者は「正式な決裁は取っていない」と述べました。

これについて、森法務大臣は、記者会見で、「文書は、内閣法制局と協議するのにあたって、事務次官まで部内で文書を確認して内容を了解する口頭の決裁を経た」と説明しました。

そのうえで、「決裁には口頭の決裁もあれば文書の決裁もあり、どちらも正式な決裁だと理解している。文書における決裁を取らなければならない場合というのは、決められているわけだが、今回はそれにあたらない」と指摘し、正式な決裁の手続きが取られたという認識を示しました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.2.25.】

新型コロナとあいまって、「文明国家の根幹」が音を立てて崩壊!名実ともに「完全無法政府」に!

出典:YouTube

「黒川定年延長問題」について、ついに、森まさこ法相が「口頭での決裁も『正式な決裁』で問題なし」と言い放ちました
法務省のトップに君臨している大臣が正式にこのようなコメントを出したことで、いよいよ日本は、「口頭のみ」であらゆる重要な取り決めを行なうことが認められてしまう土台が作られたことになります。

何もかもが、ボクが心配していた通りのことが起こってしまっているね。
まさに、新型コロナのパニックを「待ってました」とばかりに、安倍政権は日本の国家の根幹を破壊する「最後の仕上げ」に入ってきたし、ネットでも声が上がっているように、森法相のこの発言は、日本の「近代法治国家」や「文明国」としての終焉を意味するような発言だ。
このままでは、安倍総理の意のままに、何でも「口頭」であらゆる取り決めやルール変更が行なえてしまう体制に入っていくことになってしまうし、「虚偽答弁」やら「法律違反」やら、あらゆる批判についても、もはやあまり意味を成さない(つまり、安倍政権によるあらゆる犯罪について、咎めることも裁くこともできない体制に)ような次元に突入してしまっている。

「口頭での決裁」なんていう、こんな支離滅裂な概念がまかり通るようになれば、近代の人間社会におけるあらゆる秩序が崩壊していくし、もはや、文書も何も存在していなかった「原始時代」に突入だね。

この国はどこまで壊れていけば気が済むのでしょうか。
今頃になって、熱烈な安倍支持者だった百田氏や高須院長らが安倍政権に怒りの声を上げ始めていますが、すでに手遅れに近い段階に入ってきていますし、いつの時代でも、多くの人々が騒ぎ出した頃には完全に手遅れになっているものなんですよね…。

いやはや、現在はどうしても新型コロナの対応を最優先しなければならない状況になってしまっているし、さぞかし安倍総理は、この事態に必死に「笑い」をこらえているのではないかな。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事