【最悪の宰相】安倍総理、「ヤラセ会見」をさっさと済ませて自宅に直行!有益な情報は何一つ発しないまま「アベ友メディア」以外の質問も排除!→国民から怒りの声殺到!(新型コロナ)

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年2月29日、安倍総理が官邸内で新型コロナウイルスの拡大防止に関する会見を開催したものの、国民にとって有益な情報がほとんど発せられないままに、わずか36分ほどで終了用意された原稿を棒読みしつつ、記者クラブメディアからの”ヤラセ同然”の質疑応答だけ済ませ、さっさと自宅に帰ったことに対し、国民から怒りの声が殺到している。

・安倍総理のこの会見に対し、「短すぎる」「説明責任を全く果たせていない」との指摘が続出。また、挙手する記者がいたにもかかわらず、長谷川栄一内閣広報官が「予定した時間をだいぶ過ぎておりますので」と強制的にシャットアウトしたことにも批判が集まっている。

・改めて、安倍総理の劇的な無能さとやる気のなさが露呈。国民の健康や生命のみならず、経済や心の不安に対するケアすらも全く行なう気がないことが明らかになった。

記者会見なのに「説明責任」を果たさない安倍晋三首相(新型コロナウイルス対策)

2月29日、新型コロナウイルスへの政府の対応に関する安倍晋三首相の記者会見が行われた。

土曜日の夕方という比較的国民が視聴しやすい時間帯に記者会見をセッティングしたことから、何か思い切った施策発表や丁寧な説明がされるのかと思いきや、実際は具体性に欠け、令和元年度予算の予備費として残っている2700億円以上を活用した第2弾の緊急対策は今後詳細を詰めるということであった。

突然の休校要請については、「十分な説明がなかった。それは確かにそのとおりだ」と認めたが、記者会見の時間はわずか35分程度、「まだ質問があります」という声が記者席から挙がっているにも関わらず、司会の長谷川栄一内閣広報官は「以上をもちまして記者会見を終わらせていただきます」と打ち切り。

一体何のための記者会見だったのか。

その後よっぽど重要な公務があったのかと首相動静を見たら、自宅に帰宅したらしい…。

午後6時から同36分まで、記者会見。
午後6時57分、官邸発。
午後7時12分、私邸着。
午後10時現在、私邸。来客なし。(了)
出典:首相動静(2月29日)

当然、現場にいた記者からは批判の声が挙がっている。

~省略~

【BLOGOS 2020.3.1.】

安倍首相会見 36分で終了、ネット上「最初から十分な質問時間を確保して」

~省略~

安倍首相が司会に促されて考えを表明し、「私からは以上です」と終えた時点で約20分が経過していた。ここから質疑応答が始まり、5人目の質問に首相が答え終えると司会者が「時間的に最後の質問になります」と6人目が質問に。首相が答えて36分が経過した。司会者は「予定しておりました時間を経過しましたので」「予定した時間をだいぶ過ぎておりますので」などとこれ以上の質問は受け付けなかった。

ネット上では「司会が『予定時間を過ぎてますので』と質問を遮ってましたが、予定時間の大半をつぶしたのは用意された原稿を読むだけのテープレコーダー(首相)です。最初から最後まで質問を受け付けてすべて答える、そんな記者会見をのぞみます」「会見が30分でろくに質疑応答もなしなの」「初めての首相会見という重要な場だったんだから最初から十分に長い質問時間を確保してほしかった。あと30分長くするだけでだいぶ違う」「ほとんど質問に受けず終わるのね 時間がきたので終わりますって質問には答えないということなんだな」と時間が十分ではなかったのではとの批判が見られた。

また、「国民に訴えるなら紙を見るな 最低限の演技だろ」「いつも通り原稿棒読み」「ずっと首を振り続けているので落ち着かないし、全部同じトーンで話すのでどこが肝がわかりにくい」との批判もあった。

【livedoorNEWS(デイリースポーツ) 2020.2.29.】

この期に及んでも「ヤラセ100%」!自分で考えることが出来ず、自分の言葉で話が出来ない「究極のおバカ総理」に、ついに国民からの怒りが爆発!

出典:YouTube

これまでも、悪質なヤラセ会見を繰り返してきた安倍総理だけど、まさか、ここまでの緊急事態においても、こんなにも酷すぎる「インチキ会見」をやるなんて…!!
しかも、一通り台本通りの「ヤラセ」を終わらせたら、一人さっさと自宅に帰ってしまったなんて…!!
ここまで国民を守る気が微塵も感じられない総理って、これまでいたかしら!?

いくらなんでも、これは酷すぎますぅ~~っ!!
結局は、何でもかんでも私たち国民に丸投げで、総理本人はほとんど何もやる気がないってことじゃないですかぁ!

こうした安倍総理の姿を見ていると、不眠不休同然で災害対応にあたっていた民主党政権時代の菅総理が、いかに安倍総理と比べてまともだったのかを感じてしまうけど…歴代の日本の総理の中でみても、ここまでの安倍総理の徹底した「棄民対応」に勝るものはないだろう。

つまりは、この総理は、自分の力で考えることも話すことも全くできないし、側近の官僚が作った台本がないと何もできないということだし、あらかじめ決められているアベ友メディア以外のガチの質問に答える力も全くないということだ。

ここまで国民を守る気ゼロの「究極の反知性」が日本のトップをやっていれば、新型コロナウイルスは当然のごとくどんどん感染拡大していくし、日本国民は、ウイルスによる健康被害に加えて、精神的な不安やパニック、経済・家計の破綻などにより、計り知れないレベルの損害を被ることになるだろう。

これというのも、私たち日本国民が、こんなにも人でなしの”トンデモ”を総理に据えたまま長年放置してきたツケが回ってきたんだわっ!
これまでも、台風や水害などにおいて散々「ヤバすぎるシグナル(棄民対応)」を発していたし、私たちもこれまで何百回も危機感を訴え続けて来たのに…。
それでも、事態をほとんど変えることが出来なくって、ほんとに、ほんとに悔しいわっ!!

ネット上でも、「先を読む能力」を持っている良識と知性ある国民が絶えず安倍政権に対する危機感の声を上げ続けてきたけど…残念ながら、こうした人々はまだまだ圧倒的少数ということだね。
しかし、さすがに今回の一件で安倍政権のヤバさや頭の悪さに気がついた国民も多くいるだろうし、とにかく「新型コロナよりも、この政権を放置していることが最大の日本の危機」との大前提に立ったうえで、自らの身を守るための適切な行動を取っていく必要があるね。

本当にその通りだと思いますぅ…。
この政権って、私たちを本気で滅ぼそうとしているとしか思えませんし、その他の先進国と比べても、「この国の政府(安倍政権)は何も助けてくれない」との前提の下に全ての行動計画や対策を立てていく必要がありそうですぅ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事