【十八番】吉村大阪知事が「インサイダー」を疑う国民に「しかるべき対応を取る」と大々的に脅し!テリー伊藤氏も「詳しいことは知らなかった」と発言を実質的に撤回!

Pocket

どんなにゅーす?

・イソジンをはじめとする、ポビドンヨード入りうがい薬について「新型コロナに効果がある」などと謳い、「強化期間」などと称して府民にうがい薬を強く推奨したことで、医療機関やドラッグストアなどの各所に大混乱を引き起こし批判が集まっている吉村大阪知事が、事前に情報が漏えいされていたことで株式市場で儲けを得た人間がいること(インサイダー取引)を疑う声に対し、「しかるべき対応を取る」とツイートした。

・「実はこの話を1時間半くらい前に知ったが、インサイダーみたいになっちゃうから株を買うのはやめておいた」とテレビで発言したテリー伊藤氏は、「会見することは知っていたが、詳しいことは知らなかった」と自身の発言を実質的に撤回大阪府が大々的に関係各所を恫喝している可能性があり、改めて、維新の反社会的な”ヤクザ体質”が浮き彫りになっている。

吉村知事「インサイダー」投稿削除求め警告 「テリー伊藤さんがTV発言撤回された」

大阪府の吉村洋文知事が11日付でツイッターに連続投稿。4日にポビドンヨードを含んだうがい薬が新型コロナウイルス感染防止に効果がある旨の会見を行ったことに関連し、ネット上などで「インサイダー疑惑」を指摘する発信があるとしたうえで、これを否定し、該当するツイートやリツイートなどを削除するよう警告した。「一線を超えるものは、然るべき対応をとります」としている。

9日のTBS「サンデー・ジャポン」でテリー伊藤が、吉村知事の会見当日に「情報ライブ ミヤネ屋」に出演し、「実はこの話を1時間半くらい前に知った」と情報が事前に漏れていたとする発言をし、憶測や批判が広がっていた。

吉村知事はツイッターで「テリー伊藤さん自身が、TVでの発言を撤回されています」としている。

~省略~

【Yahoo!ニュース(デイリー) 2020.8.12.】

吉村知事「ヨードうがい薬」会見を『ミヤネ屋』に事前漏洩! 出演者のテリー伊藤が「会見の1時間半前に知った」「インサイダー取引できた」

~省略~

周知のように、吉村知事の発表によって、ポビドンヨードを含むうがい薬を取り扱っている塩野義製薬や明治ホールディングスの株価が跳ね上がったが、じつはこの発表にインサイダー取引につながりかねない事前漏洩があったようなのだ。

それが判明したのは昨日9日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS)でのこと。“うがい薬”騒動を取り上げたなかで、コメンテーターのテリー伊藤が「ちょっといいですか」と言うと、こんな話をはじめた。

「僕、じつはですね、この発表するときにですね、『ミヤネ屋』に出てたんですよ。で、それで、じつはこの話をですね、1時間半ぐらい前に知ったんですね」
「ってことは、これをいま買っておけばいいなと思って。場合によってはこれね、薬メーカーの株価もかえるなっていうふうに、一瞬、頭も入ったんですけど、それを止めたんですよ。それちょっとインサイダー取引みたいな感じで、僕の立場でそれやると申し訳ないなと思ってやらなかったんですけども」

吉村知事が会見を始めたのは4日14時20分ごろ。その会見で、吉村知事はこう述べていた。

「情報が漏れたらいけませんから、非常に少ない範囲、ここにいる松井市長と僕と、藤井(睦子・大阪府健康医療部)部長と松山(晃文・大阪はびきの医療センター次世代創薬創生センター長)先生と、はびきの(医療センター)のみなさんくらいしか、この情報は共有はしていません」

しかし、実際には、吉村会見の1時間半前に、テリーにその情報が伝わっていた。テリーは、自身が語っているようにこの日、『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)に出演している。テリーが「情報を知った」という「吉村会見の1時間半前」というのは『ミヤネ屋』の本番が始まる少し前、つまり、テリーは『ミヤネ屋』の楽屋か打ち合わせの席でこの話を聞いたということなのだろう。

じつは『ミヤネ屋』はこの日、吉村知事らの会見を生中継していた番組だった。

しかも、それはたまたま生中継したというようなものではなかった。『ミヤネ屋』はまだ会見がスタートしていない番組スタート時の13時55分の段階で、「速報“コロナ”治療 効果が期待できる薬 発表へ 大阪吉村知事&松井市長会見」というテロップを出し、吉村知事らの会見を生中継することを予告。さらに、14時20分ごろから会見の中継をはじめ、吉村知事がポビドンヨードを含んだうがい薬が「コロナに効く」と言い出してわずか約15分後の14時35分には、手書きではなくデザインされた「ポビドンヨードとは」「ポビドンヨードが感染対策に有効な理由」というフリップを出して解説をおこなっていた。

テロップといいフリップといい、やけに対応が早すぎるだと思っていたが、テリーの証言から、『ミヤネ屋』は番組ぐるみで吉村知事が「ポビドンヨードがコロナに効く」と発表することを事前に知らされていた可能性はきわめて高くなった。

~省略~

【リテラ 2020.8.10.】

吉村知事お得意の「脅し戦法」を全開に!大阪府が関係各所に大々的に恫喝か!?テリー伊藤氏もそそくさと発言を撤回!

↓事前に情報を入手していた可能性が極めて高い「ミヤネ屋」は、「”コロナ”治療 効果が期待できる薬 発表へ」などと大々的に記者会見を生中継。

出典:Twitter(@Heroteacher_)

↓当日のミヤネ屋に出演していたテリー伊藤氏は、「1時間半くらい前にこの話を知ったが、インサイダーみたいになっちゃうから株を買うのをやめておいた」との発言を撤回し、「詳細は知らなかった」と懸命に弁明。

出典:Twitter(@os_octopus)

「イソジン騒動」で批判が殺到中の吉村大阪知事ですが、いまだに自身の問題点を認めようとしていないどころか、お得意の「脅し戦法」を全開にしてきています。
ネット上でインサイダー疑惑を抱いている人々に対し、「(削除しなければ)しかるべき対応を取る」と不特定多数の国民を大々的に恫喝。
吉村氏本人や維新特有の、ヤクザさながらの野蛮で暴力的な性質がむき出しになっております。

しかし、テリー伊藤氏のこの撤回コメントはあまりにも苦しいだろう。
もう、一度正直に言ってしまったものは取り返しがつかないんだから、テリー氏も大阪府からの脅しに屈せずに、何があったのかを正直に国民に向けて打ち明けていく方が、本人の株やイメージを一気に上げることになると思うんだけど…。

自民や維新(そして、これらの上に隠然と控えるグローバル巨大企業)に完全に首根っこを掴まれてしまっているマスコミ人の哀しい性ですね…。
上のリテラの記事に詳しい内情が出ていますが、会見当日の「ミヤネ屋」の様子を見ても、日頃から読売テレビと結託している吉村氏が、自身のPRに加えて、大阪府と昵懇関係にある塩野義製薬に多大な利益誘導を行なうべく、「ミヤネ屋」にセンセーショナルに会見の模様を”広報”してもらうように事前に会見の内容を情報提供していたとしか考えられません。

吉村氏は、インサイダー疑惑を抱いている国民に対して、ヤクザさながらの手法で脅しているけど、(前にも述べたように)一番の問題は、大阪府と深い繋がりを持つ大手製薬会社の宣伝を兼ねつつ、こうしたマスメディアを大々的に利用したプロパガンダ手法を通じて、効果がはっきり分かっていない上に薬事法に抵触しかねないPR会見を行なったことに加えて、この情報を前もって入手していた人間が、容易に株で儲けることが出来る状況を作り出したことだ。

これは言ってみれば、大阪府がインサイダーで儲けることが出来る環境を提供したも同然だし、こうやって多大な儲けを手にすることが出来た投資家は必然的に吉村氏を大々的に支持することになり、吉村氏にもしっかりとリターンがあるわけだ。

机の前に商品をズラリと並べているのもあまりに露骨な宣伝ですし、どう考えても、今回の大阪府の会見は、多くの部分で重大な問題があるのは言うまでもありません。
さんまさんが言っているように、「(多くの)お金が動いているのでは?」と考えることが自然ですし、この「異常な会見」に対して多くの批判や疑いの声が殺到するのは当たり前のことです。

とにかく、これで、ようやく多くの国民も維新のダーティーな性質や吉村氏の本性を知ることが出来たんじゃないかな。
相変わらず、腐りきった在阪マスメディアは吉村氏のPRキャンペーンに勤しんでいるようだけど、大阪の人々は(これ以上思考回路を狂わされないように)いっそのことテレビを捨てちゃった方がいいかもしれないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事