「統計偽装は国家危機」と指摘の長妻氏に対し、安倍総理「私が国家ですよ」!→ネット「ついに本音が出た」「発言を聞いた石破氏の表情…!」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年2月28日の衆院予算委員会において、立憲民主党の長妻昭議員が官邸主導による統計偽装事件について「国家の危機ではないか?」と安倍総理に指摘したところ、安倍総理が「私が国家ですよ」などと発言する一幕があった。

・ネット上では、「いよいよ本音が出てきた」と恐怖感を唱えるコメントが続出。さらには、安倍総理の発言を聞いた石破元幹事長の何とも印象的な表情が話題になっている。

安倍首相が統計不正追及に「だから何だってんだ!」と逆ギレ野次! 「私が国家」とまた独裁発言もポロリ

~省略~

それは、2018年1月からの「毎月勤労統計」調査において産業構造や労働者数などの変化を統計に反映させるための「ベンチマーク更新」でさかのぼり補正をおこなわなかった問題について立憲民主党の長妻昭議員が追及をおこなっていた際のこと。この「ベンチマーク更新」にともなう補正を廃止したことは、2018年の賃金伸び率引き上げに大きくかかわっているのだが、厚労省の有識者検討会では補正をおこなうことで中間的整理案がまとめられていたにもかかわらず、補正を廃止してしまったのだ。

この問題について、石田真敏総務相は話を誤魔化すような答弁に終始。だが、その答弁の不正確さを長妻議員が指摘している最中、こんな発言が飛び出したのだ。

「総理、いま変なヤジ飛ばされました?『だからなんだってんだ』と。いま聞こえましたよ」

長妻議員の発言中の出来事でもあり、音声で安倍首相のヤジは確認できなかったが、安倍首相は2月18日の同委でも「選挙に5回勝ってる」とヤジを飛ばし、20日には根本匠厚労相に「いったん下がれ」と自席から指示をおこなうという“事件”まで起こしている御仁だ。

その上、この長妻議員との質疑応答では、“消えた年金”問題の追及で開き直った無責任な態度をとったことに非難の声が飛んだ際、安倍首相は「席からヤジるのだけは、やめてもらえませんか?」「誠意をもってお答えしているんですから」と述べていた。「ヤジはやめろ」と言った本人が、そのすぐあとヤジを飛ばしたというのである。

~省略~

「私が国家です」また出た安倍首相の傲慢発言! 自民党では4選の動きも

そして、こうした権力の濫用を象徴するような出来事が、きょうも起こった。長妻議員は「ギリシャも統計の問題が発端で経済危機が起こった。統計の問題を甘くみないほうがいい。扱いによっては国家の危機になりかねない、そういう認識はあるか」と問うと、安倍首相は長々と答弁するなかで、こう発言したのだ。

「いま、長妻議員はですね、国家の危機かどうか(と訊いた)。私が国家ですよ。総理大臣が国家の危機という、重大な発言を求めているわけでありますから、まず説明をするのが当然のことではないでしょうか」

「国家の代表として」とかほかにも言い方があるだろうに、よりにもよって「私が国家」って……。「私は総理大臣ですから、森羅万象すべて担当しておりますので」だの「我々の法律の説明はまったく正しいと思いますよ。私は総理大臣なんですから」だの、最高権力者として思い上がった安倍首相の発言は枚挙に暇がないが、こうした態度こそが力によって行政を歪め、「隠蔽、改ざん、偽装」を横行させたのではないか。

~省略~

【リテラ 2019.2.28.】

「私は立法府の長」「森羅万象を担当」などに続き、ついに「私が国家」などと言い始めた安倍総理!総理発言を聞いた石破氏も”戦慄”を露わに!

出典:Twitter(@kentaro_s1980)

これまでも、国会の中で「私は立法府の長」やら「森羅万象を担当」なんてのたまってきた安倍総理が、ついに「私が国家」なんて言い始めちゃったわっ!!
いよいよ、安倍総理の傲慢と増長と狂気は、ついにここまで来たってことね!!

今国会では「一旦戻れ」などとヤジを飛ばしながら無理やり根本大臣の答弁を中止させるなど、これまで以上にますます安倍総理による国会の私物化が目立っているけど、ついに、その危険過ぎる「本音」がポロッと出てきたということかな。

そもそも、森友や加計疑獄の内情を見てみても、この御仁は、総理大臣であればあらゆる行政機関や官僚たちを思いのままに私物化できるものと思い込んでいるとしか思えないし、自分自身が「国家の化身」として、あらゆる法を超越した神のような存在であると本気で思っているように見える。

何よりも、石破氏のこの”戦慄”に満ちた表情が何より安倍総理発言の本質を物語っているし、第一、(今回の長妻議員とのやり取りをはじめ)野党議員との議論が何から何まで全くかみ合っていない上に、安倍総理が一体何を言っているのかが終始意味不明だ。

こんなにも安倍総理の脳が深刻な異常を引き起こしているような状態の中で、「安倍4選」の話が次々と出てきているというのだから、この国の中枢の頭が本格的におかしくなってきているとしかいいようがないだろう。

私も、いよいよ頭が痛くなってきたわ…。
この国はこの先、完全にたがが外れたままに、奈落の底に向かってただひたすら転げ落ちていくのかしら…?

とにかくも、与党議員と違って優秀な頭脳と高い能力を持っている(圧倒的少数の)野党議員と、この事態に強い危機感を唱えている良識ある国民の力を総動員させて、どうにかして、これ以上の反知性の蔓延による「国家の破滅」を食い止めていく必要がありそうだね。

Pocket

 

おススメ記事&広告