BTS(防弾少年団)に対しユダヤ人権団体(SWC)が非難!ナチス衣装着用と原爆Tシャツを問題視!「日本の人々とナチスの被害者に謝罪すべきだ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年11月11日、米国のユダヤ人権団体「サイモンウィーゼンタールセンター(SWC)」が、韓国の音楽グループBTS(防弾少年団)に対して、非難声明を発表した。

・SWCは、BTSがナチスを想起させるファッションをしばしば着用してきたことや、メンバーの一人が原爆が投下される写真がプリントされたTシャツを着用していたことを問題視。「原爆被害者をあざけるTシャツの着用は、過去をあざけるこのグループの最新の事例にすぎない」と非難した上で、「BTSは日本の人々とナチスの被害者に謝罪すべきだ」と主張した。

米ユダヤ系団体
ナチス帽着用でBTS非難

米ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は11日、原爆のきのこ雲がプリントされたTシャツを過去に着用したことで日本のテレビ出演が中止になった韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」が、過去にナチス親衛隊(SS)の記章をあしらった帽子をかぶったり、コンサートでナチスを想起させる旗を掲げたりしていたとして非難した。

同センターのエーブラハム・クーパー副所長は「原爆被害者をあざけるTシャツの着用は、過去をあざけるこのグループの最新の事例にすぎない」と指摘。「BTSは日本の人々とナチスの被害者に謝罪すべきだ」と強調した。(共同)

【毎日新聞 2018.11.11.】

↓問題になっているBTSによるナチスを想起するファッションと原爆Tシャツ。

出典:livedoorNEWS(スポーツソウル日本版 )

同じく「ナチス礼賛」で、以前にSWCから非難を受けた高須院長がSWCに「猛アピール」!「何故大騒ぎしないんですか?サイモンヴィーゼンタルセンターさん。なう」

高須克弥氏、ユダヤ人団体に怒涛リプ BTS写真貼り付け「何故大騒ぎしないんですか?」

高須クリニック院長・高須克弥氏が、「因縁」のあるユダヤ人人権団体サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)に対し、立て続けにリプライを送っている。

その中身は、いわゆる「原爆Tシャツ問題」の渦中にある韓国の音楽グループ「防弾少年団(BTS)」に関わるものだ。BTSメンバーが過去にナチスを想起させるデザインの帽子をかぶっていた写真を送り付け、「何故大騒ぎしないんですか?」などと言及している。

~省略~

高須氏は5日以降、ネット上で出回るこれらの写真を、ホロコーストやユダヤ人差別などの問題に取り組む米人権団体サイモン・ウィーゼンタール・センターの公式アカウント(@simonwiesenthal)に、繰り返しリプライの形で送り付けている。その回数は9度にわたり、「What do you think this?(これをどう思いますか?)」というメッセージが併記されたものも複数ある。

「サイモンヴィーゼンタルセンターさん。なう」
また日本語でも、

「サイモンヴィーゼンタルセンターさんは何故沈黙してるんでしょうか?」(5日)
「サイモンヴィーゼンタルセンターさんもイスラエル大使館も日本政府も沈黙しておられます。何故ですか? 遺憾砲は今こそ有効ですよ」(6日)
「何故大騒ぎしないんですか? サイモンヴィーゼンタルセンターさん。なう」(10日)
などと、まるで挑発するように何度も発言中だ。

高須氏とSWCには「因縁」がある。2017年11月、SWCは高須氏が「ヒトラー賛美」発言をしたとするとともに、所属する米国美容外科学会(AACS)から除名された、とするステートメントを発表した。高須氏はこれらの事実関係を全面否定、また自らAACSに退会を申し入れるなどの騒動となった。またSWCは2016年に、欅坂46の衣装がナチスを想起させると非難声明を出し、運営側が謝罪したこともある。高須氏の行動は、こうした過去の経緯を念頭に置いたものとみられる。

なお、今回の件について11日午後までに、SWCは高須氏のリプライに対し反応を見せていない。

【livedoorNEWS(J-CASTニュース) 2018.11.11.】

↓以前にSWCに非難された高須氏のナチス礼賛ツイート。

出典:Twitter(@katsuyatakasu)

出典:Twitter(@katsuyatakasu)

出典:Twitter(@katsuyatakasu)

BTS(防弾少年団)による、原爆Tシャツ&ナチスファッション着用問題だけど、ついにユダヤ人権団体「サイモンウィーゼンタールセンター(SWC)」が抗議声明を発表する事態に発展してきたわ。
…でも、日本でもBTS叩きにひときわ躍起になっているのが、同じく「ナチス礼賛思想」を持つ嫌韓団体だし、なんだか妙な事態になっているわね。

これまで、嫌韓勢力の先頭に立ってBTSを非難してきた高須院長だけど、実は、高須氏自身も以前に自らが発した「ナチス礼賛ツイート」についてSWCに非難されたという過去がある。
そうした”因縁”があったせいか、BTSによるナチスファッション着用が発覚したやいなや、SWCに対して「自分にはお咎めがあったのに、なんでBTSには何も言わないんだ!」と言わんばかりの”猛アピール”を続けていたみたいで、結果的にこれが功を奏したのかな?

傍から見れば(ナチスが好きなもの同士の)不毛な争いのようにも見えてしまうけど、これで高須院長もある程度満足したかもね。

それにしても、BTS側も今のところきちんとした説明もない状態だし、これはちょっと感心できない。
原爆Tシャツについても、デザイナー側は「米国による原爆投下を通じた終戦に伴った朝鮮半島の開放を喜ぶ人々を表現した」というけど、もしそうなのだとしても、残虐な原爆投下によって発生した数多くの犠牲者や被害者に対する配慮に欠けたデザインなのではと思うし、ナチスを思わせるファッション(帽子に至ってはナチスそのもの)についても、これまでも高須院長のナチス礼賛ツイートや、欅坂46がナチスの制服とよく似た衣装を着用したことなどに非難を発表してきたユダヤ人権団体が非難するのは当然の流れだろう。

ただ、トレエンの斎藤司氏が言うには、BTSのメンバーの人柄そのものについては、実際に接してみてとても良い印象を持ったみたいだし、彼ら自身が日本に対してどのような印象を持っているのか、これらの情報だけでは判断するのはやや難しいといえそうだ。
(つまり、これら韓国の音楽シーンの背後に政治的な勢力が控えており、これらがアーティストを動かし、様々なパフォーマンスをやらせている可能性もあるかもしれないということだ。)

したがって、これまでも述べてきたように、一歩下がったところでこの問題を冷静に見ていくことが必要かもしれないね。

韓国の人々には、かつての長州大日本帝国時代の圧政と解放の歴史から、今でも子供の頃から本格的な反日教育が施されてしまっているのが現状だわ。
日本の嫌韓思想の流布も韓国の反日運動も、そして日韓の領土問題も、全ては日韓関係を”適度”に悪化させて分断させつつ、日韓を傀儡国家として搾取・コントロールしているグローバル軍産資本勢力が施してきたことだし、私たちは(韓国の人たちも)こうした1%の洗脳から脱した上で、ともに豊かになっていくために「未来志向」の関係を構築していくことが大切なんじゃないかしら。

そうだね。日韓がこうした領域で衝突している間にも、世界はもの凄いスピードで変革が起こってきているし、とにかく、国を問わずに1%の国境の無い巨大資本に対して、99%の民衆が”ゆるく大きく団結”しながら対峙、牽制していくことが、現代のグローバル資本主義社会において市民が生き残っていくために最も必要なことなのでは思うよ。

Pocket