【開き直り】公明・遠山清彦議員が沖縄知事選でデマ動画拡散!玉城氏の刑事告訴に対し「真偽については確認していない」「責任は動画を作った人にある」

Pocket

どんなにゅーす?

公明党の遠山清彦衆院議員が、沖縄知事選の玉城デニー候補を貶める目的で作られた、安倍シンパによるデマ動画を拡散し、批判が殺到している。

・動画では、沖縄にある小沢一郎氏の別荘を紹介した上で、「この別荘の建設工事 地元業者がみな嫌がったのを無理やり説得したのが玉城デニーだったという」とのテロップが表示されており、遠山議員はこの動画を紹介した上で「知事選へ立候補を決めた玉城デニー氏は、知事になった後もこの人に色々相談するのだろう。絶対阻止する」とコメント。

・ところが、玉城氏がデマ拡散に対する刑事訴訟の手続きに入ったことを受けて、遠山議員は、「私は動画を見つけてそれを投稿しただけで、内容の真偽については確認していません。(略)責任は動画を作った人に問い合わせていただきたい」などと開き直りとも取れるコメントを披露。ネット上で怒りの声が殺到している。

玉城デニー氏のデマ動画拡散 公明衆院議員の呆れた言い訳

13日告示される沖縄県知事選(30日投開票)。故翁長知事の遺志を引き継ぐ玉城デニー衆院議員(58)と、自公維が推薦する佐喜真淳前宜野湾市長(54)の事実上の一騎打ちとなる中、選挙戦は玉城氏に対する怪文書やデマが多数出回る異常事態となっている。

玉城氏は10日、自身に関するデマについて、名誉毀損の疑いで那覇署へ刑事告訴する手続きに入った。玉城事務所はデマの内容を具体的には明らかにしていないが、問題のひとつとみられるのがインターネット上のある動画だ。そこでは玉城氏が所属する自由党の小沢一郎代表が沖縄県宜野座村に所有する別荘が紹介され、〈この別荘の建設工事 地元業者がみな嫌がったのを無理やり説得したのが玉城デニーだったという〉というテロップが流されていた。

そして、この動画の拡散に一役買ったのが、ナント公明党の遠山清彦衆院議員(49)。9日に自身のツイッター上に、この動画を添付して投稿、「知事選へ立候補を決めた玉城デニー氏は、知事になった後もこの人に色々相談するのだろう。絶対阻止する」とコメントしているのである。

~省略~

日刊ゲンダイが遠山氏を電話で直撃するとこう言った。

「私は動画を見つけてそれを投稿しただけで、内容の真偽については確認していません。県知事選に際して、周辺の状況を皆さんに知って欲しいと思っての行動です。小沢氏の豪邸があるのは事実で、デニー氏が言っている箇所については私は触れていない。責任は動画を作った人に問い合わせていただきたい」

~省略~

【日刊ゲンダイ 2018.9.12.】

玉城候補を貶め、国民を騙すべく、国会議員もデマ拡散に加担!公選法も”ザル状態”の中、安倍シンパによる犯罪級の選挙妨害が横行!

出典:Twitter(@kiyohiko_toyama)

自民総裁選も酷い状況だけど、沖縄県知事選も予想通りに、安倍シンパによる犯罪級の選挙妨害が横行しているみたいねっ!!
この公明・遠山議員ったら、玉城候補の悪質デマ動画を拡散したことに対して、「真偽については確認していない」「責任は動画を作った人にある」って、どこまで無責任で開き直った態度なのよっっ!

見たところ、これまでは安倍政権と一定程度の距離を取る”ポーズ”を取ってきた(創価)公明党も、いよいよ日本会議系カルトとも距離を急速に近づけては、安倍カルト一派の一部と化してきているようだ。

沖縄知事選は、やはり予想通りの安倍シンパによるデマの流布の応酬で、文字通りに手段を選ばずに玉城氏を貶める動きが全開になっているけど…なんというか、もはや「公職選挙法なんてクソ食らえ」という感じで、初めから数々のデマを意図的に拡散するつもりで、非合法な選挙戦を展開している状況だ。
つまり、どんなに悪質な行為をしようとも、公選法が適用されず、刑事事件に発展しないことを分かっているかのように、平気で犯罪級のデマを次々ばらまいているということだ。

つまり、言い換えれば、安倍シンパがどんだけ公選法に抵触する犯罪行為を繰り返そうとも、警察も選管も動かないことがほとんど決まっているってことね!
この国の秩序の破壊はどこまで進めば気が済むのよっ!!

その一方で、市民側候補である玉城陣営は、特権階級やグローバル資本などの支配者側と対立している状況なので、安倍シンパと同じようなやり方をやれば、警察や選管が動く可能性がある。
つまり、玉城陣営の側は、自公側と比べて慎重な選挙戦を行なわざるを得ない状況ということだ。

ルールに則った選挙戦を行なわなければいけないのは当たり前のことだけど、実質的に、(警察・検察をも支配している)権力者の側はどんなズルでも半ばまかり通ってしまうため、この時点で公平さを著しく欠いているし、それだけ、この国において市民側の候補が選挙で勝つというのは難しいことなんだよ。

ほんとに、この国のあらゆるシステムが、モラルも良識も何かも根底から壊れきっているってことね…。
ここまで卑劣で汚い安倍一派のやり方に対して、沖縄県民の人たちが本気で立ち上がって、玉城候補に投票してくれればいいんだけど…。

何度も言っているけど、今回の沖縄知事選こそ、「1%の支配者」vs「99%の一般市民」の対決であり、沖縄県民のみならず、日本国民全員の未来が左右される非常に大きな選挙となることは確実だ。
さらにいえば、日本国内のみならず、(在日米軍撤退を構想している)トランプ政権との関係をも左右する選挙でもあり、翁長氏の路線を継承する玉城氏と沖縄県民の側が、どこまで安倍シンパや(在日米軍利権に激しく群がる)日米安保マフィアに風穴を開けることが出来るのか、大きく注目していこうと思うよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket