■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【疑念噴出】モデルナと武田薬品、ワクチンの金属片は「製造ラインに取り付けられたステンレス部品の破片の可能性が高い」と発表しつつ、「安全性に問題はない」と強調!

【疑念噴出】モデルナと武田薬品、ワクチンの金属片は「製造ラインに取り付けられたステンレス部品の破片の可能性が高い」と発表しつつ、「安全性に問題はない」と強調!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年9月1日、モデルナ製ワクチンの一部で「金属性物質」が混入していたとの報告が相次いでいる中、モデルナと武田薬品工業が異物は「ステンレススチール」だったと発表した。

・日本向けワクチンを製造するスペインのロビ社が調べた結果、機器に取り付けられた金属部品同士がぶつかり合う不具合で摩擦が発生、この破片が混入につながった可能性が高いという。

・厚労省は「健康や安全に過度のリスクをもたらすことはない」と説明しているも、同ラインで製造されたワクチンで30代男性(基礎疾患無し)が接種後数日で死亡したとの報告もあり、国民から強い疑念の声が噴出している。

ワクチン異物はステンレス 機器破片、製造過程で混入―モデルナ製・厚労省

厚生労働省は1日、使用を見合わせていた米モデルナ社製の新型コロナウイルスワクチンに混入していた異物について、製造機器の破片でステンレスだったと発表した。同社などが詳しい成分と混入の経緯を調べていた。ステンレスは心臓の人工弁などに使用されており、厚労省は「健康や安全に過度のリスクをもたらすことはない」とし、ワクチンの有効性にも問題はないとしている。

同省は同じ製造番号など計約163万回分の使用を見合わせているが、政府はこのうち50万回分強が接種済みと明らかにしている。
同省や国内でモデルナ製の流通を担う武田薬品工業によると、日本向けワクチンを製造するスペインのロビ社が調べた結果、製造ラインで瓶に栓をする過程で、機器に取り付けられた金属部品同士がぶつかり合う不具合で摩擦が発生。混入につながった可能性が高いと判明したという。

~省略~

【時事通信 2021.9.1.】

モデルナ製ワクチン 異物は製造機器から生じたステンレスの破片

~省略~

また武田薬品は、使用中止対象のワクチンを接種した男性2人が死亡したことと、今回の混入との因果関係について「確認されていない」とし、「現在のところ相互の関係なく偶発的に生じたものと考えられる」としている。

モデルナ製ワクチンを巡っては、8月中旬以降、ロット番号「3004667」(出荷量約57万回分)で、微小な金属が混入しているのが見つかった。武田薬品は、この番号と製造時期が近接する「3004734」(同約52万回分)、「3004956」(同約54万回分)と合わせた計3ロット計約163万回分については使用を中止していたが、2日から自主回収を始める。

~省略~

【毎日新聞 2021.9.1.】

同ラインで製造されたワクチンで30代男性2人が死亡し、金属アレルギーの女性格闘家が救急搬送されても、「安全性に問題なし」と強調するモデルナ&武田!そして、これを無批判のまま垂れ流すマスコミ!

国民から多くの疑念と不安の声が上がっていたモデルナワクチンの「金属性物質の混入」について、モデルナ&武田が「製造機器のステンレス部品の破片が入り込んだ可能性が高い」と発表しました。
厚労省は「健康や安全に過度のリスクをもたらすことはない」と説明していますが、しかし、実際に同ラインで製造されたワクチンで30代男性2人が死亡した上に、金属アレルギーを持つ女性格闘家が救急搬送された事態も発生している中で、それでも「問題ない」と強調しているモデルナ&武田&厚労省に対し、国民から疑念の声が噴出しています。

以前の記事でも指摘したけど、食品において製造工程で金属片が入り込んだ場合、即・全品回収&政府やマスコミも徹底追及し、さらにはこれらを食べてしまった消費者に補償をするのが普通だけど…どうしてワクチンは「金属片が入っても問題無し」になってしまうんだろう
これって、最も基本的で壮大な矛盾だと思うし、国民はこの「根本的な矛盾や問題点」に強い疑問を感じ、徹底的に問題点を追及していかないといけない。

おまけに、食品における汚物混入時点においては、国民に目立った健康被害が出ていなくても、全品回収&販売中止が当たり前ですが、今回のモデルナワクチンにおいては、すでにこのワクチンが引き金になった可能性が高い(死亡例を含む)深刻な健康被害が複数報告されていますからね…。

もちろん、モデルナや武田、厚労省による圧倒的な「人命・健康軽視」の対応はあまりにも酷いけど、こうした対応を全く無批判のまま垂れ流している大手マスコミも大いに問題だ。
まさしく、「コロナ危機を克服するためにはワクチンを全国民に半永久的に接種することが不可欠」とのお題目を掲げつつ、「そのためにはいくらかの国民の犠牲は不可欠」との優生思想が蔓延している状態だし、まずは、この今のあらゆる状況について、多くの国民が「異常である」と認識することが重要なのではないかな。

そもそも、本当に「製造過程で入り込んだステンレス機器の破片」なのかどうかも分かりませんし、今回の発表で強引に「問題無し」とこじつけたうえで、今後も「全国民へのワクチン接種のアジェンダ」に向けて、(グローバル資本勢力に完全に支配されている)菅政権がなりふり構わず突き進んでいくことになりそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事