【危険】TOKIOがついに安倍総理と会食!ジャニーズも安倍官邸と本格的に癒着か!憲法改悪に向けての”国民洗脳”の準備が着々!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年5月10日、安倍総理が、都内のピザ店「エンボカ東京」で、ジャニーズグループ「TOKIO」のメンバー4人と会食を行なったことが判明。ネット上で大きな話題になっている。

・TOKIOといえば、18年12月に自民党の女性誌の対談企画で安倍総理と官邸で対談したり、最近、リーダーの城島茂氏が、政府による「農福連携等推進会議」に有識者として安倍官邸に招かれていたことが分かっており、安倍官邸と急速に距離を縮めている動きを見せている。

・安倍政権は、電通や民放連と連携しながら、マスメディアや人気芸能人を使った「憲法改悪キャンペーン」を展開させようとする動きを見せており、これまで以上にメディア界や芸能界を本格的に取り込みながら、国民を洗脳し思い通りにコントロールしようと動き出していることがうかがえる。

“TOKIOが安倍首相と会食”で露呈したジャニーズ情報番組進出の危険性! ジャニーズタブーに守られ政権と癒着し放題

第二次政権以降、マスコミ上層部やジャーナリストとの会食を繰り返し懐柔している安倍首相だが、昨晩はちょっと意外なメンツと一席を設けた。首相動静によると、10日午後6時32分に、東京・元代々木町のピザ店「エンボカ東京」で食事をしたのだが、その相手があのTOKIOだったのだ。

報道によれば、安倍首相はTOKIOの城島茂、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也の4人を行きつけのピザ屋に招き、会食したのだという。

TOKIOといえば、昨年、山口達也が未成年に対する強制わいせつで脱退、芸能界を引退したが、その後はイメージアップのためか、やたら公的な仕事や権力への擦り寄りに躍起になっていた。グループ5人で務める予定だった東京五輪・パラリンピックのスペシャルアンバサダーは降板せずに4人で続行、最近ではリーダーの城島が政府の「農福連携等推進会議」に有識者として参加した。昨年12月28日には4人で官邸を訪れ、自民党が発行する月刊女性誌「りるぶ」で安倍首相と対談。安倍首相のSNSアカウントが、センターの首相をTOKIOメンバーの4人が囲む写真を投稿し、ネットでは「安倍メンバー加入でTOKIOがまた5人に」などと盛り上がっていた。

しかし、まさか食事まで受けてしまうとは……。しかも、当のTOKIOメンバーは記者団の取材に「とても楽しかった」(松岡昌宏)などとまったく悪びれることなく、コメントしている。一体どういう神経をしているのか。

こう批判するとおそらく「TOKIOは、マスコミ上層部やジャーナリストらと違ってアイドルなんだから、食事くらいで目くじらを立てなくても」といった声が上がるだろう。だが、そんなことはまったくない。なにしろ、TOKIOではいま、国分太一がワイドショー『ビビット』(TBS)、城島茂はニュース番組『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日)でMCをつとめており、政治の動きや政界の不祥事なども扱う、れっきとした報道関係者なのだ。

そして、安倍政権はいま、自分たちへの批判封じ込めと改憲国民投票に向けたPRの協力を得るために、そうしたワイドショーや情報番組出演者への取り込みをやたらと図っている。

そんななかで、「会食」というのは、“わたしたちは安倍政権に取り込まれました”“これからは安倍様に全面協力いたします”と宣言しているようなものではないか。

~省略~

【リテラ 2019.5.11.】

いよいよTOKIOが安倍一派に本格的に取り込まれることに!メディア・芸能界と一体化し、”憲法改悪”強行に向けて「国民(愚民化)洗脳」を加速!

出典:Twitter(@AbeShinzo)

出典:Twitter(@AbeShinzo)

ついに、あのTOKIOが安倍総理と会食をしてしまったのねっ!!
これまでも、自民党の女性誌の企画で安倍総理と官邸で対談したり、城島茂さんが有識者として農業関係の官邸会議に招集されたりしていたけど、これは、事実上TOKIOが完全に安倍一派に取り込まれてしまったとみていいんじゃないかしら!?

リテラにもその内情が軽く出ているけど、どうやら、安倍官邸は、吉本や秋元一派のみならず、ついにジャニーズにも触手を伸ばし始めたようで、人気ジャニーズタレントを自らの政権の”広告塔”として、国民統制や洗脳支配の強化に利用しようと始動してきているようだ。

安倍政権といえば、令和時代のスタートともに、大手広告代理店と共謀した大々的な洗脳広告キャンペーンをスタートさせたことが話題になっているけど、こうした動きとともに有名お笑い芸人やジャニーズタレントへの懐柔を進めているのも、全ては、安倍政権が企む「国民主権(民主主義)」の現行憲法を破壊することを目的とした”憲法改悪”強行のために、公共の電波を使って大々的な「国民洗脳キャンペーン」を展開する目的が背後にあるのは明白だろう。
(ちなみに、安倍総理は、先日5月8日には、読売のナベツネや産経会長の熊坂氏、共同通信相談役の福山氏、海老沢元NHK会長らとも会食しており、マスコミ幹部ともさらなる連携を深める動きを見せている。)

つまり、次期選挙で安倍政権が大きく勝利することを”想定”しつつ、有名芸能人や人気タレントを使って、テレビCMなどで「改憲賛成」を国民に繰り返し刷り込みながら、日本の民主主義を完全なまでに”終焉”させ、悲願の「安倍帝国(大日本帝国の再建)」を樹立させようとしているということだ。

もう、完全に危険過ぎる「カルト」というほかないわっ!!
しかも、目に見えるように、次々と人気芸能人やジャニーズタレントまでもが次々とカルト勢力に飲み込まれまくってきているし、すでにこの日本がカルト一派に乗っ取られているも同然じゃないのよ!!

サイト開設以来、一貫して「この日本が危険な『長州(大日本帝国)礼賛カルト一派』に乗っ取られつつある」と警告し続けてきたけど、ついにここまで来てしまったね。
もうTOKIOはダメになってしまったっぽいし、次はどの有名芸能人が危険なカルトに取り込まれちゃうのかな?
民放連も安倍一派に同調するような動きを見せているし、すでに、日本会議などの長州礼賛カルト勢力は、放送界や芸能界の「乗っ取り」に成功したといってもいいような状態だろう。

このままだと、無知で無垢な国民が知らずの内に「カルト思想」に染まらされ、大日本帝国の再建(グローバル戦争資本勢力の金儲けのための「戦争が出来る国」)が完成してしまうし、「この動き」を止めることが出来ない限り、原爆投下による”破滅”福島原発事故による”2度目の破滅”に続き、さらなる”とどめの破滅”がこの国を襲うことになるだろう。

Pocket

 

おススメ記事&広告