【劣悪】TVが「改元特番」ごり押しも、「福島原発事故」に触れない番組続出!天皇陛下の「護憲への思い」もほとんど無視!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月30日、令和時代を目前に控えた中、各テレビ局が「改元特番」をこぞって放送。平成時代を振り返りつつ、天皇皇后両陛下の歩みを振り返る主旨の番組が横一線で放送されている。

・そんな中、平成時代を振り返るコーナーの中で、「平成時代最大」で人類史でも例のなかった未曾有の核災害・福島原発事故を重点的に扱う番組がほとんどないことを指摘する声が上がっている。

・さらには、天皇陛下がここ数年口にし続けてきた「平和主義や護憲への思い」に触れる番組もほとんどないことも指摘されており、TV局が安倍政権にくみして意図的にこれらを排除し、国民に「お祭りムード」を刷り込んでいる疑いが生じている。

テレビ各局の“平成事件振り返り”から「福島原発事故」が消えた! 広告漬けと政権忖度で原発事故をなかったことに

「平成」の終わりまであと数時間。この1、2カ月テレビ各局はこぞって「平成振り返り」特番を放送してきた。しかし、そのなかで、気になったことがある。どの番組を見ても、あの福島原発事故のことがほとんど出てこないのだ。

たとえば、4月6日に放送された『池上彰のニュース そうだったのか! 3時間スペシャル』(テレビ朝日)。その内容は「平成30年大ニュース」と題し、平成の時代に起こった事件や出来事を「昭和」と比較し分析するというもので、ゆとり教育や消費税導入、テロの激増、そして「日本を大きく変えた自然災害」として西日本豪雨、雲仙・普賢岳などともに東日本大震災にも触れられていた。ところが、その震災についても「SNSが普及」「LINEに既読機能が」といった災害対策がメインで、多くの国民に甚大かつ深刻な被害を与えた福島原発事故についてはクローズアップしなかった。

フジテレビが3月31日に放送した『報道スクープ映像 昭和・平成の衝撃事件!大追跡SP』も同様で、昭和のロス疑惑まで取り上げているのに、原発事故にフォーカスすることはなかった。

NHKでも同じ現象が起きている。『NHKスペシャル』ではこの間、「平成史スクープドキュメント」と銘打った回顧シリーズを放送していたが、「大リーガーNOMO」「山一証券破綻」「小選挙区制導入」「安室奈美恵」などがテーマで、原発事故は結局、テーマにならなかった。

情報番組やワイドショーも、この間、レギュラー枠の中で平成ふりかえり企画を放送したが、やはり原発事故をクローズアップした番組は皆無。

とくに、唖然としたのがきょう、平成最後の日の『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)だ。「年表で振り返る30年間」として平成の事件を振り返り、小泉政権の誕生、高橋尚子のシドニー金メダル、ライブドア事件などはたっぷり映像で放送したのだが、2011年になると、「災害の多かった平成、なかでも東日本大震災、いまだに復興道半ば」という短いコメントとともに、津波で押し流された町の写真パネルが一瞬、映されただけで、すぐに「それから2012年、東京オリンピック開催決定、スカイツリー開業、えーそんな前になんの?」と、宮根がおちゃらけトークで別の話題に移してしまった。

そのあと、天皇・皇后の東日本大震災被災地慰問の映像が流れて、再び震災の話題になるのだが、ここでも不可解なことが起きる。「被災による避難者数」というフリップが映され、林アナが「およそ4万8000人の方が避難している、そのうちおよそ4万人は福島県の方」と解説したのだが、そのあと、原発のゲの字も口にせず、その「4万人の福島県の避難者」の原因についてネグってしまったのだ。

「この間、原発事故のことをきちんと取り上げていたのは『報ステ』やTBS、それも報道局が作った番組くらいじゃないですか。他の民放も、NHKも明らかに原発事故を避けていた」(民放関係者)

言っておくが、この原発事故は当事者である吉田昌郎・福島第一原発の所長(当時)がいったんは「東日本壊滅を覚悟した」と回想したくらいの危機的な状況だった。そして、いまも4万人以上の人々がこの原発事故の影響で故郷を追われ、避難生活を強いられている。そんな重大事故をテレビの平成振り返り企画が不自然なくらいに避けまくっているのだ。これはいったいなぜなのか。

~省略~

もちろんその理由のひとつは安倍政権に対する忖度だろう。現在、安倍政権は、原発被災者への支援打ち切りと強引な帰還政策を推し進める一方で、まるで事故などなかったかのように、原発再稼働を推し進めている。また、東京五輪を来年に控えて、原発事故の影響などないことをアピールしようと必死になっている。

「直接的な現場への圧力というのはないが、局の上層部には、『五輪を前に日本の安全をアピールする必要がある。協力してほしい』というプレッシャーがかかっているようです。そのためか、原発事故をクローズアップしようとすると、上から『風評被害を助長するのはどうか』とクレームがつく。振り返り企画でも、そういう空気を忖度したということでしょう」(前出・民放関係者)

さらに、もうひとつメディアが原発事故を取り上げない理由がある。それが電力会社によるメディアへの“原発広告”の復活だ。

~省略~

【リテラ 2019.4.30.】

平成の最後までマスコミがスルーし続けた…天皇・皇后の護憲発言と安倍政権へのカウンター

本日4月30日、明仁天皇が退位する。メディアではここのところ連日、明仁天皇と美智子皇后の軌跡を振り返る特集が繰り返し流れている。しかし、そうした回顧特集のなかでほとんど触れられていないことがある。

それは、明仁天皇と美智子皇后の、平和と護憲の思い。そして、それを壊そうとする安倍政権へのカウンターを発信してきたことだ。

もともと即位後の朝見の儀でも「皆さんとともに日本国憲法を守り、これに従って責務を果たすことを誓い」と表明したように、明仁天皇は以前から日本国憲法を遵守する考えそして平和への思いを強調してきたが、とくに第二次安倍政権発足以降は、安倍首相の“戦争のできる国づくり”政策、改憲に強い危機感を抱き、政権に警鐘を鳴らしているとしか考えられない、踏み込んだ発言を繰り返し行なってきた。

マスコミがふれないのなら、平成最後の日に、本サイトがきちんとその軌跡と発言の詳細を残しておきたいと思う。

~省略~

天皇が安倍政権に危機感を抱いた始まりは「主権回復の日」式典

こうしたリベラルな考え方の持ち主と言われる明仁天皇だが、実は、践祚してからの誕生日会見を振り返ってみると、記者から具体的に社会情勢や政治的な話題についての質問が飛んでも、一般論を短く話すか、一言か二言、憲法や平和、民主主義についてふれるというのがもっぱらだった。

それが、憲法4条に反しないギリギリのラインを保ちつつも、ここまで踏み込んだ発言をするようになったのは、第二次安倍政権発足以降のこと。これらの発言が、安倍政権の戦争政策や改憲への危機感から発されたものであることは、明らかだ。

実際、この年の天皇・皇后の誕生日会見の前に、安倍政権に対して危惧を抱かせたであろう決定的な出来事があった。

2013年4月28日に行われた「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」のことだ。4月28日は1952年にサンフランシスコ講和条約が発効し、本土がアメリカの占領から独立した日。第二次安倍政権はこの日を「主権回復の日」と位置付け、政府主催で初めて式典を開き、天皇と皇后を出席させた。

式典は極めて復古的な、右翼色の強いものだった。当日、菅義偉官房長官が閉式の辞を述べ、天皇・皇后が退席しようとしたとき、突然、会場の出席者らが両手を挙げて「天皇陛下万歳!」と叫んだのである。安倍首相らも壇上でこれに続き、高らかに「天皇陛下万歳」を三唱。天皇と皇后は、足を止め、会場をちらりと見やり、わずかに会釈してから会場を去ったが、その表情は固まったままだった。

~省略~

【リテラ 2019.4.30.】

大手マスコミが「日本の実情」を徹底的に隠し、国民に「お祭りムード」を刷り込み!「天皇陛下による安倍政権への危機感」「人類史上例のなかった核災害」まで無視し、安倍政権の支持率アップを支援!

↓広島・長崎・チェルノブイリに並ぶ、永遠に後世に語り継いでいくべき核被害をもたらした福島原発事故。

出典:お役立ち情報の杜(もり)

平成時代の終わりを目前に控えた中、各テレビ局が「改元特番」を横並びでしきりに放送していますが、この中で、現在も深刻な影響を与え続けている福島原発事故に関する話題や、天皇陛下を口にされてきた「護憲への思い」などがほとんど無視されていることが話題になっています。

確かに、各テレビ特番では平成に起こった様々な自然災害や事件などを回顧する内容が繰り返し流されていますが、人類史上例がなかったほどの核災害である福島原発事故について重点的に扱っている番組がほとんど見当たりませんし、むしろ、意図的にネグっているようにも見えてきてしまいます。

むしろ、平成時代の「最大の災害」こそ、この福島原発事故のはずだし、何よりも、8年前に発生した原発事故は、今でも日本のおびただしい数の人々に深刻な影響を与えているような状況だ。
しかも、現在も原子力緊急事態宣言が解除されていないことからも分かるように、完全収束に向けての動きはまだ1%も進んでいない状況の上に、燃料の取り出しや廃炉が本当に完遂出来るのかどうかすら疑わしいような事態だ。

本来であれば、何よりも優先して、この福島原発事故に時間をかけて特集を組むべきはずなんだけど…これを意図的に無視し、わざと徹底的に矮小化させた上で、薄っぺらく幻想的な「お祭りムード」を懸命に演出しようとしているのであれば、これはかなり悪質な洗脳であり、国民騙しのプロパガンダといわざるを得ないだろう。

しかも、各テレビ局は、天皇皇后両陛下をしきりに讃え労うような番組を繰り返し放送しているけど、確かに、天皇陛下が異例ともいえる「護憲」に対する思いを口にし、かつての大日本帝国が進んだ道をトレースしているように見える安倍政権に対して「暗に危機感」を唱えたことについて、不自然なまでに触れない始末だ。
ここ数年における天皇陛下の動向を見ても、「グローバル戦争資本の傀儡」として日本を混沌や混乱に導きつつある安倍政権と激しく対立してきたことは明白だし、「立憲主義」や「平和主義」の大切さを口にすることで、「象徴天皇」としての範囲内でどうにか安倍一派の「歯止め」となるべく、静かに国民に語りかけてきたことについて、これを無視することは出来ないだろう。

しかし、あろうことか、ほとんど全てのテレビ局が、こうした天皇陛下の「平和憲法への尊い思い」について意図的にネグっていては一見して天皇陛下を讃える素振りを見せつつも安倍政権に全面的にくみする放送を続けてしまっています。
これは、実質的に、安倍政権がすでに天皇家を意のままに支配し、利用するような体制が国民が知らずの内に出来てきてしまっているとも言えるかもしれません。

長州テロリスト勢力(安倍総理の先祖)による大日本帝国の本質も、「(グローバル資本勢力に水面下で支配されていた)長州勢力が背後で天皇を操って天皇を神格化」し、その上で、「国民に天皇を崇拝させることで日本国民の”奴隷化洗脳”を促進」するような独裁政治体制だったけど、まさに、その長州テロリストの子孫である安倍総理によって、今の日本はかつての大日本帝国時代の”デジャブ”のような状況になりかわってきている。

日本のマスコミも、すでに安倍政権と同じく、「反天皇」の性質が見え始めてきており、一見して天皇陛下を敬うような番組を放送しつつもその実は、天皇陛下が抱いてきた「最も重たい想い」を軽視しつつ、安倍政権に忠誠を誓うような内容を放送しているのが現状だ。

多くの日本国民も、うっかり無意識にぼんやりしていると、「お祭りムード」を煽られつつ何となく楽しい気分になってくるかもしれないけど…残念ながら、今の日本は深刻な問題が山積しており、「改元イベント」にうつつを抜かしている場合ではないのは確かだ。

このように考えると、私たちに「最も重要なファクター」や「物事の本質」から目を逸らさせ、しきりに私たちを思考停止に導こうとしている「マスコミそのもの」が最も恐ろしく危険な存在なのかもしれませんね…。

ボクたちを、「盲目・思考停止・奴隷化」に導くべく、様々な誘惑やノイズが氾濫しているけど、くれぐれもこうした「1%による洗脳」にはまらないようにしなければならないし、日本や世界で起こっている「厳しい現実」を直視しつつ、この先ますます混沌とした時代が予想される中において、「生き残っていく術」について考えていくことが大切なんじゃないかな。

Pocket

 

 関連記事