【酷い…】菅氏のブレーン、アトキンソン氏が修復を手掛けた日光東照宮がボロボロに!日光市議「なぜこんなことに…」専門家「6年かかる予定の修理が4年で終わったことが関係してるのかも」

Pocket

どんなにゅーす?

・菅総理が絶大な信頼を寄せていることで知られる、成長戦略会議のメンバーに就任することになったD.アトキンソン氏が以前に修復を手掛けた、日光東照宮・陽明門が「見るも無残な姿」(あちこちの塗装がはげ落ち、カビが繁殖)になってしまっていることが話題になっている。

・陽明門の修復を手掛けたのは、アトキンソン氏を社長として迎え入れた、300年以上の歴史を持つ小西美術工藝社。アトキンソン氏が「欧米式の合理主義」を徹底させることで社内の生産性を向上させたことが話題になってきたものの、建築エコノミストの森山高至氏は「6年かかる予定の修理が4年で終わったことが関係しているのかも」と語っており、アトキンソン氏が”手抜き修復”を行なったのではと疑う声が上がっている。

修理に約12億円!「国宝」日光東照宮・陽明門がボロボロのワケ
「平成の大修理」が3年前に終わったばかりなのに

「見てください。酷いと思いませんか。白い塗装部分が黒っぽくなっているのはカビですよ。柱の塗装も剥がれかけて破片が落ちている。これはもう管理以前の問題。なぜこんなことになったのか……」

国宝である日光東照宮の陽明門を指差しながら、そう嘆くのは日光市議の三好國章氏である。陽明門は「平成の大修理」と呼ばれた大規模な修復工事を3年前に終えたばかり。およそ12億円の費用が投じられ、約4年の歳月を要した。

だが、本誌記者が陽明門を見上げてみると、たしかにあちこちが剥がれており、とくに唐獅子の彫刻(2枚目写真)は見るも無惨な姿だった。一級建築士で建築エコノミストの森山高至氏が指摘する。

「伝統的な塗料は扱いが難しい。6年かかる予定の修理が4年で終わったことが関係しているのかもしれません。急いだ結果として剥がれてしまった。カビについては湿気対策の不足が考えられます」

前出の三好氏はこう憤る。

「大修理のために地元の住民は協賛金を出しているんですよ。こんな状況では観光客の方に見てもらえません。日光が湿気が多いところだというのは事前にわかっていたことです。もっと工夫ができなかったのでしょうか」

~省略~

【FRIDAY 2020.9.25.】

日本の国宝を守れ!
文化財修復会社トップは英国人アナリスト

小西美術工藝社 社長 デービッド・アトキンソン

日光東照宮の華麗な陽明門で修復を手がける小西美術工藝社は、300年以上の歴史を持つ老舗の職人集団。その社長は、元金融アナリストで英国人。ひょんなことから社長に就任したが、「伝統」の名の下にどんぶり勘定で生活も不安定だった職人の会社を大改革した。さらに、観光立国を目指す日本の切り札は、貴重な文化財だと主張する。知られざる文化財修復の世界に身を投じた、日本を愛する英国人の「伝統」改革と提言とは?

【カンブリア宮殿(2015年5月21日 放送)】

アトキンソン氏が修復を手掛けた日光東照宮が「未来の日本」を暗示!?菅政権と「竹中&アトキンソン」のレントシーカー軍団が日本を食い尽くす!

これは酷いですね…。
このFRIDAYの写真付きの記事を見るとよく分かりますが、国宝である日光東照宮の陽明門が(12億円もかけて修復したはずが…)見るも無残な姿になってしまっています。

ああ。
6年かかる予定の修理をたったの4年で終わらせてしまったらしく、アトキンソン氏が主導して”手抜き修復”をやった疑いもありそうだ。
表向きには、「筋金入りの親日家」を騙っているのに、「郷に入れば郷に従え」とはならず、欧米式の徹底した合理主義を押し付けている時点で全く共感できないし、しかも、結果として日本のかけがえのない歴史的財産をメチャクチャに壊してしまっているではないか。

それにしても、あまりにも笑ってしまうのは、学術会議に対して「中国のスパイ組織だ!」などと騒ぎまくっている、「自称・愛国保守」の菅サポ軍団の連中だ。
学術会議側も日本政府も「千人計画に協力している」との言説を明確に否定している上に、もし学術会議が中国と何らかの関わりを持っていたとしても、その影響はあまりにも微々たるものだろう。
そんなことよりも、このような「欧米銀行家のスパイ」同然のヤバすぎる人物を菅総理が成長戦略会議のメンバーに招き入れていることの方が、よほど危険で恐ろしいことなのに、肝心の「この件」については、見事なまでに見て見ぬフリの知らん顔
まさに、これらの「自称・愛国者」の連中こそが、欧米のグローバリストの「スパイ軍団」であることが丸出しになってるし、まさに、「愛国者」とは最も程遠い、目先の権益やカネしか頭にないただの守銭奴連中だ。

まっとうな愛国保守であれば、この一件こそ、本気で怒りの声を一斉に上げているはずなのですが…見事なまでに、彼らのウソにまみれた正体が露呈していますね。

そして、(前にも指摘したように)中国共産党とのかかわりを強く批判するのなら、学術会議ではなく、二階一派を筆頭とした自民党そのものを強く批判すべきだ。
「中国がー!」などと学術会議を叩いている自民党自体が中国に相当侵食されている上に、二階幹事長とその一派以外は、ほぼもれなく米英のグローバリストの傀儡(スパイ)議員なのだから、自民党は本当に終わっている。

まさに、竹中&アトキンソンのレントシーカー軍団に乗っ取られてしまった日本の未来は、この東照宮と同じような運命(塗装が剥げ落ち、柱は腐り、建物全体がカビまみれのボロボロに)をたどっていくことになりそうだし、本当の意味で「日本の未来」を真剣に案じる「真の愛国・保守勢力」を一刻も早くに作っていかないと、いよいよこの国はこれらの”ハゲタカ連中”に完全なまでに食い尽くされてしまうだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事