【憲法記念日】「日本会議」系団体が”改憲集会”を開催、安倍総理がビデオメッセージを発表!「2020年に改憲を施行したい思いに変わりない」「違憲論争に終止符を打つ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年5月3日、憲法記念日にちなみ、各地で現憲法に盛り込まれている平和主義や非戦に思いを寄せるイベントが開催された中、長州勢力や大日本帝国を礼賛する宗教組織である日本会議系の団体が「改憲イベント」を開催し、安倍総理がビデオメッセージを発表した。

・ビデオメッセージの中で、安倍総理は「2020年に改憲を施行したい思いに変わりない」ことを強調。その上で、9条に自衛隊の明記を盛り込むことについて「違憲論争に終止符を打つ」と主張し、自身と長州礼賛勢力が狙う”憲法改悪”の実現に向けて声を上げた。

首相「2020年、新しい憲法の施行を」 改憲派が集

憲法記念日の3日、改憲派の集会が各地であった。東京・平河町で開かれた改憲団体「日本会議」系の「公開憲法フォーラム」では、安倍晋三首相がビデオメッセージで改めて「2020年の新憲法施行」への意欲を表明。令和への改元を機に、改憲議論を進めるべきだと訴えた。

安倍首相は、同集会における2年前のメッセージで、「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と述べたことについて、「今もその気持ちに変わりはありません」と言及。9条への自衛隊明記も「違憲論争に終止符を打つ。私は先頭に立って責任をしっかりと果たしていく」と語り、改憲の先導役を担う考えを示した。

~省略~

同集会には、改憲に賛同する与野党の責任者が参加。自民党の下村博文・憲法改正推進本部長は「一度も憲法改正、修正できなかった時代を脱却しよう」と、改憲議論の必要性を強調。公明党の遠山清彦衆院議員は「公明党の基本的姿勢は加憲。この立場から積極的に憲法議論に参加していく」と語った。

集会を開いた「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の桜井よしこ共同代表は、「新しい未来を構築していくため、何としても憲法改正を発議していただきたい」と呼びかけ、国会における憲法審査会での議論の進展を求めた。

また都内では別の改憲派の集会も開かれ、憲法9条を中心に早期の改正が必要などと主張した。

【朝日新聞 2019.5.3.】

↓「現憲法を尊重する集会」の方について、マスコミが積極的に報じようとしていないとの指摘も。

現憲法に思いを馳せる記念日に「改憲」を唱える長州安倍一派と、「憲法遵守義務」を負う安倍政権の国会議員が「改憲」を唱える異常性に触れようとしない腐ったマスコミ!

出典:YouTube

憲法記念日の5月3日、現憲法に思いを寄せるイベントが各地で行なわれた中で、安倍一派の日本会議系団体が「改憲イベント」を開催、その中で安倍総理がビデオメッセージを発表したみたいね。
相変わらず、何が何でも「国民主権」の現憲法を壊して、日本国民の「完全奴隷化」を達成させたいみたいだけど、そもそも、「平和主義」を唱えた日本国憲法施行を記念した憲法記念日に、これを改悪しようとする「改憲イベント」を開くこと自体がおかしいんじゃないかしら!

まったくだ。
本来は、憲法記念日というのは、今でも世界で多くの尊敬を集める日本が誇る平和憲法が施行された日にちなみ、改めて平和や民主主義、非戦の大切さを振り返る記念日であるはずなんだけど…この平和憲法を忌み嫌う「戦争ビジネス勢力」が憲法を壊すためのイベントを開いているのはなんでだろう

それに、ネットでも多くの指摘が上がっているけど、現行憲法において、国務大臣や国会議員において憲法を尊重し遵守する義務が定められており、安倍総理やその配下の政治家らが勝手に「憲法を変えよう」としきりに運動を起こしていること自体がおかしな話だ。

本来であれば、マスメディアがそうした安倍政権の憲法(民主主義)軽視の「危険な行為」について厳しく指摘し、国民にこれを周知させ警鐘を鳴らしていくのが普通なんだけど…見たところ、あろうことか、現行憲法を尊重する集会を”軽視”しつつ、長州安倍一派による「改憲カルトイベント」の方を重点的に報じているふしさえあるようだね。
これは、いわば、日本のマスメディアが「長州礼賛カルト勢力」に取り込まれてしまっているのと同じであり、日本の政治のみならず、マスコミまでもが「大日本帝国再建」を目指す「長州カルト一派」に乗っ取られてしまってきていることを示している。

現在、ネット上では、飯塚幸三氏による「池袋暴走死傷事故」の一件で怒りの声が大噴出しているけど、まさに、こうした「上級国民制度」の源泉こそが、明治維新の際にもたらされた「長州テロリスト勢力」によるクーデターであり、大日本帝国樹立から現在に至るまで、この長州勢力とその支援組織や協力者が「上級国民」として、日本社会の頂点に暗に君臨してきたということだ。

うわぁ~…。
そして、長州安倍政権によるここ数年での強権化・独裁化によって、ますますこの「上級国民制度」が、大日本帝国時代さながらに露骨になってきたってことね。
マスコミによる長州カルト勢力による「改憲イベント」の報じ方をみても、この「特権階級勢力」が再び日本で急速に権力をアップさせているのを感じるわ。

飯塚幸三氏の一件も、マスコミは「事の本質」についてまったく触れようとしないけど、つまりは、あらゆる事案が有機的に繋がっているということだ。
歴史を見れば分かるけど、これら長州テロリスト勢力の背後には、常に欧米のグローバル軍産勢力が(姿を隠しながら)張り付いてきたし、これらの日本にはびこってきた「特権階級制度」も、つまりはグローバル資本勢力の手によるものということだね。

こうして俯瞰的にみていくと、長州安倍一派が現代の日本でここまで独裁的な力を手に入れてるのも、マスコミが安倍一派に徹底的にくみしているのも、その背後にグローバル資本勢力の”力”が掛かっていることが見えてくるし、もちろん、安倍一派が国民を無視して勝手に強行しようとしている”憲法改悪”も、欧米の戦争屋の息が大きく吹きかかっているということだ。

そもそも、「本当に日本が自立していくための憲法改正」をしようとするものなら、日本を完全な支配・管理下に置いているアメリカが黙っているはずがないものねっ!
安倍政権支持層は「日本が自立・独立していくための改憲だ」って主張しているけど、これは悪質な詭弁で、実際には「欧米戦争屋の後ろ盾」があっての”憲法改悪”なのは明白だわ!

そもそも、大手のメディアが、日本会議系の勢力について「保守系団体」なんて伝えていること自体が、とんでもない間違いの元だ。
これは、長州テロリスト勢力を起源に持つ、実質的な軍産カルト団体で、むしろ、日本国家の破壊を進め、欧米主導のグローバリズムを推し進めるための「エセ保守団体」というべきものだ。

「日本を守る」「平和主義を守る」という意味では、安倍政権下での改憲に反対している人々の方が明らかに保守的だし、グローバリストが流布している様々な「騙しの要素」に引っかからないようにしなければならないね。

お陰で私も、日本国内にはびこる様々なペテンや騙しを知ることが出来たし、これからますます、欧米のグローバル資本勢力が主導する、民主主義を破壊して戦争が出来るための「憲法改悪」に全力で反対していくことが大切なんじゃないかしら。

すでに、色々と国内が本格的におかしくなってきているけど、憲法改悪が実現してしまうと、いよいよ日本は「おしまい」になってしまうからね。
グローバリズムの深化による民主主義の破壊や”安倍独裁”が進む中、国民自身が”危機回避”のために積極的に動いていくことが求められることになりそうだ。

Pocket