N国立花孝志代表を警察が事情聴取!二瓶中央区議に対する脅迫容疑!立花氏「僕としては全く問題がない」「人を殴る正当防衛もある」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年9月9日、NHKから国民を守る党の代表で参院議員の立花孝志議員が、東京・中央区議の二瓶文徳氏を脅迫した容疑で警視庁から事情聴取を受けた。

・これを受けて立花氏は緊急記者会見を開催。「今、ただちに辞めることはない」としつつ、「僕としては全く問題がない」「人を殴っても正当防衛ってあるじゃないですか」と主張し、自身には問題がないとの考えを主張した。

N国・立花代表が緊急会見「今、辞めることはない」

NHKから国民を守る党の立花孝志党首は9日、国会内で「緊急会見」と題した会見を開き、この日、警視庁から任意で事情聴取を受けたことを明らかにした。

立花氏が事情聴取を受けたのは、東京都中央区議の男性に言及した動画をめぐる問題。N国関係者によると、この区議男性とN国は金銭トラブルを抱えているという。

~省略~

【日刊スポーツ 2019.9.9.】

「いま直ちに辞めることはしない」警察の事情聴取を受けたN国党・立花孝志党首が会見

~省略~

会見で立花党首は、聴取は中央区議会議員の二瓶文徳氏からYouTubeに投稿した動画で脅迫されたとの被害届があったからだと明かした上で、「脅迫の被疑者、いわゆる犯罪者として取り調べを受けている。しかし、いま直ちに辞めることはしない。有罪になったら辞めないといけないとは思っているが、こういうことをする人が国会議員でいるべきなのかという世論、国民のみなさんがどう思われるか、それをしっかり聞いて、辞めないといけないなら潔くやめないといけないと思っている」と発言。

その上で「脅迫だと受け取られても仕方ない動画をアップしたのは事実だ。しかし僕としては全く問題がない案件。ちょっと例えが正しいかはわからないが、人を殴っても正当防衛ってあるじゃないですか。しかも一般人が一般人に対してではなく、先方も議員、こちらも議員。言いたいことがあるなら、まず私の方に言ってくるべきだ。これが本当に表現の自由を逸脱するような、脅迫に該当するのか。弁護士も早急に検討するということで、事件についての細かい法的な考え方については後日、弁護士と会見する。明後日も15時から月島警察署で任意の聴取がある。最低でも5時間、6時間受ける状態だ」とした。

~省略~

【livedoorNEWS(AbemaTimes) 2019.9.9.】

「こいつの人生潰す」「何が欲しいんやボケゴラァ!」まるっきりヤクザの立花孝志参院議員が、脅迫容疑でついに事情聴取!

出典:YouTube

これまでも、暴力団と見まごうような反社会的な問題行為を繰り返してきたN国・立花孝志代表が、ついに”上納金(130万円)”の支払いなどをめぐる脅迫容疑で警察から事情聴取を受けました。
当然の展開かと思いますが、それにしても「あまりにも遅すぎた」感が否めません。

上の動画を見ても、立花氏が国会議員の資格が微塵もない、ヤクザそのもののような立ち振る舞いを続けてきたことがわかるだろう。
せめて、国会議員になる前にこうなっておくべきだったと思うし、彼を国会議員にしてしまったことに対する日本国民の損失は計り知れないものがある。

これなら、参院選の最後の1議席について、れいわ新選組代表の山本太郎氏が入ってくれた方が日本にとって圧倒的に良かっただろうし、山本太郎氏は100万票近く(比例で断トツ1位)を集めたものの、現在”宿無し”で、新居を求めてさまよい歩いている状態というからね。
日本社会の不条理を強く感じてしまうし、とにかくも、これを機に「立花氏のN国」を国民が責任をもってきちんと片付けておく必要があるだろう。
(こんなN国の幹事長に就任した上杉隆氏も、完全に国民からの信頼を失ってしまったね)

本当に、街頭演説で批判の声を上げた有権者を追いかけまわして”集団脅迫”したり、マツコさんにはあれこれ因縁をつけて恫喝訴訟を宣言したり、過去には「テロ宣言」などなど、この政党はまさにメチャクチャなことばかりを繰り返してきましたからね。
相変わらず、「人を殴る正当防衛もある」などと身勝手なことを言っていますが、洗脳されている人々(バックには在特会などのカルト組織の影も)もいい加減に目を覚ますべきではないでしょうか。

Pocket