菅総理の長男・正剛氏に、総務省幹部への「違法接待疑惑」が浮上!菅総理は、総務相時代に長男を総務大臣秘書官に起用!文春「金券授受の瞬間をスクープ撮」!総務省「事実関係を確認中…」

Pocket

どんなにゅーす?

・現在、東北新社のメディア事業部に勤務している菅総理の長男・菅正剛氏に、総務省幹部に対する「違法接待疑惑」が浮上。週刊文春がスクープ報道した。

・文春によると、総務省の谷脇康彦総務審議官、吉田眞人総務審議官(国際担当)、衛星放送等の許認可にかかわる情報流通行政局の秋本芳徳局長、その部下で同局官房審議官の湯本博信氏の計4名は、20年10~12月にかけて、それぞれが東北新社からの呼びかけに応じ、都内の1人4万円を超す高級料亭や割烹、寿司屋で接待を受け、手土産やタクシーチケットも受け取っていたことが判明。その接待の場に、いずれも菅総理の長男・正剛氏が同席していたといい、違法とされている金券授受の瞬間の写真などが報じられるという。

・また正剛氏は、菅総理が第1次安倍政権で総務相に初入閣した2006年に総務大臣秘書官に起用されており、菅総理の影響や関与を疑う声も噴出。野党からの厳しい追及も避けられない見通しになっている。

菅首相の長男 総務省幹部を違法接待【決定的瞬間をスクープ撮】

総務省の幹部らが、同省が許認可にかかわる衛星放送関連会社に勤める菅義偉首相の長男から、国家公務員倫理法に抵触する違法な接待を繰り返し受けていた疑いがあることが「週刊文春」の取材で分かった。

接待を受けたのは、今夏の総務事務次官就任が確実視されている谷脇康彦総務審議官、吉田眞人総務審議官(国際担当)、衛星放送等の許認可にかかわる情報流通行政局の秋本芳徳局長、その部下で同局官房審議官の湯本博信氏の計4名。昨年の10月から12月にかけてそれぞれが株式会社東北新社の呼びかけに応じ、都内の1人4万円を超す料亭や割烹、寿司屋で接待を受けていた。また、手土産やタクシーチケットを受け取っていた。利害関係者との会食では、割り勘であっても1人当たりの金額が1万円を超える際に義務付けられている役所の倫理監督官への届出も出していなかった。

4回の接待のすべてに同席していたのは菅首相の長男で、東北新社に勤務する菅正剛氏。「週刊文春」は接待の様子を取材、違法とされる金券授受の瞬間などを撮影している。総務省は接待の事実関係を認め、その違法性について確認作業を始めた。

菅正剛氏は、菅首相が第1次安倍政権で総務大臣として初入閣(2006年)した際、総務大臣秘書官に抜擢され、翌07年まで約9カ月同職を務めた。08年に東北新社に入社し、現在はメディア事業部の趣味・エンタメコミュニティ統括部長。また東北新社グループの株式会社囲碁将棋チャンネルの取締役も兼務している。

東北新社は衛星放送チャンネルの『スターチャンネル』や『囲碁・将棋チャンネル』、『ザ・シネマ』などを持ち、それらのチャンネルは、総務省から認定を受けた上で事業運営されている。

~省略~

【文春オンライン 2021.2.3.】

菅首相長男、違法接待か 総務省幹部ら、週刊誌報道

総務省の谷脇康彦総務審議官ら幹部4人が昨年、衛星放送関連会社に勤める菅義偉首相の長男から、国家公務員倫理法に抵触する可能性のある接待を受けたと週刊文春が3日、電子版で報じた。首相は同日、首相官邸で記者団に「まったく承知していない。総務省で適切に対応されると思う」と語った。同省は、事実関係を確認している。

報道によると、首相の長男は衛星放送チャンネルを運営する会社の役員という。同省が許認可権を持っており、同法が禁止する利害関係者からの接待に当たる可能性がある。

~省略~

【時事通信 2021.2.3.】

支持率急落中の菅政権に”ダメージ必至”の大スキャンダル!菅総理の長男が総務省からの不正な利益誘導の”窓口役”に!?

出典:週刊文春

支持率が急降下中に加えて、与党議員の不祥事が連発しており、文字通りに「崩壊寸前」に陥っている菅政権にとって、「泣きっ面に蜂」とも言えるような一大スキャンダルが報じられました。
週刊文春によると、違法接待の決定的瞬間を撮影したとのことで、これらがすべて本当であれば、菅総理が大きな影響力を持っている総務省の幹部に対して、菅氏の長男が”窓口役”になる形で、東北新社に不適切な利益誘導が行なわれていたことになります。

おまけに、菅総理が総務大臣だった時代(第1次安倍政権時)に、長男の正剛氏を総務大臣秘書官に起用していたらしいし、この時に総務省の官僚と長男を結び付けた形で、以降長年にわたって菅家と総務省の「不適切な癒着」が続いてきた疑いがある。
こうした構図を構築することで、菅総理にとっても総務省の官僚をある程度思い通りに支配することが出来る上に、正剛氏にとっても、東北新社の内部で”特別な力”を持つようになることで、会社自体が正剛氏に頭が上がらなくなるわけだ。

言うまでもなく、こうした手口は違法である疑いが極めて強いし、現在総務省は「調査中」とのコメントを出しつつ、対応を協議している状況のようだ。
そして、改めてこうした話を見聞きしても、菅総理は、トーク力やボキャブラリーなどはからっきしダメな一方で、裏で巧みに権力を発揮したり、部下を思い通りに支配したり、一族の影響力を浸透させるなどの陰険な裏工作だけは「天下一品にうまい」ことがよく分かるね。

んもぉっ!
「天下一品」なんてのんきに褒めてる場合じゃないわよぉ~!!
こんな絵に描いたような「悪巧み」を放っておくわけにはいかないし、違法な接待にノコノコとついて行った総務省の幹部はもちろん、こうした裏工作を息子にやらせていた疑いが強い菅総理を徹底的に追及して、しかるべき責任を取らせる必要があるわっ!!

ボク自身も、(イチゴ農家の息子である)菅総理である以上、汚い裏工作や謀略を繰り返してきたことで今の地位に上りつめたことを強く疑ってきたし、(様々な失策などで)少しでも権力が落ちてくれば、たちまち週刊誌による「スキャンダル合戦」などによって”沈没”するような展開を予想していたけど、予想よりもずっと早くにそんな風になってきたね。

それにしても、文春は相変わらず(記者クラブマスコミとは打って変わって)社会を大きく揺るがすようなスキャンダルを次々出してくるものだ
(小川アナの夫による不倫スキャンダルの記事もかなり気になるし…)明日にでも近所のコンビニで買ってこよっかな。

そして、この一件について野党が黙っているはずがありませんし、明日以降の国会についても要チェックですね!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事