菅氏の「トークのダメさ具合」が話題に!NEWS23で意味不明発言を連発!総裁候補同士の討論会無し&「全く問題ない」発言の繰り返しも、トーク力ゼロの実像を隠すため!?

Pocket

どんなにゅーす?

・次期総理が確実視されている菅官房長官について、想像を超えるまでの「トーク力の無さ」が大きな話題になっている。

・9月3日にNEWS23に出演した菅氏は、森友・加計・桜疑獄についても、これまで通りに木で鼻をくくったような答えに終始した上に、その他の諸問題に対する質問についても、言葉に詰まったり意味不明な答えを連発。これまで自民総裁選候補同士で討論が行なわれる予定だった番組を「台風対応のため」などの理由でキャンセルしたり、安倍政権下で「全く問題ない」との発言を繰り返してきたのも、自身のトーク力の無さを隠すための対策なのではと疑う声が上がっている。

菅官房長官のトークのポンコツぶりが話題に!「こんなに喋れないのか」「レスポンス悪すぎ」「話し方教室に通え」

~省略~

象徴的だったのが、3日に『news23』(TBS)に生出演したときだろう。

もちろん、内容もひどかった。森友問題や「桜を見る会」、買収容疑で逮捕された河井克行前法相夫妻への1億5000万円などについても問われたのだが、相変わらずの木で鼻をくくった回答を繰り返すばかり。

森友公文書改ざん問題で自死に追い込まれた近畿財務局職員赤木俊夫さんの妻が再調査を求めていることを繰り返し問われても「結果が出ている」の一点張り、「桜を見る会」問題について管轄する立場にありながら「まったく気づかなかった」「全体として気づかなかった」とありえない言い訳を口にし続ける。

しかし、それ以上に気になったのは、「喋り口」や」「言葉の使い方」だ。まず、答え始めるのがやたら遅くて、放送事故かというくらいに、言葉が出てこないときも珍しくない。ようやく話し始めても、途中でも言葉に詰まる。

しかも、受け応えの言葉が稚拙で、意味がわからない。たとえば、総裁選出馬を決意した経緯について問われると「考えに考えてですね、ある意味で熟慮」、アベノミクスの成果について語るなかで「400万人の新たな雇用をつくっていますから、そういう意味でまず大事なのは雇用だと思います」……これ、日本語としておかしくないか。

あげくは、選択的夫婦別姓の是非について問われ、「私はそこについては……本格的な、本格的と言いますか、働いている人が途中変えないで継続して働くことができるというのは、そこはいいと思います」

「本格的」って、意味がわからない。しかも、現状維持の旧姓併記かビジネスネームレベルのことを持ち出しているのだろうが、その説明すらままならない。とにかく、言葉の使い方がひどくて小学生レベルなのだ。

~省略~

「回答を用意してないと答えられない」「こんな人が総理大臣に?」

この『23』での菅官房長官の喋りの酷さには、さすがに多くの視聴者が気づいたらしく、ネットではツッコミの声が多数あがった。

~省略~

しかしこれは今に始まったことではない。菅官房長官といえば、その「切れ者」という評判とは裏腹に、以前から一部ではそのトークやスピーチのひどさが指摘されてきた政治家なのだ。とにかく、アドリブがまったく効かず、定型文を喋るだけで、中身が何もない、と。

~省略~

【リテラ 2020.9.6.】

ようやく出てきた政権のポリシーが「自助・共助・公助」!想像をはるかに超えるトークの力の無さと頭の回転の悪さに、ネット上でも驚きの声!

出典:Twitter(@kazu10233147)

次期総理がほぼ確実となっている菅官房長官の、想像を超えるまでのトーク力の無さにネット上で驚きの声が上がっています。
特にNEWS23では、相変わらず森友・加計・桜疑獄については、木で鼻をくくったような回答を繰り返した上に、その他の諸問題についても、しばらく言葉に詰まったり、日本語がおかしな意味不明な答えを連発し、早速、自身の無能さを露呈させました。

大手マスコミでは「秋田の農家の息子」「苦学生」「たたき上げ」などとしきりに喧伝されているけど、そう考えるとますます「それじゃあ、一体どうやってここまでの権力を手に入れることに成功したのか?」と強い疑問を感じずにはいられないね。

田崎スシロー氏が、石破氏が自民党内で人気がないことについて「飲み食いの回数が少ないから」なんてついばらしてしまっていたけど、議員生活をスタートさせて以降、徹底して目上の人間や権力者と飲み食いや接待を繰り返し、あの手この手で気に入ってもらえるように根回ししてきた結果、今の地位を手に入れることに成功したことがうかがえるし、今の日本の政界は、「権力者に忠誠を誓い、自ら率先して汚れ仕事(権力者の不正の手助け)に取り組むこと」が、出世するための最大の秘訣であることが見えてくる。

安倍政権下での官房長官の仕事を振り返っても、どんなに核心を突いた都合が悪い質問が出てきても(もっとも、都合が悪い質問をしてきたのは、望月記者などごく一部の記者のみだけど)、「ご指摘のことは全く当たらない」「全く問題ない」を一貫して繰り返してきたけど、これも、自身のトーク力の無さを隠すための対策だった可能性があるし、これまで総裁選候補者による討論会が一度も開かれていない上に、NHKの番組で総裁選候補者3人が出演して討論する予定を「台風対応のため」との理由で欠席したのも、いかに自分がしゃべることが出来ないのかを覆い隠すためだったのではないか?

こんな調子では、いざ本当に総理になった後に、国際会議などで世界に向けて赤っ恥を晒してしまう可能性が高いですし、国会においても、答弁不能が連発した末に大混乱に陥ってしまう懸念があります。

おまけに、これまで「明確なビジョンが見えてこない」「安倍政権のコピーか」などと揶揄されてきた中でようやく明確に出てきたポリシーが、「まずは自分だけでどうにかしろ。それでもだめならちょっとだけ助けてやる」とでもいいたげな「自助・共助・公助」とはね。
「たたき上げ型で庶民の痛みが分かる人」とのマスコミの宣伝文句と真っ向から反する、冷酷な自己責任論者であることがよく分かるし、実際のところ、「庶民の痛みが分かるかどうか」というのは、本人の育ちや環境とはあまり関係がないからね。

(エリート家庭で生まれ育ちながら、貧困に苦しむ子どもたちを支援する活動を続けてきた)前川元文科次官のようなケースもありますし、(超エリート&お金持ちの)鳩山氏の政権の方が、よほど弱者に優しい性質を持っていましたよね。

いずれにしても、やはり、菅政権はあんまり長続きしなさそうだし、おまけに、ますます日本の劣化と衰退が進んでいく予感しかないね。
これまでのマスコミに対する恫喝と懐柔が功を奏して、どうにか誤魔化しつつ総理の座を手に入れることはできても、この先、自身の能力の無さを隠し通すことは無理だし、初めの頃こそ、マスコミ洗脳による効果で「菅フィーバー」が起こったとしても、じきに、あまりの無能さとダメさ加減を事あるごとに次々露呈させて、「じり貧状態」に陥っていくのではないかな?
(だからこそ、政権発足直後の解散総選挙に要注意ということだ。)

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事