菅官邸がNHKニュースウォッチ9に「最大級の圧力」!「学術会議問題」を問い質した有馬キャスターについて、山田真貴子内閣広報官がNHKに「総理怒ってますよ」と恫喝電話!

Pocket

どんなにゅーす?

・菅総理が所信表明演説を行なった10月26日に生出演したNHK「ニュースウォッチ9」に対して、菅官邸が強烈な圧力をかけていたことが判明した。

・番組内では、有馬嘉男キャスターが「学術会議任命拒否問題」について、菅総理に「国民が説明を求めているのでは」と問いただしたところ、「説明できることとできないことってあるんじゃないでしょうか。105人の人を学術会議が推薦してきたのを政府がいま追認しろと言われているわけですから。そうですよね?」などとキレ気味に放言。その翌日、官邸との「窓口役」と言われる原聖樹政治部長に山田真貴子内閣広報官から電話がかかり、「総理、怒っていますよ」「あんなに突っ込むなんて、事前の打ち合わせと違う。どうかと思います」などと強烈な恫喝が行なわれたという。

菅首相が生出演『ニュースウオッチ9』の質問に激怒し内閣広報官がNHKに圧力!『クロ現』国谷裕子降板事件の再来

~省略~

菅官邸によるNHKへの報道圧力を報じたのは、「週刊現代」(講談社)11月14日・21日号。菅官邸が問題視したのは、菅首相が所信表明演説をおこなった10月26日に生出演した『ニュースウオッチ9』(『NW9』)だ。

この日、菅首相は『NW9』で日本学術会議の任命拒否問題について、有馬嘉男キャスターが「国民への説明が必要」と突っ込んだことに対し、キレ気味にこう述べていた。

「説明できることとできないことってあるんじゃないでしょうか。105人の人を学術会議が推薦してきたのを政府がいま追認しろと言われているわけですから。そうですよね?」

つまり、信じがたいことに総理大臣が「説明できないことをやった」と自ら公共放送でゲロったわけだが、問題はこの放送の翌日に起こったと「週刊現代」には書かれている。

〈その翌日、報道局に一本の電話がかかってきた。
「総理、怒っていますよ」
「あんなに突っ込むなんて、事前の打ち合わせと違う。どうかと思います」
電話の主は、山田真貴子内閣広報官。お叱りを受けたのは、官邸との「窓口役」と言われる原聖樹政治部長だったという。〉

山田真貴子内閣広報官は、総務省出身で安倍政権下の2013年から2015年まで広報担当の首相秘書官を務めた人物で、新政権発足で菅首相が官邸に呼び戻した“子飼い”だ。

~省略~

安倍政権のときより強烈な圧力──。いったい、この日の『NW9』で菅首相は何にキレたのか。あらためて振り返ってみよう。

~省略~

そして、生出演の終盤に、話題は所信表明演説で菅首相がひと言も触れなかった日本学術会議の任命拒否問題へ。菅首相は「総合的・俯瞰的」「民間出身者や若手研究者、地方の会員も選任される多様性が大事」などと話したが、この説明に対し、有馬キャスターはこう質問を重ねたのだ。

「総理は国民がおかしいと思うものは見直していくんだということを就任前からおっしゃっていたと思います。で、この学術会議の問題については、いまの総合的・俯瞰的、そして未来的に考えていくっていうのが、どうもわからない、理解できないと国民は言っているわけですね。それについては、もう少しわかりやすい言葉で、総理自身、説明される必要があるんじゃないですか?」

「国民に説明を」と繰り返されてキレた菅首相 国谷裕子のときとそっくり

しかし、この質問に対して菅首相は「私が任命する105人について、学術会議が選考して持ってきちゃうんです。それを追認するだけなんです」などと強弁。相変わらず任命拒否の理由にまったくなっていない上に、法に則っておこなわれている学術会議側の選考・推薦を「持ってきちゃう」などと言い出す始末で、まさに滅茶苦茶だったのだが、有馬キャスターは粘りを見せ、こう畳み掛けたのだ。

「あの、多くの人がその総理の考え方を支持されるんだと思うんです。ただ前例に捉われない、その現状を改革していくというときには大きなギャップがあるわけですから、そこは説明がほしいという国民の声もあるようには思うのですが」

「多くの人がその総理の考え方を支持されるんだと思うんです」という前置きは明らかにへっぴり腰だが、それでも「国民に説明を」と食い下がった有馬キャスター。だが、この食い下がりに菅首相はキレて、冒頭でも紹介した「説明できることとできないことってあるんじゃないでしょうか」という発言を繰り出すことになったのだ。

~省略~

【リテラ 2020.11.12.】

「権力快感おじさん」こと菅総理!少しでも気にいらない質問を受けると、すぐに子分を通じて「最大限の脅し」!

出典:Twitter(@kjhghg)

「権力快感おじさん」こと菅総理の”トンデモ独裁ぶり”がどんどん明らかになってきているわねっ!
しかも、菅総理が気に入らなかった有馬キャスターによる質問内容を見てみたら、これ以上ないくらいに忖度しまくりの「へっぴり腰状態」ですし、たったこれだけで激しく機嫌を損ねるって、どれだけ傲慢で思い上がってるのよっ!?

こうやって、少しでも気に食わない質問をしたキャスターやコメンテーターなどに最大級の恫喝を行ない、下々がこれに震えがっている様子を見ると、これがまた「快感」になってしまい、やがては「さらなる快感」を求めてどんどん独裁や脅しがエスカレートしていく恐れがあるね。

安倍前総理もそうだったけど、「ちょっとしたことですぐに腹を立てる」といった、非常に狭量・偏狭で心に余裕が持てていない”チキン”や”小心者”が総理に就任するケースが続いているし、これは非常に危険な傾向だ。
一般の社会や身近な人間関係においても同じことが言えるけど、どんな時代においても、「心に余裕がある人、器が大きな人、ちょっとやそっとのことで精神を乱さない人」というのは、おのずと多くの人から慕われ、信頼されるものだし、一方で、寛容さに欠けていたり、自分自身に自信を持っていない人間というのは、自ずと「力」(暴力や脅しなど)を用いて人を付き従わせようとするものだ。
何よりも、菅総理のような、ちょっとしたことですぐに腹を立て、暴力を用いて思い通りにさせようとする人間が日本のトップに立ち続けていれば、これまで以上に日本社会全体において同じような独裁・パワハラ気質が蔓延するようになり、日本社会そのものがますます息苦しく生きづらいものとなってしまうだろう。

日本社会全体においても、心に余裕がない人が増えてきているように感じていたけど、元々、古くから奴隷気質・忖度気質のようなものが根底に存在してきた中で、菅政権のような”恐怖政治”が横行するようになれば、ますます社会の中から優しさや寛容性などが消えては、夢や希望もない世の中になっていってしまうような気がするわ。

とにかく、人の上に立つ人間は「寛容さ」や「器の大きさ」はマストであり、その時点で菅総理は総理になる資質も才能もゼロであるということだ。
こんな些細なことで腹を立てては、NHKを震え上がらせるほどの最大級の脅しをかけているのだから、日本政府そのものがとんでもないくらいの恫喝(パワハラ)気質&独裁状態に向かっていく危険があるし、「権力快感おじさん」を甘く見えていると、想像を超えるような「恐ろしい事態」になっていってしまうかもしれないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事