「権力快感おじさん」こと菅総理が「学術会議問題」答弁で度々フリーズ!国民には「自助」を求めるのに、自分は秘書官らに助けを請いまくり!

Pocket

どんなにゅーす?

・お笑い芸人のプチ鹿島氏が「権力快感おじさん」と評した菅総理が、学術会議任命拒否問題における国会答弁で度々フリーズ。矛盾や支離滅裂の度合いが増し、国会議論や質疑応答が成立しない事態になっている。

・さらには、自身の力で答弁することが出来なくなり秘書官らに助けを請う場面も相次いでおり国民には「自助」を求めるのに自身は真っ先に「公助」を求めている菅総理に、国民からの怒りが噴出している。

プチ鹿島命名 菅首相は本当に「権力快感おじさん」だった! 自ら口にしていた「権力=快感」発言と恐怖支配の実例総まくり

~省略~

プチ鹿島は、『政治家の覚悟』の版元である文藝春秋の「文春オンライン」に掲載された書評で、〈実はヤバい部分はたくさん掲載されていた〉と同書を紹介。〈総務相時代に同省のNHK担当課長を更迭したことを誇らしげに書いている〉ことや、この担当課長を更迭したときのことを菅首相自身が〈《「いいから、代えるんだ」と押し切りました。》と自慢げに書いている〉ことなど、気に食わない官僚や意見を排除していくさまを〈「強い口調」のオンパレード〉で自ら開陳していると指摘。その上で、毎日新聞に掲載された、菅首相の官房長官時代の番記者だった秋山信一記者の記事を引用している。

その記事とは、こういうものだった。

〈19年11月に安倍晋三首相(当時)の通算在任日数が歴代最長になった時だった。議員宿舎に帰宅した菅氏は「長く続けることがおめでたいわけではない」と言った上で、「権力」について「重みと思うか、快感と思えるか」とボソッと語った。重圧に潰されないようにするためには、思うように政策を進める快感を力に変えられるかどうかだということだ。〉(毎日新聞10月2日付「記者の目」)

そして、プチ鹿島は〈権力を行使するのは重みではなく「快感」。ギョッとする。権力者はその力を抑制的に使うはずだが、快感らしいのだ〉とその「ヤバさ」をあきらかにし、最後には菅首相を〈権力快感おじさん〉と命名したのだ。

このプチ鹿島による書評が公開されると、Twitter上ではこの秀逸な〈権力快感おじさん〉というワードが話題に。〈権力快感おじさんとは言い得て妙〉〈権力快感おじさんの語感やばいなww笑えんけど〉〈「権力快感おじさん」絶対上司にしたくないし、首相なんてもってのほか〉〈「権力快感おじさん」はパンケーキおじさん、令和おじさんを遥かに超えるパワーワードなので、マスコミ各社積極的に使ってもらいたいですね〉などと感想が溢れた。

官僚の意見に耳を傾けることもなく「いっさい口出しするな!」などとシャットアウトし、人事権を行使して意に沿わない官僚は排除してゆく……。だが、もっとも恐ろしいのは、こんな強権的な側面を得意気に披露し総理大臣になったいまも著書から削除しなかったことのほう。“権力を振るうのは快感”という発言からもわかるように、つまり、菅首相はこのことをまったく異常だと思っていないのだ。

~省略~

【リテラ 2020.11.4.】

「自助」どこへ? 菅首相の丸投げ答弁に野党議員あきれ顔

~省略~

菅首相は、野党議員から学術会議問題について厳しく問われるたび、慌てて後ろの秘書官を振り返ってゴニュゴニョ。そこで受け取ったメモや答弁書をぼそぼそと読むばかりだったから呆れてしまう。

さらに総理答弁を求められているにもかかわらず、知らん顔して加藤官房長官に答弁を丸投げした後で、「官房長官の言う通り」を連発だ。野党議員がため息交じりにこう言う。

「菅首相は『まずは自分でやってみる』と繰り返し強調していたのに、国会答弁では『まずは秘書官、そして官房長官』だから話にならない。これでは公助(秘書官)、共助(官房長官)、そして自助(自分)。キャッチフレーズも変えたほうがいい」

まさか菅首相は野党の追及に対して、「もう勘弁して」などと「絆」を求めているのではあるまいな。

【日刊ゲンダイ 2020.11.5.】

「自分に甘く他人に厳しく」を地で行く菅総理!「学術会議問題」において、あらゆる理屈が完全に破綻&議論や会話が成立しない事態に!

出典:Twitter(@kjhghg)

これまでも支離滅裂な国会答弁を続けてきた菅総理ですが、ついに(壊れかかったPCのように)フリーズする場面が多発するようになってきました。
もちろん、菅総理自身の頭脳では、任命拒否の合理的な理由を説明できるはずもなく(そもそも、どこから見ても違法なので論理的に説明すること自体が不可能)、国会議論そのものが成立しない事態になってきました。

菅総理の「自分に甘く他人(国民)に厳しく」政治家としてあるまじき性質も丸出しになってきているし、プチ鹿島氏が名付けた「権力快感おじさん」のあだ名はまさに傑作だ。
おまけに、官房長官時代に菅総理が語っていたとされる「(権力について)重みと思うか、快感と思えるか」「思うように政策を進める快感を力に変えられるかどうかだということだ」というのはなかなか強烈だし、(前から感じてきたけど)どうも「選挙で選出された以上、どんなことをやっても(違法行為も)許される」などと考えている節があるように見える。

(グローバル資本勢力に対して「徹底した売国」を誓ったことで)総理の椅子に座ることが出来た今、さぞかしえもいわれぬ快感に震えているのだろうし、数々の失政や支離滅裂な答弁を追及されればされるほど、より強い”快感”を求めて、ますます強権的で独裁的な暴挙に出てくる危険性もある。

「権力をふるうことに快感」を感じ、こうした快感に病的なまでに取りつかれてしまうと、いずれ、「権力快感おじさん」が本格的に暴走し、恐ろしいことが起こってしまうかもしれません。

いよいよ、「令和おじさん」「庶民の心が分かるパンケーキおじさん」の化けの皮が本格的にはがれてきた感じだし、今のうちに「権力快感おじさん」の権力を本格的に削いでおかないと、取り返しのつかないことになってしまうかもしれないよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事