志村けんさん、新型コロナで死去…日本中が強いショックと悲しみ!世界でも「日本の喜劇王の死」として報じられる!芸能界やスポーツ界にも広がる「COVID19」の恐ろしさ!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年3月29日夜、タレントで人気コメディアンの志村けんさん(70)が、新型コロナウイルスによる肺炎により、都内の病院で死去した。

・数多くのギャグや傑作コントを生み出してきた志村さんの突然の死に、芸能界のみならず日本国民の間で大きなショックと悲しみが広がっており、海外メディアにおいても「日本の喜劇王の死」などと大きく伝えられている。

コメディアンの志村けんさん死去 新型コロナ感染で肺炎発症

~省略~

志村けんさんは3月17日にけん怠感などの症状が出たあと、東京都内の病院で重度の肺炎と診断されて入院し、25日に所属事務所が新型コロナウイルスへの感染を公表しました。

その後、治療が続けられていましたが、事務所によりますと、29日午後11時すぎ、新型コロナウイルスによる肺炎のため、東京都内の病院で亡くなったということです。

志村さんは昭和25年に東京 東村山市で生まれ、高校時代に、いかりや長介さんをリーダーとする人気コミックバンド「ザ・ドリフターズ」の付き人となり、昭和49年に正式なメンバーとなりました。

民放の公開バラエティー番組「8時だョ!全員集合」では持ちネタの「東村山音頭」や、チョビひげ姿で加藤茶さんと踊る「ヒゲダンス」などを披露し、一躍人気メンバーとなりました。

その後も自身の冠番組で「バカ殿様」や「変なおじさん」などの個性的なキャラクターを生み出し、「アイーン」や「だっふんだ」などのギャグは世代を超えて親しまれてきました。

~省略~

海外メディア「日本の喜劇王が亡くなった」

志村けんさんの死去を海外のメディアも大きく伝えました。

ロイター通信は「1970年代初期から活動を続ける志村さんは日本で最も有名なコメディアンの1人だ」として、志村さんの功績を報じました。

AP通信は「彼のドタバタ劇とおかしな表情はすべての世代を魅了した」と伝え、志村さんが出演した数々の番組を紹介しました。

さらに香港のメディアは「日本の喜劇王が亡くなった。志村さんは日本のお笑いの地位を確立させた」と伝えました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.3.30.】

志村けんさんの訃報に、日本だけでなく海外メディアも大きく報道…新型コロナ(COVID-19)の恐ろしさがますます明らかに!

出典:志村けんオフィシャルブログ

志村けんさんが新型コロナによってこの世を去ったとのニュースが、日本中だけでなく、世界でも大きく伝えられているようです。
日本の芸能界のみならず、国民の間でも大きなショックと悲しみの声が上がっていますが、この件は、私たちに新型コロナ(COVID-19)の恐ろしさを、改めて強烈に印象付ける形になったといえそうです。

早速、日本のテレビでは、志村けんさんのコメディアンとしての軌跡や感謝の思いを前面に出すような報道が全開になっているけど、もちろん、こうした報道も今夜や明日くらいはあってもいいだろう。
しかし、志村けんさんの悲劇の死は、まさに明日のボクたち自身であり、こんな風に、容赦なく人の命を奪う新型コロナウイルスが、芸能界のみならず、ボクたちのすぐ身近に迫っている…いや、すでにボクたちのすぐ隣に存在していることを示している。

この先、芸能界においても次々と感染者が発覚しても何らおかしくないし、正直言ってしまうと、志村さんの死を「これまでありがとう!」とのんびりと悼んでいる暇もないような事態だ。
安倍政権による「PCR検査を極力抑制する手法」により、無症状の感染者が大量に市中感染を広げている実情がここに来て大きく露呈してきた感じだし、以前に述べたように、安倍政権による「徹底した感染隠蔽政策」によって、奪われずに済んだ命が次々と奪われてしまう事態がいよいよ現実味を帯びてきているよ。

スポーツ界においても、感染が徐々に広がってきている実情が表に出てきていますし、「本当の危機的事態はこれから」であるといえそうです。
志村さんの死は本当にショッキングで悲しいことですが、彼と同じような事態に見舞われてしまわないためにも、私たち自身が出来る限りの予防策を引き続き徹底していく必要がありそうです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事