【ようやく】日テレが佐川国税庁長官に直撃インタビュー!「文書の書き換えの話は本当でしょうか!?」佐川「・・・」

Pocket

どんなにゅーす?

森友公文書の偽造疑惑による追及がより激しさを増してきている中、、日本テレビが大手マスコミとして初めて、渦中の佐川国税庁長官への直撃インタビューを行なった。

「森友文書」書き換え疑惑 佐川長官を直撃

森友学園への国有地売却問題で財務省が決裁文書を書き換えた疑惑について、日本テレビは5日朝、売却交渉の経緯を国会で説明していた佐川国税庁長官に取材した。

――(文書の)書き換えを指示したという話がありますが事実でしょうか?

佐川国税庁長官「・・・・・・」

【日テレNEWS24 2018.3.5.】

森友疑獄での虚偽答弁→国税庁長官の大出世以降一切の姿を見せなかった佐川氏、ようやくテレビ初登場!

出典:YouTube

安倍総理に「彼こそ官僚の鏡」と大絶賛されている佐川国税庁長官に対して、ようやく日本テレビが直撃取材を行ないました。
ネットでは「ようやくかよ」「まあよくやった」との反応が出ていますが、予想通りに、佐川氏は一切の言葉を発さずに車に乗り込み、そのまま去って行きました

国会では犯罪級の嘘の答弁を繰り返し、恒例の国税庁長官の就任会見も放りだし、国民にも一切の説明もしないで凶悪犯のような逃亡生活を繰り返すような官僚が、安倍総理に言わせれば「これぞ官僚の鏡」ということだ
しかも、今度はいよいよ懲役刑に値するほどの重大な犯罪行為の可能性が高まってきたわけで…当時の担当者だった佐川長官はもちろん、麻生財務相、そしてこの事態を作り出した張本人の疑いが極限まで高まっている昭恵夫人と安倍総理ともども、全員が辞職および刑事事件の捜査対象になる段階に差し掛かっているといえる。

これはすでに、韓国の朴槿恵政権の疑獄を上回る事態に発展しているし、まともな民主主義国家であれば、当然のごとく、朴槿恵政権と同じ道を辿ることになるだろう。まともな国ならね。

朴槿恵前大統領は検察から懲役30年を求刑されていますが、本来であれば安倍夫妻もこれと同じ道を辿ることになるということですね。

いまだにテレビでは追及の手がまだまだ弱いですし、どうも佐川氏や麻生財務相ばかりにスポットを当てており、この事態を招いた大元である昭恵名誉校長や安倍総理の追及がほとんどなされていませんので、今後も私たちが大きな声を上げていくことで、いまだに忖度体質が抜けきれないマスコミにプレッシャーを与えていく必要がありますね。

今後も、佐川長官はもちろん、前代未聞の異常な人権侵害にさらされている籠池夫妻をよそにお遊びに興じている昭恵夫人にも徹底的に取材攻勢をかけて、この問題を厳しく追及する必要があるね。

おススメ記事&広告

 
Pocket