【驚き】昭恵夫人、今年もまた蔵王の”安倍トモ”スキーイベントに参加か!?スキー場関係者「超お忍びで来ると聞きました」

Pocket

どんなにゅーす?

・森友疑獄においての「公文書偽造」も明らかになり、かつてなかったほどに昭恵夫人の証人喚問を求める国民の声が高まっている中、昭恵夫人は今年も、蔵王で毎年行なっているスキーイベント「私をスキーに連れてかなくても行くわよ」に参加するとの情報が出ている。

・日刊ゲンダイによると、スキー場関係者は「(昭恵夫人は)超お忍びで来ると聞きました」と証言。この情報を元に宿泊施設の関係者に取材したところ、言葉に詰まった挙げ句「存じておりません」と口をつぐんだという。

昭恵夫人は懲りていない? 今年も“蔵王でスキー”の怪情報

ナント! この週末、昭恵氏が山形・蔵王温泉スキー場で開かれているイベントにお忍びで出席する――との仰天情報が永田町で駆け巡っている。

イベント名は「私をスキーに連れてかなくても行くわよ」。毎年、この時期に蔵王温泉スキー場で開かれていて、常連の昭恵氏は昨年も参加。森友問題で国会がテンヤワンヤする中、渦中の人物でありながら遊んでいたことが問題視された。さすがに今年は自粛するだろうと思っていたら、「超お忍びで来ると聞きました」(スキー場関係者)というから驚きだ。

「イベント関係者はとにかく隠密に行動していて、昭恵さんが来るのをマスコミに気付かれないようにしています。昨年と違って、イベント自体の告知もネットに公開されておらず、町内の地区回覧板に出しただけ。昭恵さんの宿泊先は2日が山形市内のホテル、3日が同じ市内の高級旅館の予定です。イベントの最中は人目につかないようゲレンデの上で待機してやり過ごすと聞きました」(前出のスキー場関係者)

~省略~

イベントの主催者に問い合わせると「(昭恵夫人が)来るかもしれないし、来ないかもしれない。ただ、参加者は来るかどうか知っていると思います」と“珍回答”。ならば滞在予定とされるホテルに確認すると、応対した従業員は一瞬、言葉に詰まった後、「存じ上げません」だった。

【日刊ゲンダイ 2018.3.3.】

国民が要求し続けている国会には決して行こうとせず、ドンチャン騒ぎの恒例スキーイベントには今年も姿を隠しつつ参加か!?

↓昨年まではこうして大々的に宣伝をしていたものの、今年は一切の宣伝を行なわず…。

出典:私をスキーに連れて行かなくてもいくわよ

はあああ~!?
すでに森友疑獄では公文書の偽造まで発覚して、国家犯罪を追及する段階に入っているっていうのに、渦中の”元名誉校長”は、また今年もこの”軽薄”スキーイベントに参加するっていうの!?

一体この首相夫人はどこまで一般常識が欠如しきったクレイジーなのよ!?

まったくもって恐ろしい人物だ。
ちなみに、スキー以外にもバーやディスコパーティーなど、昭恵夫人も垂涎モノのドンチャン騒ぎの要素が盛りだくさんの浮世離れしたイベント、一体誰が企画し参加しているのかと思ったら…先日に頭を抱えたくなるような幼稚な愛国カルト&ヘイトスピーチのネット工作が発覚した日本青年会議所の山形ブロックが協力しているほか、複数の大企業が協賛、さらには安倍総理と同窓生のホイチョイ・プロダクションズの馬場康夫社長が実行委員会の顧問を務めているという、典型的な「安倍トモイベント」だ。

つまり、昭恵夫人にとっては、小金持ちで思考停止のアベ支援者が多く集まるイベントだからこそ、姿を隠してでも参加したくて仕方ないのだろうし、今回のスキー場関係者の証言や運営側のコメント、宿泊施設のフリーズしたような反応を見る限り、昭恵夫人は今年も参加する方向で話が進んでいるということなのだろう。(というか、2日・3日と山形市内の宿泊施設に泊まる予定とのことなので、すでに参加したということか?)

ここまで来ても、全く反省もゼロで真剣に国民に説明もする気も一切ない以上、もうこの夫人は手の施しようがないわっ!!
私たち国民自身がこの夫婦を日本のトップから引きずり下ろさない限り、もうこの夫人の道楽と国家の私物化はストップさせることは不能ってことじゃないのよ!

とにかく、一日も早くに総理夫人の座を降りてもらい、(刑事罰を含めた)しかるべき社会的責任を取った後に、ようやく好きなだけ遊んでもらいたいモノだね。

おススメ記事&広告

 
Pocket