小川淳也議員が、NHKによる「野党イジメ(安倍賛美)報道」を批判!NHK木田専務理事が「自主的な編集判断」との答弁繰り返し、質疑が中断!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年3月14日の衆院総務委員会の中で、立憲会派の小川淳也議員が、近年のNHKの安倍官邸と”共謀”した悪質なプロガンダ報道を批判「ニュースウォッチ9」において、自らの国会演説を意図的に大きくねじ曲げ、安倍賛美の世論誘導を行なったことを指摘した。

・ネット上や有識者からも多くの批判が上がっている中、NHKの木田幸紀専務理事は、「自主的な編集判断」との答弁を繰り返す事態に。質疑が中断し、野党から強い批判が相次いだことで、ようやく「結果としてこのようなご指摘を頂いたことは真摯に受け止める」と述べた。

NHK、野党の「政権寄り」批判に「真摯に受け止める」

新年度予算案の衆院通過をめぐる与野党の攻防があった3月1日のNHK報道について、立憲民主党会派の小川淳也氏が14日の衆院総務委員会で「野党の主張を報道の骨子に取り入れてない。政権与党に都合のいいことを言う(報道)という批判がある」と指摘した。NHK幹部は最終的に「指摘は真摯(しんし)に受けとめる」と応じた。

小川氏が問題視したのは1日の「ニュースウオッチ9」。統計不正への対応が不誠実だとして野党6党・会派が同日提出した根本匠厚生労働相の不信任決議案に関する2時間弱の小川氏の趣旨弁明を取り上げた。

番組は小川氏が議場の演壇で水を飲む場面を3回映し、「途中何度も水を飲む姿に議長は」とのナレーションとともに「少し早めて結論に導いてください」と呼びかける大島理森議長の姿を放送。その後、小川氏の主張を「ただの審議引き延ばしのパフォーマンス」とした与党の反対討論を使用した。

小川氏は「(統計不正批判で紹介した)川柳と、あたかも時間を引き延ばすかのように水を飲んだ部分しか取り上げていない。なぜ野党の主張を骨子に入れなかったのか」と指摘。大島氏の発言についても「水を飲んだことに対し議長が注意したかのような報道のされ方は事実と異なる」と主張した。

NHKの木田幸紀専務理事は「自主的な編集判断」と繰り返し答弁。野党が反発して委員会審議が中断すると「結果としてこのようなご指摘を頂いたことは真摯に受け止める」と述べた。

~省略~

【朝日新聞 2019.3.14.】

↓NHK木田幸紀専務理事は、報道内容について「(小川議員による)水分補給の際に…」に微妙にねじ曲げるも、小川議員に「途中何度も水を飲む姿に…」と報じていたことを指摘される(18分55秒くらい~)。

小川議員が、「森友スクープ」を機にNHKを追われた相沢冬樹記者の書籍を挙げつつ、NHKによる「安倍礼賛体制」を批判!NHK側は「不偏不党の精神で…」との判で押したような答弁繰り返す!

出典:YouTube

最近、ネット上でも高評価を受けつつある立憲会派の小川淳也議員が、(当サイトでも紹介した)自身の演説を不当に大きくねじ曲げ、「安倍礼賛」の世論誘導を展開したNHKを厳しく批判しました。
国会議員がマスコミの報道内容について強く批判をするのは、出来ればなるべく避けたいところなのですが…ここまでNHKが露骨に安倍官邸と一体化してしまっている以上、やむを得ないことかもしれませんね…。

多かれ少なかれ、マスコミ報道というのは、制作者側の意図や考えなどが反映されるものだし、それ自体は悪いことではないんだけど、まず「大前提」として、民主主義国家におけるマスコミというのは「国民側の立場から権力を厳しく監視し、隠されている不正や腐敗などを明るみにし、国民に広く伝える」という、大きな使命・役割がある。
現在のNHKは、どこからどう見てもこの「大前提の使命」を完全に放棄しているように見える上に、露骨に安倍官邸と密着し、さらには安倍政権による「権力強化」と「国民統制」をサポートするべく、一線を越えるほどの悪意ある編集の下に、さらにはフェイクニュースと言ってもいいほどに事実をねじ曲げた内容で小川議員をこき下ろすような報道を行なったことは確かだ。

「森友スクープ」を相次いで報じたことでNHKを追われてしまった相沢冬樹記者による証言を聞いても分かるけど、現在のNHKは、ほとんど安倍政権と一体化してしまっている以上、国民を不当に支配・抑圧し、国民の思考をコントロール(洗脳)している「権力の一部」として、野党議員がNHKの姿勢を強く批判するのは当然だと思うし、まあ仕方のないことだね。

しかも、小川議員に論理的に指摘されたNHK側は、以前にあった共産・山下議員からの追及同様に(上田会長筆頭に)「公平公正・不偏不党の精神に則り…」との判で押したような”おふざけ答弁”を繰り返しており、この、人をバカにするような「壊れたテープ」のような答弁は、まさしく、安倍官邸に飼い慣らされた”忖度官僚”そのものだ。
野党議員から厳しく咎められた木田専務理事は、最終的に「結果としてこのようなご指摘を頂いたことは真摯に受け止める」などと答弁したけど、こうした国民に対してとことん不誠実な姿勢をみても、現在のNHKの「安倍トモ同然」の報道姿勢や腐った体質がとてもよく分かるね。

高い受信料を半強制的に徴収しながら、ここまで国民に有害な洗脳報道を繰り返しているのですから、これほど悪質なことはありませんね。
しかも、小川議員からの指摘に対しても、反省する素振りも見せずに不誠実な対応を繰り返しているように見えますし、国民側で「現在のNHKの実態」を多く共有しながら、NHKに多くの「視聴者からの生の声」を届けていくことで、これ以上のNHKの腐敗と政権賛美のプロパガンダ報道を止めることが必要ではないでしょうか。

小川議員による質疑文字起こし(小川淳也議員、NHK・上田良一会長と木田幸紀専務理事に3・1報道について問う)

Pocket

 

おススメ記事&広告