■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【真っ黒】菅総理、官房長官時代に官房機密費の総額の90%(86億円超)を自身に支出!1日平均で307万円!何に使用したのかは一切不明!→ネット「何に使ったんだ?」「これのどこが苦労人なんだよ」

【真っ黒】菅総理、官房長官時代に官房機密費の総額の90%(86億円超)を自身に支出!1日平均で307万円!何に使用したのかは一切不明!→ネット「何に使ったんだ?」「これのどこが苦労人なんだよ」
Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権時のおよそ7年8か月余りの中で、菅総理が官房長官在任時に「自身に支出」した官房機密費が総額86億8000万円超であることが判明した。

1日平均で換算するとおよそ307万円にも上り、領収書不要の”闇カネ”である巨額の官房機密費を菅総理が一体何に使用したのか、多くの疑いの声が上がっている。

菅氏、1日307万円×2822日支出
官房機密費の“つかみ金”86億円超
総裁選中もきっちり使う

菅義偉首相が内閣官房長官に在任した7年8カ月余(2822日)で自身に支出した内閣官房機密費(報償費)は86億8000万円超だったことが、本紙が情報公開で入手した資料で判明しました。支出した官房機密費の総額95億4200万円余の90・97%を菅氏は、自身の“つかみ金”として1日平均307万円をつかった計算になります。(矢野昌弘)

昨年8月28日、安倍晋三首相(当時)の突然の辞任表明で、自民党内は総裁選一色に染まります。

菅氏が総裁選への出馬を表明したのは、9月2日のこと。その前日の1日に菅氏は、官邸内にある官房機密費1億3200万円余のうち、9020万円を菅氏自身が自由につかえる領収書不要の「政策推進費」に振り分けました。

本来、官房機密費は「内閣官房の行う事務を円滑かつ効果的に遂行するために、当面の任務と状況に応じて機動的に使用する」経費です。

~省略~

菅氏は昨年9月14日に自民党新総裁となり、同16日に首相に指名されます。16日に官房機密費の引き継ぎを行った際には、9月に入ってからの16日間で、4820万円を菅氏が使っていました。総裁選中もきっちり1日平均300万円をつかった計算です。

菅氏が使い残して、年度末に国庫に返納した官房機密費は12年度~19年度分をすべてあわせても40万5000円余です。

1日平均300万円までつかうことが“既得権益”になっていなかったのか―。官房機密費のあり方とともに菅氏の姿勢が問われます。

【しんぶん赤旗 2021.1.4.】

菅総理、官房長官時代に莫大な官房機密費を浪費!「一体何に使用したのか?」国民から疑いと怒りの声が広がる!

出典:Twitter(@tohohodan)

1日平均で307万円もの官房機密費を使い込んでいたなんて、どう考えてもまともな話じゃないわっ!!
おまけに、その使い道も一切不明(届け出る必要なし)だなんて、この制度そのものがおかしいとしか言いようがないじゃないのよっ!!

ほんと、どうしてこんな「合法的な闇カネ」のようなシステムがあるのかが疑問だし、こうなると、言うまでもなく、「表立って国民に明かせないような事柄」に官房機密費(政策推進費)が優先的に投じられることになる。
軽く想像して考えつくところだと、この政策推進費に投じられているのは、ネット工作関連の費用マスメディアを監視したり恫喝・懐柔したりするための費用だけど、後は、財界の重要人物などとの会食の費用や、酷いところだと、完全なプライベートの事柄などにこっそりと官房機密費を使ってしまったケースも疑われる。

もちろん、こうした菅総理の実態は、「苦労人」「たたき上げ」などといった評判とは程遠い「特権階級」そのものだし、イチゴ農家の息子から自民党の権力者らに徹底的に擦り寄り、ひたすら媚びを売り続けてきた結果、こうした「強大な権力者の地位の一角」に就くことに成功したということだろう。

こうした怪しすぎる内情が浮かび上がってきた以上、野党は菅総理の官房長官時代の官房機密費の使い方や使い道について、徹底的に調査・追及していかないといけないし、本来あるべき用途とは程遠い「不公正な使用」があったのかどうかについても、しっかりと調べていく必要があるんじゃないかしら!?

そして、(国民にとって著しく不利益な用途に使われる可能性が非常に高い)官房機密費そのものの在り方や是非についても、国会内で議論をしていくことも行なった方がいいかもしれないね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事