NHKが伊藤詩織さんを特集も、やはり山口敬之氏や中村格氏には一切触れず!詩織さん「諦めずに頑張ってくれたディレクターの方々の姿勢に励まされました」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年12月26日に放送された「NHKニュースウォッチ9」の中で、世界に広がっている性被害を受けた女性たちによる「#MeToo」運動を紹介。「安倍総理の代弁者」として知られるジャーナリスト・山口敬之氏による薬物レイプ被害を訴え続けている伊藤詩織さんが大きく取り上げられた

・ところが、安倍総理と深い交友を持つ加害者の山口敬之氏や、山口氏の逮捕中止を命じた菅官房長官の秘書官も務めた中村格刑事部長(当時)などについては一切触れず、ネット上では疑問の声が多く上がっている。

・また、伊藤詩織さん本人も放送に際してコメントを出しており、かなり以前からNHKの取材を受けていたものの、ここまで全く放送されてこなかったことや、ようやく放送まで漕ぎ着けた背景に、同世代のディレクターらの尽力があったことを明かした。

詩織さん本人は、「報道することを諦めずに頑張ってくれたディレクターの方々の姿勢に励まされました」とコメント!

出典:Twitter(@nhk_nw9)

出典:Twitter(@tkatsumi06j)

NHKのニュースウォッチ9で、突如伊藤詩織さんが大きく取り上げられたことに驚きの声が多く上がっています。
しかし、(やはり)詳しい事件の経緯や、加害者の山口敬之氏と直前で山口氏の逮捕中止を命じた中村格氏らのことは一切触れておらず、ネット上では批判や疑問の声が多く噴出している状況です。

ボクも、「一体どういう風の吹き回しだろう」と思いつつ、(事件の詳細に触れようとしないことに)相変わらずNHKのダメさ加減を痛感していたところだったけど…伊藤詩織さん自身がこの放送に際してネット上でコメントを発表
どうやら、かなり前よりNHKから取材を受けていたものの、これが全く放送されなかった中で、一部のディレクターらの努力によって、ようやく彼女の存在や現在の世界各国での活動がNHK内で取り上げられたという実情があったっぽいね。

詩織さん自身は、ここまで放送に繋げてくれたNHKのスタッフに感謝しつつ、彼らを気遣っている様子が見えるけど、こういう話を聞いても、いかに日本のマスメディアが「強烈な放送規制」のもとに、安倍政権の核心や本質に迫る報道が全く出来ない実情があるのかということを強く感じざるを得ない。
これはまさしく、健全な民主主義国家の中に存在しているマスメディアとは最もかけ離れた姿であり、いかにこの国がすでに「本格的な独裁政治体制」に入ってきているのかを改めて確認することができたよ。

安倍総理も、国会の中でこの件を追及された際、山口敬之氏との関係を色をなして否定しながら虚偽答弁を繰り返していましたが、「ケチって火炎瓶事件」同様に、(長州閥の)安倍一族の特権性や日本の検察・警察の腐敗を知らしめることに繋がる「触れてはいけないタブー」ということですね。

本当に暗澹とした気持ちにさせられてしまうけど…考え方を少し変えると、詩織さんの存在を「完全に殺してしまいたくない」「応援したい」と考えるスタッフがNHKの中にもいたということだろう。
(また、不自然なまでに性被害の内容が伝えられないことで、逆に多くの人が彼女のことに関心を持ち、ネット検索を通じて詳細な情報を得る可能性もある。)

そのこと自体が「一筋の光」なのかもしれないし、今や世界から大きな尊敬と注目を集めている詩織さんの活動や、誠実で優しい人柄などはきちんと伝えられていたように感じる。

その一方で、詩織さんのことをきちんと伝えたくても「どうしても伝えることが出来ない」という、日本のマスメディア界を大きく覆っている「(長州)安倍帝国の巨大な黒い影」を感じずにはいられない放送になったね。

おススメ記事&広告

 
Pocket