【虚偽答弁】安倍総理と山口敬之氏との”ズブズブ情報”が続々!「山口氏の結婚式で挨拶」「昭恵夫人の弟と一緒に写真」「衆院解散時の原稿をホテルで読み聞かせ」

Pocket

どんなにゅーす?

・「詩織さん事件」や「ペジー事件」の追及を受けた安倍総理が、渦中の山口敬之氏との関係について「ただの番記者であり、それ以上でもそれ以下でもない」と答弁したことに対し、これを否定する材料が次々と噴出し、悪質な虚偽答弁だった疑いが極限まで高まってきている。

スポンサーリンク

「ただの取材者」答弁は嘘だ! 安倍首相と“準強姦疑惑”山口敬之の親しすぎる関係、ネットでは“仲人”情報も

山口氏が自ら語っていた安倍首相と「取材者以上」の親しすぎる関係

たとえば、2016年12月にプーチン大統領が来日した際には、出演した『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)で山口氏は“安倍首相に大谷山荘へ2回連れていってもらった”“相当仲良くならないと連れていってもらえない”と大はしゃぎ。昨年2月の日米首脳会談でも山口氏はワイドショーに連日出演したときも、相変わらず“トランプとのゴルフ後に2度電話で安倍首相と話した”と語ったが、その中身は「ゴルフがすごく調子がよかった」「バーディをとったことを、たぶんその報告をしたくて(安倍首相が)電話してきた」というもの。御用ジャーナリストにゴルフのスコアの話を嬉々として報告する総理大臣も、それを「スクープ獲ったど」と言わんばかりにニヤニヤと語るジャーナリストも異常だが、こうした「安倍首相との距離の近さ」を売りにして、山口氏はテレビに引っぱりだことなったのだ。

また、前述した『総理』において、山口氏はこう書き綴っている。

〈初めて安倍氏と会ったのは小泉純一郎内閣の安倍官房副長官番、いわゆる「番記者」という立場の時であった。安倍氏と私は一回り違いの午年で、出会った当初からウマが合った。時には政策を議論し、時には政局を語り合い、時には山に登ったりゴルフに興じたりした〉
〈私は安倍晋三という政治家の栄光と挫折そして復活を、足掛け16年にわたって至近距離で見てきた〉
〈総理辞任後も、私は会食や登山、ハワイでの休暇など様々な機会で安倍と時をともにした〉

同書の記述では、山口氏はしょっちゅう東京・富ヶ谷にある安倍邸に招かれ雑談を交わしているだけでなく、たとえば中川昭一議員が急死した際には、〈息子の幼稚園の運動会を見に来ていた〉山口氏に安倍氏は「お通夜に行くんだけど、一緒に行かないか?」と電話。葬儀のときには、安倍氏が「さっきの弔辞、不自然じゃなかった?」とわざわざ山口氏に尋ねている。

さらに、2014年に安倍首相が解散を言い出す直前には、G20ブリスベン・サミットに同行していた山口氏を滞在先のホテルの部屋に電話で呼び出し、「これ、あさって衆議院を解散する時の会見原稿なんだけどさ、ちょっと聞いてみてよ」と頼むシーンも登場。このときのことを、山口氏は〈安倍は本番さながらに、私に向かって語りかけた。目の前で、現職の総理が解散を宣言している。私はまるで自分が、官邸1階の記者会見室にいるような錯覚にとらわれた〉と述懐している。

しかもその後、山口氏のもとには麻生太郎財務相から電話がかかってきて、安倍首相はこのように山口氏に述べるのだ。

「山ちゃん、ちょうどいいからさ、麻生さんが今何を考えているかちょっと聞いてきてよ」

解散を宣言するための原稿の推敲まで手伝わせるだけでなく、解散と増税問題に絡んで「腹を探ってこい」と命じる──。もはや安倍首相にとっての山口氏は、一介の記者というよりも「右腕」と表現したほうがいい密着度なのだ。

【リテラ 2018.2.3.】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

これでもかというほどに明らかになってくる、安倍総理とレイプ山口敬之氏との「ただならぬ関係」!

出典:チャナレの達人

↓山口氏の後ろ(左)に昭恵夫人の弟の松崎勲氏が。

出典:Twitter(@HON5437)

うちでもいち早く安倍総理が山口氏の結婚式の仲人を務めていた疑いを紹介したけど、リテラや日刊ゲンダイの取材によって、安倍総理が山口氏の結婚式に出席して挨拶をしていた実態が明らかになってきたわね!
おまけに、山口氏のお姉さんが昭恵夫人と中高大で同じだっただけじゃなく、昭恵夫人の弟とも交流があったみたいだし、挙げ句には、山口氏をホテルに呼び出して、解散会見の原稿を読み聞かせて推敲までお願いしてたなんて。

これじゃあ、どう考えても親族ぐるみの親しい付き合いどころか、御用記者をも飛び越えて「秘書官同然」じゃないのよ!!

「安倍総理は山口氏の仲人」との過去のツイートを慌てて削除した軍事アナリストの小川和久氏も、「安倍総理に協力したわけではない」などと言い訳じみた否定をしつつも、仲人の話については否定はしていないし、現時点での情報を総合する限り、安倍総理の、「ただの番記者でありそれ以上でもそれ以下でもない」は悪質な虚偽答弁であり、正しくは、「まさしく家族ぐるみの親しい付き合いであり、解散会見の原稿を読み聞かせるほどに、特別な、いわば秘書官同然の関係であります」ということになるだろう。

それにしても、安倍総理がここまで佐川氏と同等レベルの悪質な虚偽答弁を繰り返しているにもかかわらず、この国のマスコミは一体何をやっているんだ
権力者のウソや不正を暴き、権力内の「ブラックボックス」を国民に明るみにすることが本来のマスメディアの役割だというのに、こうした本来の仕事をしているのは、せいぜい日刊ゲンダイやリテラなどごく一部の報道組織と、個人レベルで活動しているジャーナリストのみで、大手のマスメディアは安倍総理が発してきた数々のウソ、とりわけ山口氏に関するネタについてはどこも触れようともしない

なぜマスコミ各社がここまで山口氏を恐れているのかが実に不可解(日本会議や統一教会などのカルトがバックにいるから?)だけど、上のツイートでも指摘しているとおり、すでに安倍総理は「ただの番記者だ」と主張しているのだから、どんどん山口氏のレイプ揉み消し疑惑もペジー事件も追及すればいいだろう

確かに、佐川氏の虚偽答弁については、最近マスメディアも少し取り上げるようになっているけど、安倍総理の数え切れないほどの大嘘の答弁は、全くマスコミが追及する気配もない状況だわっ!
まさしく、小者ばっかり叩いては「悪の根源」を一切叩こうとしない、腐ったマスコミの面目躍如ねっ!

国会で嘘をつくのが当たり前にまかり通るようになってしまっては、それこそ国会そのものの存在意義がなくなってしまい、さらには三権分立の決定的な崩壊と、国家そのものの破綻に繋がってしまう
安倍政権がのさばり続けていることによって、すでにこの傾向がどんどん現実化しかかってきているし、大嘘をついてまで山口氏との関係を隠したがっている安倍総理を見ても、これはますます詩織さん事件やペジー疑獄にも政権の関与がある疑いが強まってくる。

今後も、山口氏の案件については徹底的な追及と究明が必要だし、すでにこの国のマスコミが手の施しようがないほどに腐りきってしまっている中、一部の骨のあるメディアと、調査能力の高いネットの人々の頑張りに期待をしたいところだね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket