【批判殺到】森喜朗五輪会長「この暑さでやれる確信を得ないといけない。関係者にとってはチャンス」「この猛暑を生かさない手はない」→ネット「これまで確信無かったのかよ」

Pocket

どんなにゅーす?

森喜朗五輪組織委員会長が日刊スポーツのインタビューに答え、生命の危険が生じるほどの現在の猛暑を「チャンス」と捉えて、実際にこの状況で五輪開催できるか実験する考えがあることを示した。

・森会長は「実際に試すために、生かさない手はない」とした上で、「この暑さでやれる確信を得ないといけない。ある意味、関係者にとってはチャンスで、本当に大丈夫か、どう暑さに打ち勝つか、何の問題もなくやれたかを試すには、こんな機会はない」などと発言。これに対し、ネット上では「やれる確信がなかったのか?」「猛暑で多くの死亡者が出ているのに”チャンス”とは不謹慎だ」などの突っ込みや怒りの声が相次いでいる。

森喜朗会長が語る、この猛暑が東京五輪成功のカギに

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(81)が23日、都内で単独インタビューに応じた。開幕まで今日24日でちょうど2年となるのを前に、この日、東京では観測史上最高となる気温40・8度を記録。前代未聞の暑さが目の前にある厳しい現状を、チャンスに変えるべきとの考えを示した。これまでも暑さ対策は講じてきたが「想像上ではなく今、現実にある。実際に試すため、生かさない手はない」と机上論ではなく今夏、実証実験を徹底する。

丸2年後、東京オリンピック(五輪)が開幕しているその日に東京で40度を超え、森会長は自問自答した。「この暑さが来たら本当に、まっとうにやっていけるのか」。

全国的に熱中症で救急搬送されるケースが多発し、今夏の酷暑は社会問題となっている。しかし、開催時期は国際オリンピック委員会(IOC)が提示し、東京側も織り込み済みで招致した経緯もあり、日程はずらせない。

現実から目をそらせない状況で「この暑さでやれるという確信を得ないといけない。ある意味、五輪関係者にとってはチャンスで、本当に大丈夫か、どう暑さに打ち勝つか、何の問題もなくやれたかを試すには、こんな機会はない」と語った。

【日刊スポーツ 2018.7.24.】

”元祖暴言王”の森喜朗会長が、久々に突っ込みどころ満載の放言を炸裂し、批判殺到!

出典:Wikipedia

こんなに多くの人が亡くなっている猛暑を「チャンス」「これを生かさない手はない」ですってぇ!?
こんなこと言ってれば批判が殺到するのも当然だし、こんなおかしな発言をポジティブな雰囲気で垂れ流している日刊スポーツも酷いものだわっ!!

ていうか、今の今まで、「この時期に開催できる確信がなかった」のが驚きだし、アスリートや観客に対する何の配慮も考えもなく、ただ自分たちの金儲けのために「温暖で理想的な気候」などと”ウソのプレゼン”を展開してまで誘致活動に血道を上げていたというわけか。

何から何まで思考回路がメチャクチャだし、さすが「サメの脳みそ」と揶揄されるくらいに失言や暴言を繰り返し、失脚前には支持率一桁台の記録を作った森喜朗元総理だ。

こりゃますます東京五輪のヤバさが浮き彫りになってきたし、こんな森会長が一体どんな”実験”をするつもりなのか、注意してみておくこととしよう。

この体たらく具合を、かつての戦争突入と敗戦に重ね合わせている人も多いけど、ほんっとうに当時の精神性からまるっきり成長してないじゃないのよぉっ!
マスコミもすでに、一般常識からかけはなれたおかしな”東京五輪賛美報道”が繰り返されるようになっているし、冗談抜きでこの先がかなり思いやられる状態だわっ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事