政府、国語数学の記述問題も延期検討へ!50万人もの答案の採点が困難と判断!下村一派主導の「ベネッセありき」の”入試改革(改悪)”がボロボロに…!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が推し進めてきた入試制度改革に多くの批判が集まっている中、政府は、英語民間試験導入の延期に続き、国語と数学の記述式問題についても延期する検討に入ったという。

・報道によると、公明党からの提言を受けた政府は、50万人もの受験生の答案を採点することが困難であると判断下村博文元文科相らの主導による「ベネッセに巨額の利益誘導」を行なう前提で推し進められてきた「入試改革(改悪)」が根底から崩壊する可能性が出てきた。

共通テスト、国語と数学の記述式も延期検討 政府・与党

2020年度から始まる大学入学共通テストで導入される国語と数学の記述式問題について、政府・与党は5日、実施を延期する方向で調整に入った。政権幹部らが明らかにした。採点者の質の確保や自己採点の不一致率の高さなどが課題となっており、現状のままでは実施できないと判断した。

公明党の文部科学部会は5日、萩生田光一文部科学相に記述式問題に関する提言を出した。提言では質の高い採点者を確保することが可能かといった課題を列挙。特に自己採点の難しさを問題視し、「現時点で、解消のめどが立っていない」とした。その上で、受験生らの理解が十分に得られているとは言い難いとし、来年度の導入について見直し・延期を検討するよう求めた。

~省略~

記述式問題をめぐっては、約50万人の受験生の答案を採点するため、採点者が8千~1万人必要となる。短期間で正確な採点ができるか懸念がある。特に国語では自己採点が難しく、受験生が自らにふさわしい大学を選べるか不安視されている。

~省略~

【朝日新聞 2019.12.5.】

英語民間試験導入延期に続き、国・数の記述式問題も延期へ!学生や教員による強い抗議が安倍官邸を大きく怯ませる!

報道によると、政府が英語民間試験の導入延期に続き、国語と数学の記述式問題についても、延期を検討し始めたとのことです。
どうやら、(公明党含め)安倍政権が学生や教員の方々から大量の抗議の声が集まっていることに、本格的に危機感を持ち始めたみたいです。

ああ。ここまでの強い反対世論に対し、安倍官邸が明らかに怯み始めているということだろう。
いかに、下村博文氏ら一部の自民党有力議員や天下りの元官僚らによる「独裁的な圧力」だけで、この件がここまで推し進められてきたのかということがよく分かるし、いかに「ベネッセへの利益誘導ありき」しか頭にない状態で、ひたすらゴリ押しされてきたのかがよく分かるね。

誰がどう考えても、「50万人もの答案を(ベネッセの関連会社の)バイトが採点する」なんて、実質的に不可能なのは簡単に分かると思うし、これを安倍政権が大真面目にやろうしていた時点で、まさに信じ難いような話だ。

この件も、まさしく森友・加計と全く同じ構図であり、ごく一部の強い権力を持つ”政治屋”が、個人的な金儲けのために、自身とお友達の”特定の教育関係者”に利益誘導を行なっている構図だし、これら「アベ友ネットワークによる黒い金儲け」のせいで、日本の教育制度がどんどん劣化し、国民自身が甚大な損害を被るパターンで一致しているね。

まさに、公共の利益など微塵も頭にない、「今だけ、カネだけ、自分だけ」の腐敗した価値観に支配された政治屋や官僚、悪徳教育ビジネス経営者による、”日本破壊”の一環ですね。

なんだか、今頃になって公明党がこれにストップをかけて、いかにも「ヒーロー気取り」になっているけど、今まで公明党も一緒になって安倍一派の「教育改悪」を進めてきた側だし、学生や教員たちの「最大級の怒りの爆発」が起こる前に、「最小限のダメージ」で食い止められるように、急遽”シナリオ”が作り出されたことがうかがえる。

いずれにしましても、国民による強い意志と抗議運動が、ここまで「やりたい放題」だった安倍政権を怯ませたことは確かですし、この流れを絶やさないように、安倍政権による私利私欲を最優先させた「国民いじめ政策」に徹底した抗議の声を上げ続けていく必要がありますね。

その通りだね。
英語の民間試験も記述式試験も、どちらも延期ではなく中止するべきだし、ベネッセへの利益誘導などよりも、学生が最適なコンディションでかつ極力不公平のない環境で受験できる、シンプルかつフェアなシステムを徹底させるべきだ。
そのような意味では、従来までのセンター試験は優れたシステムだと思うし、このシステムを踏襲した、マークシート式で統一させるのがいいのではないのかな?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 

 関連記事