英語民間試験、土壇場で延期が決定!萩生田氏への批判の高まりと辞任を安倍官邸が”全力阻止”!決定に喜ぶ声がある一方、教育現場の混乱は必至!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年11月1日、萩生田文科相の「身の丈」発言をきっかけに、「経済格差・地域格差を生み出す」として多くの批判が殺到していた英語民間試験の導入について、政府が急遽来年度からの実施を延期を決定。5年後をめどに導入を目指していくことを発表した。

・急転直下での方針転換となった背景に、安倍総理の最側近・萩生田文科相を全力で守りたい安倍官邸の強い意向があったとみられており、延期の決定に喜ぶ声がある一方で、教育現場の混乱は避けられない見通し。

萩生田文科相 英語試験 抜本的に見直し 5年後実施に向け検討

萩生田文部科学大臣は閣議のあとの記者会見で、大学入学共通テストに導入される英語の民間試験について、来年度からの実施を延期することを明らかにしたうえで、試験の仕組みを抜本的に見直し、5年後の令和6年度の実施に向けて、改めて検討する考えを示しました。

この中で萩生田大臣は「経済的な状況や居住している地域にかかわらず、ひとしく安心して試験を受けられるような配慮などの準備状況が十分ではないため、来年度からの導入を見送り、延期する」と述べました。

そのうえで「全体的に不備があることは認めざるを得ず、延期して課題を検証し、どういった点を改善すれば、皆さんが限りなく平等に試験を受けられる環境を作れるかに注力したい。仕組みを含めて抜本的に見直しを図りたい」と述べました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.11.1.】

官邸主導、土壇場の延期 身の丈発言で「ごり押し無理」

萩生田光一文部科学相の「身の丈」発言が火をつけた、英語民間試験をめぐる問題は、土壇場での実施見送りにまで発展した。閣僚の辞任が続き、世論の風向きを気にした首相官邸が、混乱をおそれて見送りに消極的だった文科省を押し切った構図だ。

~省略~

身の丈発言に高まる批判に、首相官邸は神経をとがらせた。公職選挙法違反疑惑をめぐり10月25日には菅原一秀経済産業相、31日には河井克行法相が辞任に追い込まれた。政権に対する逆風が強さを増す中、政府・与党内には「もう風圧に耐えられない。大臣が2人辞め、英語試験のごり押しはできない」(自民党幹部)との声が広がった。

~省略~

【朝日新聞 2019.11.1.】

「菅潰し」の謀略による”報復”を恐れたか、安倍総理が「自身の権力固め(萩生田守り)」を最優先に!

↓自身の忠実な子分、萩生田文科相を全力で守る選択をした安倍総理。

出典:Wikipedia

政府が、(土壇場で)英語民間試験の導入を5年後をめどに延期することを発表しました。
決定そのものは多くの学生の皆さんにとって朗報となりましたが、安倍官邸は、国民を守るためでなく、「自身の陣営(権力)を守るため」にこのような選択をしたというのが実情のようです。

ここ最近、安倍政権の閣僚が数多くの不祥事発覚でバタバタと辞任しているけど、いずれも菅官房長官の子飼い議員であり、実は、安倍一派による「菅潰しなのでは?」との推測や「安倍総理は内心ニンマリしている」との声まで出ている状況だ。
しかし、萩生田文科相は、引責辞任した2人の大臣(菅原・河井)と違って、混じりっけなしの「安倍総理の側近中の側近」であり、萩生田氏の大臣辞任は、文字通り、安倍一派にとってかなりのダメージとなるのは必至だ。
先日の萩生田氏の大暴言は、着実に日本中の学生たちの反発と怒りを招いており、こうした学生たちが一致団結することで、安倍政権が倒されるほどの「大きな運動」に発展していく可能性だって大いにありうるだろう。

加えて、これまでの2大臣の辞任劇が安倍一派による「菅潰し」の謀略だった場合、安倍一派は菅陣営からの”報復”を恐れていることが考えられます。
そのような意味でも、自身の「権力固め」を最優先に考慮した結果、今回の「異例の選択」を行なった可能性がありますね。

地域格差や経済格差に苦しめられることが必至だった学生にとっては、ひとまずは良かった状況だけど、しかし、これはあくまでも”延期”だし、最も重要なのは、「なぜ、安倍政権は、『これら民間業者を参入させること』に異様なまでに躍起になっているのか?」について、調査・追及していくことだろう。
傍から見ても、特定の民間業者と癒着し、お互いが儲け合う”利権”が存在していることを疑わざるを得ないし、安倍官邸もこうした構図をうやむやにしたうえで、今回の決定を「安倍政権の英断」みたいな形で、国民に向けて実態と大きくかけ離れた宣伝(プロパガンダ)を展開しようとしている意図を感じるね。

萩生田氏と同じ「安倍側近」である世耕参院幹事長も、「思いやりにあふれた決断」と、気持ちが悪いくらいに「安倍賛美」を展開していますし、今回の一件を利用して「さらなる権力固め」を企む安倍官邸に対して、国民も厳しくチェックしていく必要がありそうです。

それと同時に、安倍官邸は国民の反発にかなり神経質になっている(怖がっている)ことがうかがえるし、多くの学生や教育関係者による「抗議の声」が一定の成果を上げたともいえるだろう。
いずれにしても、多くの国民が一致団結し、おかしなことに対してしっかりと声を上げ続けていけば、政治や社会を動かすことは十分に可能だし、今後もこの調子で、安倍政権の暴政や腐敗に対して、国民が主導してどんどん追及を続けていこう。

(ちなみに、管理人ですが、久々に大きく風邪をひいてしまいました…。
熱が下がるまでの間、記事更新のペースが少し落ちてしまうかもしれません。誠に申し訳ありませんが、何卒ご了承くださいませ。)

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事