【権力の犬】河野太郎外相の変節が酷すぎる!昔「唯一の被爆国として日本は米国に強いメッセージを出すべき」今「米の核抑止は日本にとって重要」

Pocket

どんなにゅーす?

河野太郎外相の最近の主張が「以前と完全に真逆過ぎる」と話題に。

外相就任以前には、日本政府の「米国追従姿勢」を強く批判し、核の傘に依存する政府に対して「唯一の被爆国として、日本は米国に強いメッセージを出すべき」などと主張していたものの、現在では、アメリカ政府が進める小型核の開発や核先制使用なども含めた「核態勢見直し(NPR)」についても、「高く評価する」と全面的に賛同外相に就任した途端に軍産・権力側に隷属するようになった河野氏に多くの批判が集まっている。

あまりに酷い変節漢 河野外相の答弁は過去の質疑と正反対

この変節ぶりはヒドすぎる。かつて“忖度しない男”と呼ばれた姿はもはや、どこにもなかった――。

「小型核の開発」と「核の先制使用」を打ち出したトランプ米政権の核戦略指針「核態勢見直し(NPR)」を「高く評価する」と発言し、批判を浴びている河野太郎外相。8日の衆院予算委でも河野大臣は、立憲民主党の末松義規議員に問われると「米国の核抑止は日本にとって重要」の一点張りだった。

しかし、米国の核戦略を手放しで礼賛する河野大臣の答弁は、過去の発言となにもかも真逆なのだ。

かつて河野大臣は、2014年4月の衆院外務委で米国の「核の傘」に対する政府の見解を問いただし、岸田文雄外相(当時)にこう啖呵を切っていた。

「(政府は)アメリカが言っていることを、そのまま後ろをついていくだけで、それでは、あの広島、長崎で亡くなった方に対して一体全体我々は何をやってきたのかということなんだと思います」

さらに、こう続けている。

「この核の問題に真面目に向き合って、今までの国会答弁を読み返したら、歴代の外務大臣はまともな答弁なんかしていませんよ」

「まともな答弁をしていません」とは、現在の河野外相そのものではないか。

河野大臣の“変節ぶり”を示す発言はこれだけではない。05年7月、小泉純一郎首相に対して、核軍縮を念頭にこう主張している。

「我々は、アメリカの小型兵器の開発についてもはっきりとしたメッセージを出すべきだと思います。唯一の被爆国として、我々日本は、より使いやすい核兵器の開発など絶対に認められない、そういう強いメッセージをアメリカに向けて今こそ出すべきではないでしょうか」

【日刊ゲンダイ 2018.2.10.】

父親のイメージや功績を笠に着て「良識派気取り」していた河野氏の本性が露わに!今や「核推進側」に回るばかりでなく、戦争屋の意向通りに「北朝鮮との断交」を世界に呼びかけ!

出典:Wikipedia

入閣当時にも色々と話題になった河野太郎外相のあまりにも酷い「変節ぶり」が話題になっています。
確かに、過去の答弁や主張を見てみると、驚くほどに現在と真逆で、かつては父親の河野洋平氏と軌を一にするような「穏健派保守」「平和主義者」の良識派を装っていたようですが、現在は安倍政権とともに、戦争ビジネス勢力の意向通りに”見事な働きぶり”を見せているような印象です。

河野氏は、山口敬之氏レイプ揉み消し事件においても、詩織さんに疑念を呈しつつ、マスコミを牽制し、山口氏や警察・検察側を擁護するような趣旨の発言をしていたことからも、ボク自身「この男は全く信用できない」と感じていたところだったけど、いよいよその狡猾で冷酷な本性を見せてきているね。

「良識派」を装って国民を騙していた上でも数段悪質だし、結局は、自民党の懐の広さをアピールする「ガス抜き要員」であり、安倍政権にとっても非常に有益な「知能犯」だったということだろう。

見たところ、昔と比べても人相も悪く、目も死んできているように見えるし、今後も国民を錯誤・混乱させるような行動や言動を所々で発していく可能性もあるけど、少なからずボク自身はこの人物は今後一切信用しないつもりだよ。

父親の洋平氏は、現在でも安倍総理の軍産隷属姿勢を痛烈に批判するなどしていますが、洋平氏が自らの息子さんを一体どのように感じているのかが気になるところです…。
少なくとも、自らのポリシーを貫くことが出来なくなったり、あっちにこっちに変節している時点で、国民からの信頼の多くを失うのは自明ですし、この人は政治家としてはすでに終わってしまっているのではないでしょうか?

おススメ記事&広告

 
Pocket