【黒幕】下村元文科相、民間試験導入に消極的だった東大を恫喝!「これはやっぱり問題」「文科省は、やるという前提で東大をよく指導していただきたい」→東大はその後「前向き姿勢」に急転換!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が推し進めてきた民間試験の導入に伴う「入試制度改悪」について、当初は英語の民間試験導入に消極的だった東大に対し、下村博文元文科相が文科省関係者に対して東大を恫喝するように指示を出していたことが判明。NHKが「問題の発言」が録音された音声テープを報じた。

・問題の発言は、18年4月13日に行なわれた、自民党教育再生実行本部の会合で録音されたものとされており、当初、民間試験導入に慎重だった東大について、下村氏は「やらないですよ、東大は。東大はこれはやっぱり問題だと思いますよ。文部科学省はよく東大に指導していただきたい。やるということを前提に指導していただきたい」と、文科省関係者に対し、東大を恫喝するように指示を出している様子が記録されている。

東大は、この会合の2週間後に、民間試験導入について前向きな姿勢に急転換。下村氏の恫喝が影響した可能性を疑う声が相次いでいる。

英語民間試験 下村氏「東大に活用するよう指導を」党内会議で

今月導入が延期された英語の民間試験について、東京大学は去年4月、それまでの慎重な姿勢を転換し、活用へとかじを切りました。

今回、NHKは、その直前に開かれた自民党の会議の音声データを入手しました。そこでは大臣経験者が、東京大学に民間試験を活用するよう、文部科学省に指導を求める発言などをしていたことが分かりました。

~省略~

NHKは、去年4月13日に開かれた自民党の教育再生実行本部の音声データを入手しました。

この会合には、自民党の国会議員に加えて、文部科学省の幹部や、大学の関係者なども呼ばれ、英語の民間試験をテーマに意見が交わされました。

当時、文部科学省は、民間試験を大学入学共通テストに導入すると公表していましたが、多くの大学はそれを活用するか、態度を表明せず、東京大学が去年3月に、現時点では入試に活用することは拙速だと会見で表明したことが注目を集めました。

会合では、主査を務めた遠藤利明元オリンピック・パラリンピック担当大臣が、東京大学の五神真学長らが訪ねてきて、会見の内容を説明したと報告しています。

さらに、下村博文元文部科学大臣が、東京大学の名前を挙げて、「間違ったメッセージを国民や他大学に対して、与えている。文部科学省は、よく東大に指導していただきたい」などと発言していました。

東京大学は会合の2週間後に、民間試験の活用を検討すると方針を転換しました。

大学入試の方法や内容は、憲法が保障する学問の自由に基づいて、大学の権限で、決めることになっています。

取材に対して、東京大学は、「文部科学省や政治家からの指導や問い合わせはありません」と回答しました。

~省略~

下村元文部科学相「与党として当たり前の話」

自民党の下村元文部科学大臣は、NHKの取材に対し、「『東京大学は象徴的な大学なので、文部科学省から導入してもらえるよう働きかけたらいいのではないか』というニュアンスのことを言ったと思う。いいものは使うべきだ。国立大学の多くが『導入する』と言っている中で、『導入してもらえるよう働きかけたらいいのではないか』と言うのは、当たり前の話ではないか」と述べました。

その上で、「民間試験の導入を進めるべきだという立場にも関わらず、文部科学省に任せて一切何も言ってはいけないという指摘があるとすれば、逆に政治的な恣意を感じる。偏向だ。全て役人に任せて、役人の言う通りにやればいいというのであれば、与党の意味はなく、そもそも、議院内閣制の意味もなくなる」と述べました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.11.19.】

ベネッセとガッチリ繋がる下村博文(「疑惑の巨大デパート」)が、自身の”権益確保”のために東大を恫喝!スクープを報じたNHKに対しても平然と恫喝!

出典:NHK NEWS WEB

出典:NHK NEWS WEB

安倍政権による「入試制度改悪」の”黒幕”との疑いが取り沙汰されてきた下村元文科相が、当初に英語民間試験導入に消極的だった東大を(文科省を通じて)恫喝していたことを示す音声テープをNHKが報じたわ!
下村氏と言えば、これまでベネッセの幹部がパーティーや後援会に名前を連ねたりと、その「ズブズブ具合」が伝えられてきたけど、やっぱり、こんな反社会的な方法で教育現場での反対の声を潰してきていたのねっ!

しかも、これをスクープしたNHKやこの件に怒っている国民に対して、「文科省に全てを任せて一切何も言ってはいけないという指摘こそ、政治的な恣意を感じる」「偏向だ」「役人の言う通りにやればいいというのであれば、与党の意味はなく、そもそも議院内閣制の意味もなくなる」と、これまた大層な開き直りと「大胆な恫喝」を披露する始末だ。
一番の問題は、「自らの金儲け(権益確保)のためだけに、本来独自の判断に任せるべき(自治を認めるべき)大学に対して、あからさまな脅しや拘束をかけるように官僚に指示を出していること」なのに、いかにもそれらしい屁理屈をこねながら、自身を正当化する手口も、まさに下村氏らしい「ペテンの手法」だ。

そして、この最悪な「入試改悪」のせいで、これまで大学に通えていたはずの多くの学生が、大学にすら通えなくなってしまうような事態に繋がるっていうのに、それを、こんな汚い手法で自身の恫喝を正当化するなんて…。
どれだけあくどい手口を使うのかしら!

少なくとも、大手マスコミの記者諸君は、最近平然と表に出てくるようになってきたあまりに厚顔無恥な下村氏に対して、「一体、いつになったら加計ヤミ献金疑惑について説明されるんですか?」と(丁寧に説明するまで)みんなで一斉に問いただすべきだろう。
そもそも、ここまで数々の疑惑を抱えている下村氏が政治家を続けていること自体が”異常事態”だし、もう少し有権者がしっかりとしないと、日本の未来を背負って立つ数多くの学生の人生と将来が、これら強欲な”政治屋”によって潰されてしまうことになるだろう。

Pocket

 

 関連記事