【ついに】景気動向指数を6年2カ月ぶりに「悪化」に引き下げ!大手マスコミは「中国経済の減速」と強調し、安倍政権への批判を抑制!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年5月13日、内閣府が景気動向指数(CI、速報値)を発表。前月から0.9ポイント下落し、日本国内の景気について6年2ヶ月ぶりに「下方への局面変化」から「悪化」に引き下げた

安倍政権は、「”戦後最長”となる景気回復が続いている」との認識を維持させており、大手マスコミは、今回の指数悪化について「中国経済の減速が響いた」と強調。国民間で安倍政権への批判や不満に繋がらないよう情報操作を展開している。

景気動向指数「悪化」へ引き下げ 6年2カ月ぶり 中国経済の減速響く

内閣府が13日公表した3月の景気動向指数(CI、速報値)は、景気の現状を示す一致指数(2015年=100)が99.6と、前月から0.9ポイント下落し、景気の基調判断をこれまでの「下方への局面変化」から「悪化」に引き下げた。基調判断が「悪化」になるのは13年1月以来6年2カ月ぶり。中国経済の減速などが響いた。

政府は4月の月例経済報告で、景気は「このところ輸出や生産の一部に弱さもみられるが、緩やかに回復している」とする総括判断を維持。12年12月からの「戦後最長」となる景気回復が続いているとの認識を示している。

~省略~

【Yahoo!ニュース(毎日新聞) 2019.5.13.】

いよいよ景気悪化が「ごまかしが利かない段階」に突入か!数字が悪化した時のみ「中国」を持ち出す、日本の”ペテン政権”&大手マスコミ!

先日の実質賃金&名目賃金の大幅な悪化に加えて、ついに、景気動向指数も、6年2ヶ月ぶりに悪い数字が出てきました。
その中で、大手マスコミは横並びで「中国の景気減速が影響」と強調しており、安倍政権の経済政策に国民の怒りや不満が向かわないように世論をコントロールしている動きが見られます。

なんだか、「景気のアップを示すような数字」が出てきた際には、「中国の好景気が影響」との文言はほとんど聞いたことがないけど、逆に「景気悪化を示す数字」が出てきた際には、決まって「天候不順」やら「天災」やら、「中国の景気減速が影響」などの文言が出てくるね。
いい数字が出てきた際には「アベノミクスの効果」と声高に喧伝する一方で、悪い数字が出てくると決まって天気や他国のせいにするという、あまりにも身勝手で自己中な精神性だし、こうした報道を国民に刷り込んでいる時点でほとんどペテンだろう。

つまり、好景気も不景気も全て「天候やら中国の状況」によって左右すると言っているようなものだし、それだけ、アベノミクスがほとんど何の実体も主体性もない、一般国民にとっては”幻”のようなものだということだね。

事実、安倍政権が国民に向けて発表してきた経済関連のデータは、自分たちの都合の良い数字が出るように、様々な細工や操作をしていたものだったことが分かってきた上に、確かに1%のグローバル富裕層こそアベノミクスで大きく儲けているものの、逆に99%の庶民は民主党政権時よりも貧しくなってきていることが明らかになってきています。

これは、当初に安倍政権が唱えていた、富裕層の儲けが庶民の側に滴り落ちてくるという「(上から下への)トリクルダウン」どころか、逆に、アベノミクスによって「(下から上に)庶民の富が富裕層に吸い上げられた」ということになる。
平たく言えば、これは史上最悪レベルの「国家的詐欺」であり、安倍政権は戦後最悪の「詐欺政権」ということになるだろう。
もっと最悪なのは、このペテン政権に日本のマスコミが全面的に追従している点で、現に、今回の記事においても、安倍政権の重大な責任は一切追及せずに、真っ先に中国を持ち出している
この時点で、大手マスコミも詐欺同然の「悪徳洗脳広報」ということになるだろう。

これというのも、安倍政権も大手マスコミも、全てが1%のグローバル富裕層に完全なまでに追従しており、グローバリストによる「日本国民総貧困化(奴隷化)」のアジェンダに全面的に手を貸しているという構図がはっきりと見えています。

日本国民の間でも、ようやく、日本の政財界が「その上部」に控えるグローバル資本勢力に完全なまでに支配されている構図が理解され始めており、これにより(明確に反グローバリズム政策を打ち出している)山本太郎議員への応援の声が日に日に集まってきている状況だけど、全体の割合から言うと、まだまだ多くの国民が安倍政権とマスコミによる洗脳に深くはまっており、自ら「貧困と破滅」に向かって突き進むような道を進んでしまっている。

そろそろ、長年にわたって刷り込まれてきた洗脳から脱しないと、いよいよ「未曾有の破綻」が日本を襲うことになるだろうし、「自分たちがいかに壮大なペテンに嵌められてきたのか」を認識するべき状況に差し掛かってきたといえそうだ。

世界経済もいよいよ混沌としてきた中、ひとたび「クラッシュ」が起こった際には、これまで「虚構・ハリボテ」同然の好景気・株高を演出してきた日本経済が真っ先に崩壊する可能性が高まっています。
私たち国民自身が高い能力や思考力を手に入れた上で、この先待ち構えている「受難」に備えていく必要がありそうですし、現在のままの状況が続く限り、日本は真っ先に破綻する可能性が高いのではいないでしょうか。

Pocket

 

 関連記事