【貧困国家】97年と17年の時給増加率、「日本の実情が悲惨すぎ」と話題に!世界の主要国は軒並み「大きく増加」の中で…!

Pocket

どんなにゅーす?

BS-TBS「報道1930」で伝えられた、97年と17年先進主要国の時給増加率のグラフについて、日本の実情が「あまりにも悲惨すぎる」と話題になっている。

海外の主要国は軒並み55%~87%の増加率がみられる中、日本のみがマイナス9%となっており、改めて世界の国々の中でも日本全体が衰退・貧困の一途を辿っている現状が明らかになっている。

出典:Twitter(@arapanman)

改めて、日本がグローバリスト(小泉・竹中・安倍一派など)によって世界に先駆けて貧乏にされ続けていたことが判明!

BS-TBSの「報道1930」で放送された上のグラフがネット上で話題になっています。
ご覧の通り、世界の先進国の時給増加率が堅調に増えているのに対し、日本のみが大きくマイナスになっており、改めて、世界の中でも突出して日本が衰退の一途を辿っていることが示されています。

このグラフだけを見ると、「日本はすでに先進国から脱落している」と言われても仕方ないような状況だね。
これをみても、かつての高度経済成長やバブルは過去の”夢”であり、今はその見る影もないどころか、世界の中でも「貧困国家」としての地位を確立しつつあるということかもしれない。

日本がここまで貧困に陥ってしまった原因は、間違いなく政治にありますし、何よりも小泉・竹中に端を発する「グローバリズム政策」が非常に大きかったことが考えられます。

現在の安倍政権も、(小泉政権と同じく)竹中平蔵氏と密着しながら急進的なグローバリズムを進めているけど、何よりも非常に奇妙なのは、日本国民を極限まで貧乏にさせるグローバリズムを推し進める政権ほど、民衆から高い支持を集めては、長期政権を確立してきたということだ。

本来であれば、民衆に富を優先的に分配させる反グローバリズム路線の政権ほど、民衆から高い支持を集めるのが普通なのではと思うけど…これはいわば、「自分たちを痛めつける政権ほど民衆が強く支持をする」という、非常に奇妙で矛盾した現象がこの国では起こっているってことになる。

こうした現象は、世界でも希に見る非常におかしなものですね。
当サイトでは、日本国民が「グローバリストによる”奴隷化洗脳”に深くはまっている」ことに一貫して警鐘を鳴らしてきましたが、まさにそれを如実に示すデータなのではと思います。

大手マスコミもグローバリストに実質的に資本を支配されている状況である以上、これら小泉政権や安倍政権を支援するような報道を繰り返すようになるのも自然なことだ。
これらを総合すると、ここまで日本が貧乏になってきてしまっている最大の要因は、「日本国民自身が深い”奴隷化洗脳”に嵌まってしまっている」ということが言えそうだし、これらの洗脳から脱しない限り、日本国民は「さらなる不幸と転落の道」しか待っていないということになるね。

現在の急進的なグローバリズムをどうにか止めていくには、安倍政権の勢力を弱体化させ、なおかつ(減税や賃金アップなど)安倍政権と「反対の政策」を打ち出す野党を応援し、大きくしていくしか方法がない状況だけど、残念ながら、現状でもこれに気がついていない国民が圧倒的多数といったところだね。

とにかく、日本の現実をしっかりと見た上で、「いかに自分たちが現在の政権によって極限まで貧乏にさせられてしまっているのか」を認識することが必要ですね。

世界的にも突出したほどにまめによく働く日本人なんだから、普通であれば、多くの庶民が世界でもトップクラスなまでに経済的に豊かになっていないとおかしいはずだ。
しかし、現実は全くそうなっていないし、むしろ世界に先駆けて日本人はどんどん貧乏になってきてしまっている。

安倍政権は、ますます年金などの社会保障を削り続けては、70歳まで働かせる制度まで作ろうとしているけど、これがいかに世界的に見ても「異常なこと」で「悲劇的なこと」なのかなぜ、自分たちがこんなに一生懸命働いても一向に豊かにならないどころか貧しくなり続けているのか?
これらをもう少し真剣に考えつつ、グローバリズムに反対する政党を大きくしていくことに力を注いでいくことの大切さに気がつくべき段階に差し掛かっているんじゃないかな。

Pocket

 

おススメ記事&広告