■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【アッチの世界】温室効果ガス”46%”削減の根拠は「進次郎環境相の頭に浮かび上がってきた数字」だった!進次郎「シルエットがおぼろげながら浮かんできたんです」!

【アッチの世界】温室効果ガス”46%”削減の根拠は「進次郎環境相の頭に浮かび上がってきた数字」だった!進次郎「シルエットがおぼろげながら浮かんできたんです」!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年4月23日、小泉進次郎環境相が「NEWS23」にインタビュー出演。進次郎氏が明らかにした「温室効果ガス46%削減」との目標を発表したことに関する「根拠・理由」について、国民から驚きと批判の声が上がっている。

進次郎氏は、46%の数字の根拠について、「くっきりした姿が見えているわけではないけど、おぼろげながら浮かんできたんです。46という数字が」と発言。小川アナが怪訝な表情を浮かべながら「浮かんできた?」と問うと、進次郎氏は「シルエットが浮かんできたんです」と自信たっぷりに返答「ポエマー」から「スピリチュアル」の領域にまで足を踏み込んでしまった進次郎氏にネット上で突っ込みの嵐が起こっている。

〝ポエマー進次郎〟がまたも〝降臨〟!「46という数字が浮かんできたんです」

〝ポエマー〟とやゆされている小泉進次郎環境相(40)の発言がまたも炎上している。

事の発端は、23日放送の「NEWS23」(TBS系)。小川彩佳アナの単独インタビューに応じた進次郎氏は、政府が温暖化ガスの削減目標を13年度比で46%減に決めた理由についてこう言い放ったのだ。

「くっきりした姿が見えているわけではないけど、おぼろげながら浮かんできたんです。46という数字が」

けげんな表情の小川アナが「浮かんできた?」とそのセリフの意味を問うと、進次郎氏は自信満々に畳みかけた。

「シルエットが浮かんできたんです」

これにはネット上から「占い師か!」「ポエマーの面目躍如だな」「誰だ、進次郎を環境大臣にしたのは!」と面白がる声、あきれる声、怒る声が噴出。大炎上し、ツイッターのトレンド入りを果たした。

~省略~

【東スポWeb 2021.4.25.】

小泉環境相「46放言」の謎解き “坂道”と地元“市外局番”説

~省略~

<政治家というより占い師ではないか><この国の行く末は大丈夫なのか><スピリチュアル?>などと今も、驚きや嘆きの声であふれているのだが、この小泉大臣の頭に浮かんだ「46」に新たな説が流れ始めた。野党国会議員秘書が苦笑いしながらこう言う。

「小泉さんの発言を最初に聞いた時、欅坂46や櫻坂46、日向坂46といった若者受けしているアイドルグループを意識して思いついたのかと思いました。『グループを見るたびに地球温暖化も思い出してね』と。ところが、そんな高度? な狙いや思惑は全くなかったわけです。そこで、永田町でささやかれ始めた数字の根拠というのは、ズバリ、電話番号の市外局番ですよ。そう、小泉大臣の選挙区である横須賀市は『046』。なるほど、幼い時からずっと使っているから、頭に刷り込まれていても不思議ではない」

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.4.26.】

「セクシーポエマー」進次郎氏が、ついに「スピの世界」にも足を踏み入れる!「僕の中では全くおかしくないが、どうしても受け手とのギャップが…」

「受け手とのギャップがある。また炎上した」小泉環境相、NEWS23の「“46”という数字がおぼろげながら浮かんできたんです」発言を説明

小泉進次郎環境大臣が24日夜の『NewsBAR橋下』に生出演。話題を呼んでいる「NEWS23」内での自身の発言について言及した。

~省略~

この発言について小泉環境相は、梶山経済産業相との調整の中でかなり精緻な数字を積み上げた結果だとして、「自分の中では分かった感じで話しているんだけど、どうも受け手とのギャップが。昨日も炎上した。どういう感覚かというと、1%とか0.5%とか、色々な要素を組み立てて、なるほど遠くにあるけど届きそうだ、まるで船に乗っていたら、ようやく島影が見えてきて、これなら行けるかもしれない、ということ。それを“おぼろげながら見えてきた”と言った。僕の中では全くおかしくないが、“あいつ、また何いってんだ”と…」と釈明。

~省略~

【Yahoo!ニュース(ABEMA TIMES) 2021.4.24.】

出典:Twitter(@nobitan1)

出典:Twitter(@nobitan1)

これまでも、ヘンテコなポエムを多数披露してきたり、政治家としての最低限の資質すらゼロだったことが明らかになりつつある進次郎環境相が、ついに「スピリチュアルの世界」に行ってしまったみたいだわっ!!
「くっきりした姿が見えているわけではないけど、おぼろげながら浮かんできたんです。46という数字が」って、まさか、46%の数字の根拠が”これ”だったなんて、想像だにしてなかったわっ!!

ほんと、常に”凡人”の想像力の範疇の遥か彼方を行く発言を次から次へと繰り出すし、もはや進次郎氏にかなう人は誰もいないね。
ボク自身は、グローバル資本勢力がしきりに世界の人々に刷り込んできた「地球温暖化説」についてはかなり懐疑的にみているし、世界的な温室効果ガス削減の動きは、「グローバリストによる新たな世界市民搾取システムの構築」であることを疑っているけど…まさか、菅政権が唐突に打ち出した「46%削減」の根拠が”これ”だったとは、ボク自身も微塵も予想してなかったよ

ちなみに、かねてより進次郎氏は「片っ端から気に入った女子アナにナンパしている」みたいな話が出ていたし、実際に一部週刊誌で進次郎氏にナンパされた何人かの女子アナの名前が報じられていたけど、なんだか、インタビューしている小川アナが終始進次郎氏のことを若干軽蔑しているような目で見ていたような気がするんだけど、気のせいかな。

(マスク越しではっきりとは分からなかったものの)小川アナは初めから進次郎氏のことを若干冷めた目で見ていたように感じられたし、「46」発言が飛び出した瞬間、ますます、困惑と呆れたような表情をしていたように感じられるわ。
私だって、こんな進次郎氏を前にすれば、そりゃ、どうしても呆れたような冷めたような目で見てしまうわっ!

なんせ、肝心の政治活動はさっぱりのうえに、かたや、女子アナへのナンパや政治資金を投じた不倫ホテル通いだけは活動に余念がないのだから、誰もが進次郎氏に怒りや呆れた目線を注ぐのは当たり前のことだ。
進次郎氏が安倍政権時代に環境相に抜擢されたのも、菅総理の強い推薦があったからと言われているけど、日々目に見えるように、日本の政治において「科学・モラル・知性の排除」が進んでいる実情について、これまで以上に強い危機感を持つ必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事