【大混乱】川淵氏、一転して組織委会長就任を辞退!「森氏が密室で直々に指名」「民族ヘイト思想」に批判殺到の中で!新たな候補に「セクハラ」「公選法違反疑惑」の橋本聖子五輪相が浮上!

Pocket

どんなにゅーす?

・2021年2月12日、”女性蔑視発言”で引責辞任を表明した森喜朗氏の後任として、次期東京五輪組織委会長が確実視されていた川淵三郎氏が一転して新会長を辞退する考えを明らかに。直前で新会長の人事が白紙になる事態に陥っている。

・前日には、川淵氏が「かなり前向きな考えを示している」と報道されていたものの、森氏自身による強い意向で川淵氏が指名されたことが判明した上に、川淵氏自身の過去の「民族ヘイト思想」を思わせる言行が次々発掘され、早速批判が殺到。文字通り、東京五輪の運営内部が大混乱に陥っている。

川淵氏一転会長職受諾しない考え 橋本聖子氏の名も

女性蔑視発言で辞任の意向を固めた東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)が後継として指名した、日本サッカー協会(JFA)相談役の川淵三郎氏(84)が一転、会長職を辞退する考えを示していることが12日、分かった。組織委幹部が取材に明かした。

11日に、森氏の自宅で会談し、一時は受諾の意向を報道陣に明かしていた。しかし、森氏が後継を指名する形や、川淵氏が森氏に相談役を依頼すると表明。そのことで結局、森氏の影響力が組織委に残ることが、再び世論から批判を受けていた。

~省略~

新たな新会長候補として夏冬7度の五輪出場を果たしている橋本聖子五輪相の名前が浮上している。

【日刊スポーツ 2021.2.12.】

【全文】森喜朗会長が辞任表明、女性蔑視発言は「解釈の仕方」「意図的な報道あった」

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)は12日、理事会と評議員会の合同懇談会に出席し、女性蔑視発言の責任を取り、辞任を表明した。森氏は、これまでの準備を振り返りつつ、「意図的な報道があり、女性蔑視だと言われた」と反論。また「老害」といわれ「極めて不愉快」と怒りをにじませた。森氏の懇談会冒頭の発言は以下の通り。

~省略~

私どもとしては、あくまでオリンピック、パラリンピックを開催するという強い方針で、今、準備を進めていた矢先でありまして、そういう中で会長である私が余計なことを申し上げたのか、まあこれは解釈の仕方だと思うんですけれども、そういうとまた悪口を書かれますけれども、私は当時そういうものを言ったわけじゃないんだが、多少意図的な報道があったんだろうと思いますけれども。まあ女性蔑視だと、そう言われまして。

~省略~

【東京新聞 2021.2.12.】

「就任前から大炎上」で政府や周囲が強い危機感か!?就任直前の土壇場で川淵氏が辞退を表明!後任に取り沙汰されている橋本五輪相も「セクハラ」や「公選法違反疑惑」!

出典:Yahoo!ニュース(日テレNEWS24)

まさに、「大混乱」という言葉がふさわしいでしょう。
「女性蔑視発言」が原因で辞任した森氏の後任として就任寸前となっていた川淵三郎氏ですが、早くもこの人物の「民族ヘイト思想」を思わす過去の言行が次々発掘された上に、森氏自身が”密室”で彼を指名していたことが判明。
就任前から早速大炎上していることを受けて、政府や周囲が慌てて川淵氏の就任を”おじゃん”にしたと見るのが良さそうですね。

さすが「森氏の大のお友達」というべきか。
リテラの記事を読むと、アパホテルの会長とも大差ないようなかなりの”カルト性”を感じてしまうし、「女性差別主義者」の次は「民族差別主義者」が就任目前という、まさに笑うに笑えない末期的な事態が現実のものとなる寸前だったけど、さすがにこれには政府や周囲から待ったがかかったようだ。

それにしても、まあ、森会長の往生際の悪さといったら右に出るものはいないね。
彼の大のお友達の川淵氏を「密室&独断で指名」したというのだから、この時点で、今後も森氏自身が影で「絶大な影響力」を発揮し続けていく気満々なのが丸分かりではないか。
つまり、森氏本人も、組織委の周囲の人間も、いまだに「全く懲りていない&反省していない」ということだし、こんな状況で新たな別の会長が指名されても、すでに期待値は限りなくゼロなのではないかな?

おまけに、後任として、橋本聖子五輪相の名前が出てきていますが、橋本大臣も過去にフィギュア・高橋大輔選手に対するセクハラ問題を引き起こした上に、選挙運動員に対する違法な報酬をめぐる公選法違反疑惑がくすぶっており、またも、モラルや教養において大きな問題を抱えている人物が新会長に就任することになります。

毎度言っていることだけど、ほんとに、日本の権力層に居座っている連中の中にロクな人材がいないね。
「カルトヘイト思想」の川淵氏の就任が寸前でおじゃんになったことは良かったけど、この調子では、どんな人物が新会長に就任したとしても、(周りがロクでもない連中に埋め尽くされていることで)大きな自浄能力を期待すること自体、どだい無理な話なのかもしれないね。

まあ、こうした一連のゴタゴタの模様が全て世界中に余すことなく報じられることになるだろうし、東京五輪の国際的な信頼性とイメージはすでに”マイナス100”であるといえそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事