【ダメだこりゃ】森喜朗組織委会長が辞任へ!国内外から批判殺到で収拾不能な中で!後任は川淵三郎氏(84)で調整!(疑惑まみれの)安倍前総理は「世論の反発が増すだけ」と判断され見送りへ!

Pocket

どんなにゅーす?

・2021年2月11日、”女性蔑視発言”で国内外の各界から批判が殺到している中、森喜朗東京五輪組織委会長が与党幹部に辞意を表明。12日の組織委員会の理事・評議員による合同会議で辞任が発表されるという。

・後任には、サッカーJリーグのチェアマンなどを歴任し、東京五輪の選手村村長を務めている川淵三郎氏(84)を充てる方向で調整「次期会長」として一部で予想されていた安倍前総理については、「桜疑獄」で検察から捜査を受けたことなどを考慮し、「五輪への風当たりが強いのに世論の反発がさらに増すだけ」と判断され起用を見送る方針だという。

森喜朗会長 辞任の意向与党幹部に伝達 後任は川淵三郎氏で調整

~省略~

複数の与党幹部によりますと、森氏は大会組織委員会の会長職を辞任する意向を固め、伝えてきたということです。森氏の進退をめぐっては、12日午後開かれる組織委員会の理事・評議員による合同会議で議論される予定でしたが、森会長はこの場で辞任を表明する見通しです。

~省略~

政府関係者によりますと、後任には東京オリンピック・パラリンピック組織委員会評議員の川淵三郎氏を充てる方向で調整が進められているということです。(11日13:20)

【Yahoo!ニュース(TBS News) 2021.2.11.】

森会長後任は川淵氏で調整 飛び交った候補にはあの人も

~省略~

関係者の間では、女性蔑視発言への批判の高まりを受け、後任候補の名前がすでに飛びかっていた。

特に注目されていたのが安倍晋三前首相だ。「国際オリンピック委員会(IOC)や政府、東京都、スポンサー。各方面との調整が重要で首相経験者として安倍さんは適任」と語る関係者がいた。

森会長とは、共に自民党・細田派(清和政策研究会)出身で、師弟関係にある。第2次安倍政権発足後の2013年9月に大会招致が決まると、二人三脚で準備を進めた。昨年3月、コロナ禍で危ぶまれた大会の1年延期を推したのは、安倍氏だ。首相退任後の10月には組織委の「名誉最高顧問」に就き、IOCのバッハ会長の信頼も厚い。

しかし、安倍氏の線は薄い、との見方が大会関係者の間では一般的だった。

その理由は「桜を見る会」前日の夕食会の費用補塡(ほてん)問題だ。朝日新聞の1月の世論調査では、安倍氏が「自分は知らなかった」と説明していることに「納得できない」という回答は8割に及ぶ。大会関係者は「今の状況だときつい。五輪への風当たりが強いのに世論の反発が増すだけ」とみていた。

~省略~

直近2大会では、12年ロンドンの元陸上五輪金メダリストのセバスチャン・コー氏(現・世界陸連会長)ら、IOCにも顔が利く元選手が組織委の会長を務めてきた。

日本の元選手やスポーツ界の人材としては、橋本五輪相のほか、日本オリンピック委員会の山下泰裕会長、IOC委員で国際体操連盟会長の渡辺守成氏らの名前も挙がっていた。

~省略~

【朝日新聞 2021.2.11.】

ヘイト雑誌を愛読し、百田氏を高評価!?森喜朗氏より1歳年上の「別の老害」が新会長に就任か!?

国内外からの批判の嵐で収拾不能になってる中で、今頃になって森喜朗会長が辞任を決断(完全に手遅れ)したみたいだけど、まさか、後任としてさすがにこの人事はないわっ!!
なんせ、ここまで「老害」のイメージが強く印象付けられてる中で、川淵さんは森さんの1歳年上だっていうし、おまけに、いかがわしいヘイト雑誌を愛読している上に、コピペ問題が噴出したアベ友百田氏の「日本国紀」を高く評価してるなんて…この人も思考回路が完全におかしいわっ!!

はっはっは。
こりゃ早速、世界中で川淵氏の過去の発言や所業が大々的に報じられては、「新たな差別主義者の”老害”が新会長に就任」「日本の老害支配&差別体質は筋金入り」みたいな報道が大々的に展開される画が思い浮かぶね。
前から述べてきたけど、まさに、日本の支配層の「凄まじいまでの頭の悪さ」がこれでもかというほどに丸出しになってるし、川淵氏が新会長に就任しても、この問題が収まるどころかますます延焼していく可能性がある。

ボクは、さすがに今回の一件で激しく懲りては、もう少し「一生懸命改革に取り組んでいきます」とアピールするような新会長を用意してくるのかと思ったんだけど…日本の権力層の想像以上の知性・想像力の欠如に言葉がないような状況だ。

それにしても、さすがに、安倍前総理の新会長就任はなかったか
「桜疑獄」の捜査さえなければ、安倍氏が新会長に就任する可能性が最も高かったと思うけど、世論調査で「(安倍氏の説明は)納得できない」との声が8割にも達していた中で、「ただでさえ五輪への風当たりが強いのに、世論の反発がさらに増すだけだ」と判断されたようだ。
ま、「どいつもこいつも」といえばいいのか、とことん、日本の政界やスポーツ界の頂点に立っている人間にろくなのがいないね。

日本のスポーツ界そのものが、大日本帝国さながらの「独裁」「差別」「軍隊式」といった体質に支配されている上に、体罰・パワハラ・セクハラなどの人権侵害や腐敗が蔓延しきっている現状があるけど、今回の人事を見ても、自浄能力すら完全にゼロなのを物語っているわっ!
こんな調子じゃ、世界の人々からの批判は収まりそうもないですし、日本全体のブランドイメージがますますがた落ちになっていくのは間違いなさそうだわっ!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事